« 1980年代の音楽 | トップページ | 1980年代のモーターサイクル »

2006年1月 6日 (金)

1980年代の自動車

 外国の小型車では、コスワースがエンジンチューンしマニュアルミッションを載せたベンツ190E2.3ー16、デザインが絶対日本じゃないシトロエンBXスポーツ、ちょっと玄人な感じが良いサーブ900ターボ16Sやボルボ244、羊の革を冠った獅子プジョー405MI16辺りが好きだった。アウディクワトロクーペもスマートで格好良かったなぁ。

 外国の大型車ではBMW635CSi。今見てもあまり魅力を感じないのは歳を取ったせいなんだろうか。
 普通のBMWにアルピナの線だけ入れた「アルピナルック」が大流行していたけど、あれは後から考えると格好悪かった。

 いわゆるスーパーカーで一番好きだったのはBMWM1だが、当時この車では公道を走れないものだと思い込んでおり、ずっと後になって雑誌にナンバー付きの車両写真を見てびっくりした。
 それよりずっと長い間憧れていたのはロータスエスプリ、尖ったシリーズ2.2までが評価高いようだが、個人的な好みは少し丸みを帯びたシリーズ3だす。

 今から見て格好良く見える自動車というと、継ぎはぎみたいなデザインが逆に外見などになりふり構わない感じを醸し出しているランチアラリー。今ではロータスもエスプリよりロータスエクセルSEの方に魅力を感じる。

 国産では先代のマツダRXー7(SA22)も好きだったのがさらに洗練されヨーロッパ的な美しいデザインになったマツダRXー7(FC3S)が一番好きであった。もちろんデザイン的にはポルシェ924(△11の乗り物)が本家なのだが、とてもとても興味を持てるお値段ではなかった。
 この系統ではニッサン180SXも良かった。
 トヨタセリカXXも好きだったが、じっくり見るとBMWM1を5ナンバー枠に押し込んだみたいで違和感がある。

 周囲の人の乗っていた自動車。
 高校の通学路にやたら買い替える人が住んでいて、最初に見た時には確かベンツの300SEとアウディ80CCか何かだったのに、2〜3年の間にセカンドカーはアウディ100、アウディ200ターボ、ベンツ560SECと買い替え、ファーストカーの方はベンツ500SELを経てベンツ560SELになっていた。覚えていないだけでもっとあったかも。
 △11が働いていたモービルのマネージャー(店長)はトヨタクレスタからの乗り換えで国産と比較してまだ非常に高価だったBMW318を買って「普通の車だ」とボヤいていました。そりゃそうですな。
 弁護士をやっている若い非常勤講師が真っ赤なランチアデルタインテグラーレHFに乗っていた。土曜日の授業に来るたびに少しずつチューンがされていて、自動車が好きな学生同士で「シートベルトが4点式になっているぞ」「血液型がレタリングされた」と情報交換していた。
 まだホンの時々は三輪トラックが走っており、△11はモービルで働いていた時給油したことがある。一度口まで入れてもなぜかゆっくり液面が降りていくため、ガソリンを入れるのに非常に時間が掛かった。もちろんオーナーはその辺分かってらっしゃっていて最後は「もういいよ」だった。
 友人Tはニッサンシルビア(S12)に乗っていた。この車、ブースト計とリトラクタブルライトが格好良かったけど、巷では不人気であった。

 ル・マンはポルシェ956/962の独壇場、一部で「ポルシェの、ポルシェによる、ポルシェのためのル・マン」等と揶揄されていた。トヨタ、ニッサンがバブルでスポンサーを得て金に任せてポテンシャルを上げ有力候補に挙げられるようになったが、ポルシェの黄金時代に終わりを告げたのは1988年ジャガー。そのジャガーも2連覇はならず、1989年はメルセデス・ベンツ。
 ニッサンもトヨタも「いつでも勝てるチャンスがある」状態にまでなりつつも勝てないままバブル崩壊とともに撤退、底の浅さを露呈した。

編集

|

« 1980年代の音楽 | トップページ | 1980年代のモーターサイクル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1980年代の自動車:

» ブリキの玩具BMW [煙草入れとブリキの車とコレクション]
何年頃に製造されたBMWかは、不明です。どなたか何かご存知の方お教え下さい。 [続きを読む]

受信: 2006年1月23日 (月) 19時20分

« 1980年代の音楽 | トップページ | 1980年代のモーターサイクル »