« 皆既日食の電力調整に原子力発電所は無益 | トップページ | 登山における寝袋のカバーとシーツ、2015年06月版 »

2015年5月26日 (火)

テントポールのショックコード交換

Dscn6985 少し前の旅行中、アライテントのゴアライズ1のテントポール2本のうち1本のショックコード、、、ゴム紐が傷んでいるのに気がついたので交換することにした。

 中央で非常に細くなってしまっている。

Dscn6986 これが正常な箇所だ。

 同じ太さのままずっと続いている。

 今回確認で調べてみて傷んでいたのは1箇所だけだったので、1本交換すれば済むことがわかった。ただもう1本も同じ経年劣化とか、ストレスを受けているだろうから、ちょっと注意は必要だろうな、、、

Dscn6987 Amazonでこれを買って来た。糸巻きに巻かれている状態で届く。 

 古いゴム紐を外し、古いゴム紐と同じ長さに新しいゴム紐を切る。

 新しいゴム紐の片方に結び目を作り、エンドを通し、ポールに通して行く。
Dscn6988

  最後にエンドの外側で結び目を作って、ちゃんと折り畳めること、組み上げられることを確認して完了。 

思い立って始めてしまえば意外に簡単なんだけど、こういうのは始めるまでが精神的ハードル高いのだな(^_^;

今回使ったのはロゴス。30mで少し多すぎるが、まぁ自分のテントの一生分と、知人に聞かれた時に融通できるのと、ゴム紐が必要な時にも。

普通にはこのコフランが5.5mなのでちょうど良い量だろう。


 古いゴム紐を外して長さを測ってモンベル等m単位で切り売りするお店で切ってもらって買っても良いが、△11は店員さんが面倒だろうからやらない。

編集

|

« 皆既日食の電力調整に原子力発電所は無益 | トップページ | 登山における寝袋のカバーとシーツ、2015年06月版 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118328/61648068

この記事へのトラックバック一覧です: テントポールのショックコード交換:

« 皆既日食の電力調整に原子力発電所は無益 | トップページ | 登山における寝袋のカバーとシーツ、2015年06月版 »