« ポルシェ924Sクラブスポーツ、オーバーヒート気味が続いたため再修理 | トップページ | RR、空冷、水平対向、自社製6気筒エンジンでなくても本物のポルシェである »

2010年8月13日 (金)

夢の南アルプス縦走、短縮コース

 以前夢の南アルプス縦走、標準コースという記事を書いたが、その後2007年08/04〜07、広河原から北岳、間ノ岳登山に行って無理に北岳に寄る必要がなくなったので、コースを短縮する形で改訂してみた。

計画 区間 実際 区間 計画比
北沢峠

11:00

大滝ノ頭五合目

13:00

2時間00分

馬の背ヒュッテ

14:00

1時間00分

2日目小計

3時間00分

馬の背ヒュッテ

6:00

仙丈ヶ岳

7:30

1時間30分

高望池

10:30

3時間00分

野呂乗越

12:10

1時間40分

両俣小屋

12:50

40分

3日目小計

6時間50分

両俣小屋

6:00

野呂乗越

7:00

1時間00分

三峰岳

10:00

3時間00分

三国平

11:00

1時間00分

熊の平小屋

11:30

30分

4日目小計

5時間30分

熊の平小屋

6:00

竜尾見晴

7:30

1時間30分

北俣岳

8:50

1時間20分

塩見岳西峰

9:25

35分

塩見小屋

10:15

50分

5日目小計

4時間15分

塩見小屋

6:00

塩見岳西峰

7:20

1時間20分

北俣岳分岐

7:50

30分

蝙蝠岳

9:55

2時間05分

徳右衛門岳

11:50

1時間55分

二軒小屋

15:30

3時間40分

6日目小計

9時間30分

6日間合計

29時間05分

 1日目。電車で伊那市駅へ。バスで仙流荘。
 1日目から登り始めるよう変更も考えたが、ワイドビューしなの1号に乗って名古屋を出ても9:53辰野着になってしまい、午前のうちに北沢峠から登り始めるのは無理だ。辰野駅7:47発JR飯田線駒ヶ根行きが8:26伊那市駅到着、伊那市駅9:01発JRバス高遠駅行きが9:24に高遠到着、高遠9:30発岩入行きが9:57に仙流荘到着、仙流荘10:05北沢峠行きが11:00北沢峠到着、これが最終である(2013年夏調査のダイヤ)。
 2日目。バスで北沢峠。この日の歩行予定はコースタイムで3時間。仙丈小屋まで行けば2日目の行動時間を1時間程削れるが、縦走初日はスロースタートで行った方が良いような気がする。それに馬ノ背ヒュッテは以前仙丈ヶ岳登山の際に宿泊した場所だ。
 3日目。仙丈ヶ岳登頂、仙塩尾根へ。コース変更はない。
 4日目。北岳に向かわず仙塩尾根に戻り、南へ。三峰岳→間ノ岳往復を加えると+1時間30分。
 5日目。引き続き南下。塩見岳登頂。
 6日目。蝙蝠尾根を二軒小屋に降りる。少し長丁場だが小屋がないのでこれより行動時間を短くしようがない。
 7日目。二軒小屋から送迎バスで畑薙第一ダムへ。畑薙第一ダムからバスで静岡駅へ。静岡駅から電車で帰宅。

 個人的に結構大きな問題は塩見小屋、二軒小屋ロッヂ、畑薙第一ダムから静岡駅へのバスが要予約であることだ。

関連記事:
夢の南アルプス縦走、仙流荘まで
夢の南アルプス縦走、高負荷コース
夢の南アルプス縦走、無予約コース
夢の南アルプス縦走、標準コース
 

編集

|

« ポルシェ924Sクラブスポーツ、オーバーヒート気味が続いたため再修理 | トップページ | RR、空冷、水平対向、自社製6気筒エンジンでなくても本物のポルシェである »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118328/49134937

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の南アルプス縦走、短縮コース:

« ポルシェ924Sクラブスポーツ、オーバーヒート気味が続いたため再修理 | トップページ | RR、空冷、水平対向、自社製6気筒エンジンでなくても本物のポルシェである »