« またまたユリス・ナルダン | トップページ | 電子レンジの電波障害解消 »

2007年5月 3日 (木)

MSR ドラゴンフライ燃料供給

 2006年12/09に行ったMSR ドラゴンフライ燃焼試験成功からほぼ6ヶ月が経過した。少しずつ燃料ボトルは軽くなるもののしぶとく使えていたのだが、今日湯沸かし中「ゴー」という燃焼音が突然「シュー」という音になり炎が消えて煙になった。煙にチャッカマンの火を近づけてみたが点火せず。

 最近燃料が残り少なくなっていたので燃料切れと判断し、コックを閉めて燃料ボトルからポンプアッセンブリを抜いて中を見ると、濡れている程度で見事に空になっていた。

 燃料ボトル、中古で購入した時は大型の33flozが付属して来たのだが、今回から交換するつもりで小型の11flozを購入してすでに灯油を給油してある。キャップを外してポンプアッセンブリを挿入しねじ込み本体にセッティングする。ボトルが小さいので可愛い。

 再点火は、わざとポンピング3回だけでやってみた。猛烈な全開火力を必要とするのでなければこれでも問題なく点火する。ポンピングすると燃焼音が力強くなり、さらには「ゴッゴッゴッ」と波動が入るようになって来る。

編集

|

« またまたユリス・ナルダン | トップページ | 電子レンジの電波障害解消 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118328/14937015

この記事へのトラックバック一覧です: MSR ドラゴンフライ燃料供給:

« またまたユリス・ナルダン | トップページ | 電子レンジの電波障害解消 »