« 2012年06/06、金星日面通過 | トップページ | ライカ・コンタックス論争、情報まとめ »

2012年6月15日 (金)

現状ほぼ理想のカメラ、クールピクスL23

 個人的には、コンパクトデジタルカメラこそはカメラのあるべき姿の一つだと思う。
 例えば△11が普段使っているクールピクスL23(△11のカメラバッグ)である。

 ライカ判換算で28〜140/2.7〜6.8のマクロ機構付きズームレンズ、手ぶれ補正、フラッシュ内蔵、動画撮影可能、、、一般用のカメラで撮影できる範囲をこちらの期待以上に網羅している。
 嬉しいのはこれが単3×2本で動き、ちょっと大容量のカードさえ入れておけばほぼ際限ない枚数をほぼノーコストで撮影でき、撮影した写真をパソコンで管理でき、その上ズボンのポケットに押し込んでおけるサイズに収まっていることだ。
 単3で動くのは重要である。普段はニッケル水素で懐中電灯等と電源が共用できる。大量に生産され流通しているので安価だ。非常時にはどこでも電池を買って撮影できる。今後電池の進歩を享受できる可能性がある。

 クールピクス990とかはよく壊れたものだったが、これはまだ壊れない。実売価格も非常に安価で、新品が¥6kとかで手に入る。

 贅沢を言えば無論完璧ではない。
 まだ撮影まで時間がかかり過ぎる。ピント合わせもシャッターラグももっと速くして欲しい。
 ズームは手動にして欲しい。パワーズームは思った通りに動くとまでは行かない。
 可能ならライカ判換算20〜ミリが欲しい。昨今のデジカメではデータ量は有り余っており、後でどうせ削るだけなので、望遠側はそんなに要らない。後でトリミングする可能性を捨てるだけの電子ズームなんぞ論外だ。

 今でも存在するのかも知れないが、少し前まで「デジカメは本当の意味でのカメラではないので写真作品を撮影するのには向かない」とかいう論旨をぶち上げているカメラマンがいた。
 多分アンタが信奉しているライカも、世に出て来た頃にそう言われていたと思うけどねぇ。
 このカメラが50年後に現役のカメラとして活用されているとは思わない。そこはライカと違うところだ。しかし時代は変わる部分と変わらない部分があるわけなんで、それも当然だ。単に、小型軽量のカメラは今の時代にも需要があるが、カメラの意味合いは耐久消費財から消耗品に変化したということだろう。

編集

|

« 2012年06/06、金星日面通過 | トップページ | ライカ・コンタックス論争、情報まとめ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118328/54973446

この記事へのトラックバック一覧です: 現状ほぼ理想のカメラ、クールピクスL23:

« 2012年06/06、金星日面通過 | トップページ | ライカ・コンタックス論争、情報まとめ »