« バーナーヘッドが小さいのは欠点か | トップページ | 山本太郎とみのもんた »

2013年11月 3日 (日)

登山におけるカートリッジホルダー、2013年11月版

 最初に、カートリッジホルダーってのはプリムスでの名称である。各メーカー名称が違う。以下価格は販売元が公式ウェブサイトで表示している税込価格→Amazon実売。

 まずプリムスのカートリッジホルダーP-CH。29.5g、¥840→756。
 こんなもんは別にどこの製品でも良いけど、△11はプリムスのユーザーなので、一応これが純正品になる。

 公式ウェブサイトには「IP-250、500、PG-110に使用可能です。」とあり、OD缶の110、250、500に対応している。非公式ながらCB缶にも使えるようだ。△11の好きなプリムス 旧型カートリッジホルダー(△11のバックパック)はOD缶の110やCB缶には使えない。

 EPIのカートリッジスタビライザーII A-6603。26g、¥998。
 公式ウェブサイトには
EPIgasの全カートリッジに対応。」とあり、OD缶の110、250、500に対応する。非公式ながらCB缶にも使えるようだ。

  一見プリムスと同じ下請けが作っているのではなかろうか、と思う程似ているが、現物を並べて比較すると違う。
 一番違うのは、脚の一本
が「靴」を履いていて、その「靴」に切り込みがいくつかあり、足の先をどこの切り込みに入れるかによって高さ調整ができること。そもそもこれを使いたい状況ってのは例えば一体型ストーブにCB缶の500を取り付けているとか不安定なわけで、水平を出せるのは良い。

 
 ソトのスタビライザーST-411。23g、¥840→770。
 公式ウェブサイトには「
CB缶と250gのOD缶に使用できます。」とある。CB缶に公式対応しているのは良いが、逆にOD缶の110に使えないのは痛い。公式ウェブサイトではOD缶の500には言及がないが、事実としては当然使えるだろう。

 一応挙げた中では最軽量にはなるが、たいして変わらないので特別選ぶ理由にはなりそうもない。

  MSRのキャニスタースタンド36346。41g、¥1680→1636。
 
公式ウェブサイトには「いかなるサイズのキャニスター(ガスカートリッジ)にも広い足で安定して支えます。」「家庭用カセットボンベは不可」とある。すなわちOD缶の110、250、500に対応するがCB缶には使えない。

 高価だが、金属製で格好良い。趣味のものなのでそういうのも重要であるただ留める部分は樹脂製なので、製品寿命に関しては他と変わらないかも知れない。他との比較で数値を見る限りでは少し重いが、20gの差なので問題にする程ではない。

 この他ジェットボイルにスタビライザーがあるが、別売りされてはいないようだ。

 実際買うとしたらMSRだろうな\(^_^;0101

関連記事:
初心者がストーブを買う時何を選ぶべきか、2013年10月版

編集

|

« バーナーヘッドが小さいのは欠点か | トップページ | 山本太郎とみのもんた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118328/58505212

この記事へのトラックバック一覧です: 登山におけるカートリッジホルダー、2013年11月版:

« バーナーヘッドが小さいのは欠点か | トップページ | 山本太郎とみのもんた »