« 登山におけるレインウェア、2014年01月版 | トップページ | スタッキング情報、トランギアケトルinMSRストアウェイポット »

2014年1月15日 (水)

すごく良かったポーレックスのコーヒーミル

 コーヒーミル、これまで使って来たのはカリタ。1988年に購入してずっと使っているから、耐久性は高いはずだ。まぁ、壊れる程複雑でもないのかも。全く同じではないと思うが下のと似た感じのブツ。

 台所と自室でコーヒーミルを移動させるのが面倒なのと、外出時に携行しやすいように、最近小型のコーヒーミルを買い足した。ハイマウントのポーレックスセラミックコーヒーミルミニ

 普通に使われている大きさのガラスポットに淹れるために使う、メジャースプーン3杯の豆がちょうど入るので、△11にとってはちょうど良い容量だった。もう少し大容量のが欲しい人は「ミニ」じゃないポーレックスセラミックコーヒーミルを買うことになるだろう。

 蓋がされるので挽いている間に豆の破片が飛ばない。

 音が相当静か。これは購入前には思いもしなかった利点だった。

 粉を受ける器部分がステンレス製なので豆の粉がくっつきにくく、きれい。これが木製だと表面に粉がくっついて残るのだ。また形状が筒なので、漏斗に移す際にこぼしにくい。

 粗挽き細挽きの調整は簡単で、しかも確実かつ連続的に変更可能、結果も安定している。家庭用の普通のミルよりずっと良い。ただしAmazonのインプレでは「粗挽きで均一に挽けない」という指摘が散見されるので、△11は細挽きなのかも。

 ハンドルは外れるので小型軽量。側に嵌っているシリコンバンドに差し込めるので、「ミニ」じゃないポーレックスセラミックコーヒーミルと比較すれば紛失の可能性は低い。ただこのシリコンバンド、「ミニ」じゃないポーレックスセラミックコーヒーミルにも単体部品として出してくれるらしい。

 欠点と言えばハンドルを差し込む突起が五角形なので、もし紛失すると代替が効かない。ここを例えばsq6.3mmメスとか、hex6.3mmオスにしておいてくれれば工具ハンドルが使えたのだが、、、


編集

|

« 登山におけるレインウェア、2014年01月版 | トップページ | スタッキング情報、トランギアケトルinMSRストアウェイポット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118328/58949545

この記事へのトラックバック一覧です: すごく良かったポーレックスのコーヒーミル:

« 登山におけるレインウェア、2014年01月版 | トップページ | スタッキング情報、トランギアケトルinMSRストアウェイポット »