« 登山における給水、2014年10月版 | トップページ | 小型テント生活のノウハウ、2014年11月版 »

2014年10月29日 (水)

登山における食料、2014年10月版

 この記事は新版、登山における食料、2016年07月版に改訂済。

 前の記事登山における給水、2014年10月版に書いた給水と並んで、登山のような持久戦にとってはエネルギー補給も重要だ。エネルギーを切らしたまま歩くとバテるし、バテた状態で歩くととてもキツいし、頑張った割に成果が出ない。一気に食べると吸収が間に合わないので、こまめに少しずつ食べた方が良い。山に行くとおばちゃんたちがお菓子を一杯持って来ていて交換しつつ食べているが、あれは理由があるわけだ。

・通常食

 一日三食の食事である。材料を持ち込みちゃんと炊事したりする人もいないわけではないが、荷物が多くなって大変なので、たいていの人は小屋で食べるか、レトルトやフリーズドライやインスタントを食べる。

 山に入って一食目は菓子パンやお握り、二食目以降もしばらくは菓子パンが使われることがある。下界のコンビニエンスストアやスーパーマーケットで買って持ち込む。安価にすむのが大きな利点。腐敗しやすい物から先に食べて行く。

 それらが切れた後のお勧めは、、、数分煮るので時間が要るし、湯沸かししかできない鍋システムでは無理だが、棒ラーメンやパスタ。ただしお湯や残り汁を捨てずに済む物を選ぶ。

上のリンクは高価だけど、登山屋さんでもSOLLEONEのシリーズを扱っていて、それなら¥300程度。こういうの、というのでリンクは作ったが、Amazonで買うと送料がすんごい掛かるのでお勧めしない。

 別に味は好みで何でも良いのだが、カレー味やパスタを挙げたのは、以下の理由。
・食欲がなくても入って行きやすい味である。
・汗だくで歩いている人にとってはそのくらいでちょうど良いのかも知れないけど、何だかラーメンの味噌や醤油味の汁まで飲むのって「塩分採り過ぎ!」になりそうな感じがするところ、カレーやチーズ味なら罪悪感を感じなくて済む。
・ライスだとどうしても普段食べている釜で炊いたご飯と比較してしまうので「不味いなぁ」という印象を持ちやすいところ、ラーメンやパスタなら普段インスタントを食べ慣れていて違和感が少ない。

 レトルトやフリーズドライは調理方法が分かることを確認の上で、軽量化のため外箱は外して行くこと。例えば下のリンクのフリーズドライのカレーとライスを持ち込むなら、両方の封を開けてライスの袋にカレーを入れ、入れるべきお湯の量を加算して記載し、封をしておく。武器(スプーンやフォーク)を持ち込むのなら、ついでにライスの中に入っているスプーンも出して行く。

 ただこれカレーとライスを別々に買うので高価になっちゃうんだよね。おおよそだけどライス¥300+カレー¥300で¥600/食。
 このカレーのシリーズは「美味しい」という人が多いけど、個人的にはあまり変わらないと思ったので、どちらかと言えばこっちの方がお勧め、¥280/食。

 美味しいものを食べたければ下界に戻ってからの方がコストパフォーマンスが向上すると思う。

・行動食

 行動しながら食べる。日持ちすること、炊事が不要であること、片手でも食べられること、食欲がなくても入って行くこと、カロリーがあることが必要。山道具屋さんで買うと高いので各自工夫しても良く、例えばカロリーメイトなんかも使われているが、パサパサなので水分が潤沢に必要。

 カロリーメイトのチーズ味はお勧めしない。荷物の中で圧力がかかると粉になってしまうのだ。

 甘いのが好きなら羊羹もあり。一口サイズで売ってるのがある。

 山道具屋でも井村屋が企画したのが売っているけど少し割高。

・非常食

 暗くなり行動不能になった際に行動可能になる朝まで、もしくは遭難した場合に救助を受けられるまで凌ぐための食事である。非常用品の一環ではあるが登山における非常用品セット、2016年07月版には入れず、行動食と共通に持って登山口に帰り着くまでの路程が短くなるに従い行動食として消費し減らして行くことが多い。

・その他

 ゴミを出さないようにすること、出たら持ち帰ること。

関連記事:
登山における用具全般、2016年05月版

編集

|

« 登山における給水、2014年10月版 | トップページ | 小型テント生活のノウハウ、2014年11月版 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118328/60562492

この記事へのトラックバック一覧です: 登山における食料、2014年10月版:

« 登山における給水、2014年10月版 | トップページ | 小型テント生活のノウハウ、2014年11月版 »