« 大人の科学、棒テンプ式機械時計 | トップページ | 最高気温更新 »

2007年8月13日 (月)

2007年08/04〜08/07、広河原から北岳、間ノ岳登山におけるコースタイムからの遅れについて

 これまで地図のコースタイムより時間が掛かったことはほとんどないと思う。写真を撮りながら、擦れ違う人と話しながらでもコースタイムと同じか、短い時間で歩いていたハズだ。実際予備時間込みでコースタイム通りにて計画を立てて来て何の不都合も感じたことはない。

 それが2007年08/04〜08/07、広河原から北岳、間ノ岳登山では大幅に遅れた。

 以下表にしてみた。
 表は左の欄から場所、コースタイムに基づいて作った計画での到達目標時刻、コースタイムに基づく区間毎に掛かる予定の時間、実際に到達した時刻、実際に掛かった時間、計画に対する比率。1日目は自宅から芦安までの自動車移動であるので、下表には出て来ない。

  計画 区間 実際 区間 計画比
広河原着

6:10

 

6:05

   
広河原発

6:30

 

6:05

   
二俣

9:00

150分

9:55

230分

+80分(+53%)

肩の小屋

12:00

180分

14:10

255分

+75分(+42%)

2日目小計  

330分
=5時間30分

 

485分
=8時間05分

+155分(+47%)

肩の小屋

7:00

 

6:20

   
北岳山頂着

7:50

50分

7:15

55分

+5分(+10%)

北岳山頂発

8:35

 

7:53

   
北岳山荘着

9:30

55分

9:10

77分

+22分(+40%)

北岳山荘発

9:40

 

9:20

   
間ノ岳山頂着

11:20

100分

10:45

85分

-15分(-15%)

間ノ岳山頂発

12:05

 

11:25

   
北岳山荘

13:25

80分

13:40

135分

+55分(+69%)

3日目小計  

285分
=4時間45分

 

352分
=5時間52分

+67分(+24%)

北岳山荘

7:00

 

5:50

   
八本歯のコル

8:10

70分

7:42

112分

+42分(+60%)

二俣

9:10

60分

9:44

122分

+62分(+103%)

広河原

10:40

90分

11:47

123分

+33分(+37%)

4日目小計  

220分
=3時間40分

 

357分
=5時間57分

+137分(+62%)

4日間合計  

835分
=13時間55分

 

1194分
=19時間54分

+359分(+43%)

 こうして見てみるとコースタイムより速く歩いたのは空荷の北岳山荘→間ノ岳山頂だけであり、その帰りも含め平均で43%もオーバーしたのが分かる。南アルプスの地図のコースタイムがおかしいのか、△11の体力が落ちたのか、その両方なのかよく分からないが、今後の登山には考慮すべきだと思った。

 ただし快適装備を大量に投入したおかげか、故障箇所は皆無と言って良かった。槍ヶ岳では爪を4枚剥がして1週間くらい寝込んだし、奥穂高岳では爪を1枚剥がしたが、今回は両腕裏に筋肉痛が2〜3日出たのと下山日のみ右手平に小さい水膨れができたことのみであった。

2007年08/04〜08/07、広河原から北岳、間ノ岳登山捕足(△11のmixi日記、友人限定) に進む
2007年08/04〜08/07、広河原から北岳、間ノ岳登山4 に戻る

編集

|

« 大人の科学、棒テンプ式機械時計 | トップページ | 最高気温更新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118328/16095334

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年08/04〜08/07、広河原から北岳、間ノ岳登山におけるコースタイムからの遅れについて:

« 大人の科学、棒テンプ式機械時計 | トップページ | 最高気温更新 »