« 2012年08/19〜08/21、三股から蝶ケ岳、常念岳登山3 | トップページ | 南海トラフ地震、死者32万人全壊238万棟か »

2012年8月26日 (日)

2012年08/19〜08/21、三股から蝶ケ岳、常念岳登山におけるコースタイムとの比較

 前回の登山では2007年08/04〜08/07、広河原から北岳、間ノ岳登山におけるコースタイムからの遅れについてに書いたように大幅にコースタイムから遅れたため、今回の登山で一つのテーマがコースタイムに遅れないことであった。

 どれだけ時間が掛かるか分からなかったため、今回実際には事前に時間計画はしていない。
 以下の評にある「計画」は、事後に「もし事前に計画していたらこんな感じで組んでいただろう」と実際の時間にほぼ沿うようコースタイムから導出したものだ。

  計画 区間 実際 区間 計画比
三股駐車場

5:30

 

5:22

 

 

三股登山口

5:50

20分

5:37

15分

-5分(-25%)

まめうちだいら

8:20

150分

7:24

107分

-43分(-29%)

蝶ケ岳

10:40

140分

10:29

185分

+45分(+32%)

2日目小計  

310分
=5時間10分

 

307分
=5時間07分

-3分(-1%)

蝶ケ岳

6:00

 

6:13

   
横尾分岐

6:20

20分

6:45

32分

+12分(+60%)

常念岳着

10:00

220分

11:10

265分

+45分(+20%)

常念岳発

11:00

 

11:35

   
前常念

12:00

60分

不明 下に積算  
三股登山口

16:00

240分

17:20

345分

+45分(+15%)

3日目小計  

540分
=9時間00分

 

642分
=10時間42分

+102分(+19%)

3日間合計  

850分
=14時間10分

 

949分
=15時間49分

+99分(+12%)

 今回も結構60代70代の人に置いて行かれたので自信をなくしていたが、こうやってきっちり計算してみると、5年のブランクがあった割には、コースタイムから60%程遅れた前回程には大きく遅れず歩けているようだ。この10ヶ月ノルマを決めて歩いていたのが効いたのかも知れない。

 まぁ他の人に引っ張ってもらったからかも知れないし、以前のように「どこまでのんびり歩いたらコースタイムより遅く歩けるのか分からない」という状態には程遠いが、準アスリートみたいな体力を持っていた15年前と同じようにいつまでも行けると思っている方がおかしいとも言える。

 今後もノルマを決めた散歩を続け、体力を維持向上すべし。

2012年08/19〜08/21、三股から蝶ケ岳、常念岳登山3 に戻る

編集

|

« 2012年08/19〜08/21、三股から蝶ケ岳、常念岳登山3 | トップページ | 南海トラフ地震、死者32万人全壊238万棟か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118328/55493970

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年08/19〜08/21、三股から蝶ケ岳、常念岳登山におけるコースタイムとの比較:

« 2012年08/19〜08/21、三股から蝶ケ岳、常念岳登山3 | トップページ | 南海トラフ地震、死者32万人全壊238万棟か »