« 原爆追悼式典「うんざりだ」? | トップページ | 広島死体遺棄 »

2013年8月20日 (火)

夢の南アルプス縦走、高負荷コース

 さて以前夢の南アルプス縦走、無予約コースという記事の中で書いた、泊まった小屋で次の日の予約を取る方法が可能だとして(可能かどうか未確認)、机上にて無茶のない範囲で夢の南アルプス縦走、短縮コースを変更し日程短縮を図ってみることにした。無論ペースを上げるのは無理なので、長時間歩くことになる。

 3日目に馬の背ヒュッテを出て両俣小屋をパスし熊の平小屋まで歩くのは可能だろうか。この場合、副産物として夕方に野呂乗越から降りる40分、朝に野呂乗越に登り直す1時間が短縮される。
 が、それでもコースタイムで10時間40分ある。馬の背ヒュッテを6時に出たとして熊の平小屋到着が16時40分。これは地図に書かれているコースタイムであり、さらに遅れる可能性もある、、、と言うか最近の実績を見る限り遅れる可能性が高い。2日目に涙を飲んで馬の背ヒュッテを通過し仙丈小屋まで行った上に5時30分に出発したとしても、熊の平小屋到着が15時10分辺り。

 4日目に両俣小屋を出て熊の平小屋をパスし塩見小屋まで歩くのは可能だろうか。行程短縮箇所はない。
 元々4日目と5日目は行程が短いため足しても9時間45分。6時出発で15時45分到着。塩見小屋は要予約なので、予約をしたら意地でも歩き切らねばならない。

 5日目に熊の平小屋を出て塩見小屋をパスし二軒小屋まで歩くのは、、、無理だろうなぁ。
 元々6日目の行程が長く、コースタイムで11時間35分。6時出発で17時35分到着。谷へ降りるからもう日が暮れてるぞ(T_T)4949
 しかも往復が短縮される北俣岳分岐から塩見小屋までの間には塩見岳があってパスは忍びない。塩見岳山頂を往復するとコースタイムは12時間40分に達する。

 実現可能性があるとしたら熊の平小屋パスだけだねこりゃ。
 まぁでもこれが実行できるのなら、静岡市内で1泊しても1週間のうちに帰って来れることになる。

計画 区間 実際 区間 計画比
北沢峠

11:00

大滝ノ頭五合目

13:00

120分

馬の背ヒュッテ

14:00

60分

2日目小計

180分
=3時間00分

馬の背ヒュッテ

6:00

仙丈ヶ岳

7:30

90分

高望池

10:30

180分

野呂乗越

12:10

100分

両俣小屋

12:50

40分

3日目小計

410分
=6時間50分

両俣小屋

6:00

野呂乗越

7:00

60分

三峰岳

10:00

180分

三国平

11:00

60分

熊の平小屋

11:30

30分

竜尾見晴

13:00

90分

北俣岳

14:20

80分

塩見岳西峰

14:55

35分

塩見小屋

15:45

50分

4日目小計

585分
=9時間45分

塩見小屋

6:00

塩見岳西峰

7:20

80分

北俣岳分岐

7:50

30分

蝙蝠岳

9:55

125分

徳右衛門岳

11:50

115分

二軒小屋

15:30

220分

5日目小計

570分
=9時間30分

5日間合計

29時間05分

関連記事:
夢の南アルプス縦走、仙流荘まで
夢の南アルプス縦走、無予約コース
夢の南アルプス縦走、短縮コース
夢の南アルプス縦走、標準コース
 

編集

|

« 原爆追悼式典「うんざりだ」? | トップページ | 広島死体遺棄 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118328/58026505

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の南アルプス縦走、高負荷コース:

« 原爆追悼式典「うんざりだ」? | トップページ | 広島死体遺棄 »