« ワインボックスその後 | トップページ | MSR ドラゴンフライにアルコールは使えるのか »

2007年4月25日 (水)

トランギア アルコールストーブTR-B25を前にストーブを考える

 今日トランギア アルコールストーブTR-B25(△11のバックパック)を購入して来た。燃焼音はほとんどなく小型軽量、故障するような箇所もない単純な構造である。
 巷に「シンプル・イズ・ベスト」という言葉があるが、個人的には嫌いな言葉である。機能を実現するのに必要なら複雑にせざるを得ないし、単純でも故障するような構造ならやっぱり故障する。要するに単純であろうが複雑であろうが故障しなければ良いのである。ただ、同じ技術程度で同じ機能を実現するのであれば、機構が単純な方が故障の可能性は低くなるに決まっている。「シンプル・イズ・ベスト」というには色々前提が必要で、何も考えずに唱えられる呪文ではない。間違いではないが、世の中ではそこまで考えず濫用されているように思うのだ。
 余談になった。TR-B25であるが、本当は液体燃料を燃焼させるのにそんなに複雑な必要はないのかも知れない、と思わせる。

 一番上には消火と火力調整を兼ねる、時計の裏蓋で言えば「ポコタイプ」の蓋がついている。その次はOリングのついたネジ式蓋(燃焼中は外しておく)。このネジ式の蓋をすれば燃料を入れたまま持ち運べそうなものだし、実際にそうしている人もいるようだが、これには後述するように疑義がある。
 一緒にトランギア ゴトクTR-P301を購入して来た。分解組立が簡単で、分解すれば薄い3枚の金属片になってしまう。シエラカップも一応載ったが少し不安定、小さい網を持ち歩けば万全だろう。
 昔固形燃料の経験から心配していた火力だが、まぁまぁありそうな雰囲気だ。今度登山に行くとしたら、持って行くのは絶対にこれ。
 欠点は、日中火がついているのか分かりにくいこと。風が吹くと炎が流れること、火力が下がりかつ危険である。転倒させると火のついた液体燃料がまき散らされること。

 体力が落ちて少し重いものは持って歩く気がしないのである。MSR マルチフューエルストーブドラゴンフライ(△11のバックパック)は担いで歩くには少し重くて嵩張る。
 アルコールストーブと同時に11flozの小さい燃料ボトルも買って来たので燃料切れの時に交換してみる予定だが、本質的な改善にはならなさそう。ちなみに今装着されている33flozの燃料ボトルは燃料を追加したことがない。時々コーヒーを沸かすだけとは言え2006年12/04、MSRドラゴンフライ到着から6ヶ月が経過しているのだが、、、

 古い時代の山岳部に育った友人に「ストーブは何を使っていましたか」と聞いたら「ブス」とだけ答えた。「ブス」とはオーストリアMJRのブランド名「ホエーブス」の略で、モデルは「ホエーブス625(通称大ブス)」であろうか「ホエーブス725(通称小ブス)」であろうか。
 ドラゴンフライを買った少し後彼に会う機会があったので「液体燃料のストーブを買った」と言ったら苦笑して「あんなもの、、、」と言われた。ドラゴンフライに代表される優秀な液体燃料ストーブが出たことも、古いスベア123やホエーブス625が一部マニアに収集されていることも、彼とは無縁の世界のことのようだ。現在彼が使っているのはガスのEPIのハズである。

 そのEPIとほぼ同等のプリムス ガスストーブエクスカイザEX-3233(△11のバックパック)は個人的にはあまり出番がなくなった。燃料代が嵩むのが難点だ。安価なカセットガスを使えるアダプターも購入したが、接続箇所が増えるということは燃料漏れの危険も増えるということでもある。
 バルコニーで火遊びをするだけならドラゴンフライの方が楽しい。爆音も出るし儀式もある。体力の落ちた今登山するとしたら多分持参するのはTR-B25だろう。

 気になっているのはTR-B25の説明書に「燃料は専用の容器に入れて持ち運んでください。アルコールバーナーの中に燃料を入れて持ち運ぶとアルコールもれのおそれがあります」とあること。密封されるのならこんな注意書きは不要だし、密封されないのならOリングなぞ要らない。密封するためのOリングである。
 多分これは責任回避のための文なのだろう。ちゃんと締めずに、もしくは熱いうちに締めてしまい熱でOリングが傷んだ状態で持ち歩き「燃料が漏れた」とクレームする奴に当たったら困る。普通に使えば漏れないとしても「漏れるかも」と書いておいた方が安全だ。

編集

|

« ワインボックスその後 | トップページ | MSR ドラゴンフライにアルコールは使えるのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118328/14844355

この記事へのトラックバック一覧です: トランギア アルコールストーブTR-B25を前にストーブを考える:

« ワインボックスその後 | トップページ | MSR ドラゴンフライにアルコールは使えるのか »