« ブログスタート | トップページ | 万博なんか行ってる場合じゃない! »

2005年6月25日 (土)

奥穂高登山計画書/赤岳or西穂高登山計画書

 去年夏の槍ヶ岳に続き、今年夏は奥穂高岳を計画している。
 去年のスケジュールは、夕方新穂高温泉に駐車して車内泊、早朝出発し飛騨沢(穂高平、白出沢出合、滝谷出合、槍平、千丈分岐、飛騨乗越)を登り、槍岳山荘に宿泊、朝食後槍ヶ岳に登頂し来た道を下山。
 今回も夕方新穂高温泉に駐車して車内泊、早朝出発し飛騨沢(穂高平、白出沢出合)までは一緒、その後白出沢を登り、穂高岳山荘で宿泊する予定。最初は「穂高連峰制覇」とか考えていたが、難易度も日程もとてつもなくなり、今回は北穂高岳と奥穂高岳だけ、が現実的そうだ。地図の上だけで計画しているとどんどん無謀になるので時々頭を冷やさなければなならない。すなわち穂高岳山荘到着後余裕があれば奥穂高岳に登頂、次の日北穂高岳に登頂して帰還。余裕がなければそのまま宿泊、次の日奥穂高岳に登頂して帰還。こんなところであろう(^_^;

 それ以外に、彼女を連れての初登山も計画中。こちらは八ヶ岳と西穂高岳の2プラン。
 1つめは昼頃までに美濃戸に駐車、赤岳鉱泉、硫黄岳登頂、横岳登頂、赤岳天望荘にて宿泊、朝赤岳に登頂して行者小屋、美濃戸に降りてくるプラン。以前友人Y氏に連れて行ったルートの単なる逆回りなのでかなり安心。ちなみに美濃戸に止められなかった時は美濃戸口に駐車、自転車を押して美濃戸まで歩き、帰りは自転車に乗って降りるオプションプラン付き。
 2つめは昼頃新穂高温泉に駐車、新穂高ロープウェーに乗り西穂高口、西穂山荘に宿泊、次の日朝西穂独標、西穂高岳に登頂、というプラン。

編集

|

« ブログスタート | トップページ | 万博なんか行ってる場合じゃない! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118328/4703280

この記事へのトラックバック一覧です: 奥穂高登山計画書/赤岳or西穂高登山計画書:

« ブログスタート | トップページ | 万博なんか行ってる場合じゃない! »