« 北朝鮮の近未来 | トップページ | 酒井抱一、秋草鶉図屏風(その1、琳派とは) »

2006年7月21日 (金)

豪雨

 記録的な大雨だそうで、TVのニュースでは各地の土石流だの堤防決壊だのの映像が流れている。△11の住んでいる場所は坂の途中なので浸水の危険はないし、地盤もそんなに悪くないはずなので崩落の心配もしていない。そもそも名古屋では今のところ異常な降り方はしていない。無論△11の住処には雨漏りしない屋根もあるので、今回の「豪雨」の「被害」と言えばバイク通勤に雨合羽を着込まなければならないのが面倒臭いくらいのものである。

 信頼出来る屋根がある、ということはありがたいことである。現代人でそれを改めてありがたいと思うのは災害にあった人くらいのものかも知れないが、、、△11がそのことを認識できるのは登山や車内泊での旅行をして来たからであろうか。

|

« 北朝鮮の近未来 | トップページ | 酒井抱一、秋草鶉図屏風(その1、琳派とは) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118328/11035781

この記事へのトラックバック一覧です: 豪雨:

« 北朝鮮の近未来 | トップページ | 酒井抱一、秋草鶉図屏風(その1、琳派とは) »