« 彼女の実家(結婚写真) | トップページ | ゴールデンウィーク »

2006年4月26日 (水)

多趣味の勧め

 個人的には「広く浅く」だと思っているのだが人から見ると「広く深く」に見えるらしく、趣味の話をしていると結構「よくそれだけ色々なことに詳しいですねぇ」と言われる。

 △11が卒業した高校は、英語を重視していた。普通科以外に英語科があり、外国人講師が多数おり、日本人講師も英語だけでなく色々な言語を話せた。学校の内線電話で先生同士が英語、ドイツ語、フランス語等をチャンポンに話していたものである。
 そこで「多言語をマスターするコツは、同時に多数の言語を学ぶことだ」と聞いたことがある。ヨーロッパの言語はほとんど全て親戚みたいなもので、英語とフランス語なら片方の単語を覚えて変換方法を覚えれば良い。文法は、共通とは言わないが似たところが多数あり「あぁ聞いたことのある話だ」ということが多いはずである。同族の言葉を増やすなら加速度的に楽になって行く。無論実際にはもう少し複雑であると思うが、原理はそういうことだ。

 オルゴールの博物館に行って展示物を見ていたら「こりゃ古いポケットウォッチに使われているフュージー機構そのものじゃん」ということがあった。ゼンマイの緩む力を歯車で減速し脱進機で定速化し精密な低速回転を得る点に於いて時計とオルゴールに使われている技術は全く同じなのである。実際アブラアン・ルイ・ブレゲ、フランソワ・ルクルト、ジャケ・ドロー等はどちらの分野でも有名人である。
 大型の「オルゴール」には多数の楽器を組み込んだものがあり、オルゴールと楽器の間に境界線はない。
 その自動演奏に合わせて、模型の楽器を演奏するように動く自動人形が組み込まれたものもある。時間が来ると中で鐘が鳴り、人形が模型の鐘を叩く時計がある。ここにも境界線はない。
 オルゴールはドラム交換式になって一台のオルゴールで色々な曲を演奏出来るようになった。さらに長時間の演奏を求めてディスク交換式に進化したが、その技術は蓄音機が発明された時そのまま活用された。さらに音楽再生への執念はレコード、コンパクトディスクへと進化して行った。例えばレコードプレーヤーのメーカーとして知られるトーレンスは元々オルゴールメーカーであった。精密回転を得る技術の末裔は現在ハードディスクに使われていることだろう。
 時間計時を正確に行う技術はカメラのシャッターにも使われる。セイコーは時計以外にカメラのシャッターも作っているし、ルクルトもカメラを作ったことがある。またボレックスのメーカーとして知られるパイヤールは元々オルゴールメーカーであった。
 縮尺は違うものの、現代のバイクや自転車で使われているものと全く同じ構造のチェーンが古いポケットウォッチやオルゴールにも使われている。
 規格化、という概念が発生したのは銃の分野である。銃1丁につき同じ大きさで多数の弾丸を揃えなければならない必要性が目の前にある。この概念はあらゆる機械製品に流用された。この概念があって初めて大量生産が可能になり、オプションを交換して一つの製品を色々な用途に使えるようにもなった。修理も故障部品だけを交換するだけで可能になった。前述したドラム交換式オルゴールも銃の発明なくしてはなかったかも知れない。また工作精度が高くなければ規格に収めることは出来ないため、工作精度向上に強い圧力となった。
 ヤマハのレコードプレーヤーで覚えた「ジンバルサポート」という単語はヨットの分野ではコンロ、時計の分野ではデテントクロノメーターでも出て来た。レコードプレーヤーでは振動を拾わないため、ヨットのコンロでは揺れる海上で調理物をひっくり返さないため、デテントクロノメーターでは脱進機の姿勢差を出さないために水平に宙に浮かすのだ。
 要するにこれらは大きく言えば歯車やゼンマイやカムやふいご等の組み合わせを駆使した「機械文明によって製造された製品群」なのであって、厳密な分類などは無意味である。

 このように、趣味にも同族のものが多い。例えば自動車とバイクはほとんど同じ原理で動く。時計は歯車で駆動されている点で近い。カメラは光学関係が入るだけ。望遠鏡はカメラとほとんど同じ。電気製品であるという意味でオーディオとパソコンは同じ、自動車やバイクやカメラや望遠鏡にも電装部品はある。金属素材の処理の話はあらゆる機械関連の趣味で出て来る。自動車やバイクで石油燃料のエネルギー、すなわち危険性を知っているから、アウトドアでのストーブの扱いも人に言われる前から慎重になるだろう。
 そういうわけで無趣味の人や単趣味の人から見る程大変でもない。無論自分で修理するとなれば全然別問題であろうが、普通に使うために人の説明を聞く分にはピンと来る話が多くて楽だし、何より面白いことも増えるのだ。

 △11は言語に関しては挫折したが、趣味をやるなら多趣味がお勧めである。

編集

|

« 彼女の実家(結婚写真) | トップページ | ゴールデンウィーク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118328/9769925

この記事へのトラックバック一覧です: 多趣味の勧め:

« 彼女の実家(結婚写真) | トップページ | ゴールデンウィーク »