« 結婚指輪を付けてみて | トップページ | 大平貴之さんのメガスター »

2006年3月22日 (水)

2006年03/21〜22、開田高原スキー旅行

 開田高原1泊2日スキーの新婚旅行に行って来た、、、って「なんでそこまで地味?」とか聞かれそうだが(^_^;
 1回海外へ行くより1泊国内旅行を何度でもしよう、ということにしたのだ。だから今回新婚旅行だけど、今回だけでなくまた「新婚旅行」に行く予定。

 春日井のコンビニで朝食を購入、食べながら多治見に向かい、中央高速で多治見ICから中津川ICまで走り、国道19号を木曽福島、国道361号で開田高原、の順。
 スキー場到着はちょうど12:00頃。ちょっと信じがたかったが、ぱらぱらと雪が降っている。レンタルに行ったら「12:30からなら午後のみの料金になりますよ」とのことで招待券を一日券に交換し、トイレに行き、コーヒを飲んで、土産物を眺め、改めて12:30にレンタルへ。お道具一式(ウェア上下、板、靴、ストック)で¥5k。手袋やゴーグルといった小物はないとのこと。しまった、ストックや手袋は持って来るべきであった。

 雪の状態は良いのですが、時々雪が強くなった時に寒いのと視界が悪い。
 板を反対向きにして横移動しながら「イナバウアー!」などとアホなことをやっていた。あ、上体を反り返らせるのがイナバウアーだと思っている人が多いようだが、上体を反り返らせるのは荒川静香さん独自のアレンジで、イナバウアーの本質は足を前後に開き、つま先を180度開いて真横に滑ることである。
 16:00頃雪が強くなったので撤退。

 ペンションはスキー場横にあるペンションビレッジ4軒のうちの1軒。で、2005年11/07〜08,八ヶ岳方面紅葉観光旅行と入笠山登山3に続き貸し切り(^_^;
 昔は夜行バスで3泊4日とか行ったものだが、最近は近場にスキー場が一杯出来たし、世の中不景気だし、で皆さん日帰りしちゃうんでしょうな。っていうかそれ以前にウィンタースポーツに行かないものらしいし。

 お金は掛かるが、のんびりできるのと、疲れた状態で運転しなくて良いのは大きな利点である。

 朝起きたらのんびりして荷物を積んでチェックアウト、後はアイスクリーム屋さんに寄ったのと、恵那で昼食を食べ、恵那ICで古いハイウェイカードを換金、中央道に入って多治見ICで降り、愛岐道路を帰って来た。

|

« 結婚指輪を付けてみて | トップページ | 大平貴之さんのメガスター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118328/9210187

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年03/21〜22、開田高原スキー旅行:

« 結婚指輪を付けてみて | トップページ | 大平貴之さんのメガスター »