« 時計収集と鉄道模型 | トップページ | ハミルトン マスターナヴィゲーション用ケース »

2007年5月22日 (火)

2007年05/20〜21、和知野川キャンプ場

 05/20は一畑山薬師寺に招待されて食事の後、キャンプする予定であった。候補に挙がったのは為栗(してぐり)駅から歩いて10分という和知野川(わちのがわ)キャンプ場。△11が調べた限り飯田線の駅から歩いて行けるキャンプ場はここだけである。当初は飯田線で行くのも考慮に入れていたが時間的に少し無理があり諦めた。時間があってダイヤが合えば一駅だけでも往復する可能性は残す。
 その為栗駅から一駅の平岡駅がある天龍村平岡は△11にとって思い出の場所である。防水工事のバイトをしていた時に出張して作業をした小学校があったのだ。平岡の集落が面白そうだったのと、宿泊した民宿まで歩いてでも帰れる距離だったので、2日目から毎日作業後平岡集落を歩き回ってから民宿に歩いて帰ったものである。

 さて出発直前はばたばたしたが、ログハウスの予約は当日出発直前に取れた。岡崎まで東名高速で走って食事後国道1号→県道5号→国道151号と思ったが少し早く左折してしまいリカバリで国道151号に合流。気持ちの良い田舎道を走る。
 基本的に飯田線を追いかけて走るため県道1号に入ったのは間違いであった。佐久間ダムの周辺は道が悪くて時間が掛かりキャンプ場に着いたのはチェックインの17時から30分程オーバー。

Dsc_1842  女房にお任せでモツ鍋を作ってもらった。△11はご飯を炊くだけ。
 ご飯を4合炊いたせいか時間が掛かって少し暗くなってしまったがモツ鍋は美味しかった。ご飯が少し硬くなってしまったのはMSR マルチフューエルストーブドラゴンフライ(△11のバックパック)での炊飯が初めてだったせいか(T_T)4949

 ログハウスはロフト式で楽しい。

 夜は星が結構よく見えた。しかしキャンプ場は暗くなると自動的にいくつも照明がついて消せないため天の川までは無理。確かに安全面ではありがたいのだがもったいないことだ。道路を歩いてコーナーを一つ抜けるとざわざわと星が見えるようになる。

 朝はのんびり。
 △11のみ為栗駅まで散策した。
 朝確認したらデジカメが電池切れになっていたのは残念の一言で、前から電池の持ちが悪かったが最近特に酷い。出かける前に充電を済ませ、05/20には2〜3枚撮っただけなのである。互換品でも良いから新品電池を買わなければならないだろう。
 和知野川キャンプ場の「飯田線為栗駅から歩いて10分」は誇大広告のように思う。15〜20分ではなかろうか。
 さてその為栗駅、秘境駅のランキングでは31位。一般人にとっては相当の秘境である。県道1号を渡って小さいレストランの横の林道のような道を入って行くとすぐ「信濃恋し」の淵があり、さらに奥に進むと小山をくるっと回り込んで行く。擦れ違いのために林道が広がっていることがあるが、そのように道が広がってそれが「駅前駐車場」。そこから吊り橋が為栗駅へと続いており、多分他に駅への入り口はない(^_^;

 帰りは国道151号に出て冠雪した南アルプスを眺めながらひた走り、飯田に出て中央道で帰ってきた。

|

« 時計収集と鉄道模型 | トップページ | ハミルトン マスターナヴィゲーション用ケース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118328/15158562

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年05/20〜21、和知野川キャンプ場:

« 時計収集と鉄道模型 | トップページ | ハミルトン マスターナヴィゲーション用ケース »