« 子供の科学1977年2月号 | トップページ | ポルシェ924系の凄さ »

2007年9月 3日 (月)

CDプレーヤーの修理

 少し前からマランツ CD−67mkII(△11のオーディオルーム)が故障していた。最初に気がついたのは△11で、CDを聞こうとしたら動かなかったのであるがトレーを出して強く息を吹き込んだら治ったのでレンズにホコリが乗ったのだろうと思っていた。
 次は少し経ってから女房から「聞こうとしたら動かなかった」と報告を受けたので、以前のように息を吹き込んだり、レンズクリーナーを掛けたりしたが状況は変わらない。もしかしたら△11が気がついたのとは別件なのかも知れない。

 今日分解。
 天板を押さえているのは横6本、後2本のタッピングネジ。これを緩めて外し、天板を後ろに引っ張るようにすると天板が外れる。
 まずはもう少しレンズを徹底的にクリーニングしてみたのだが、少し奥まったところにあるのでやっても効果なさそうだし、そもそもレンズは一見綺麗に見える。実際にも全く効果なし。
 CDを入れてみると最初の認識のための回転もしていないので、モーターに電気が行ってないのではないかと見当をつけて、それらしいコードを抜き差ししてみると、、、動いた。音も出て来る。というわけで修理完了(^o^)

|

« 子供の科学1977年2月号 | トップページ | ポルシェ924系の凄さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CDプレーヤーの修理:

« 子供の科学1977年2月号 | トップページ | ポルシェ924系の凄さ »