« 登山における寝袋のカバーとシーツ、2015年06月版 | トップページ | 登山における寝袋、2015年10月版 »

2015年9月27日 (日)

農鳥小屋のオヤジ

 農鳥親父、あまりにウェブでの評判が悪いので、怖いもの見たさでこの夏8月農鳥小屋に宿泊した。

 小屋到着は17時。他のお客さんが食卓についてまさに「いただきま〜す」という段階である。
 怒鳴られてネタにするためではない。両俣小屋を出発する際にはヘッドライト点灯だったのである。行動食を食べつつ歩き続け、大休憩も取っていない。
 三峰岳への登りで時間が掛かったのだ。両俣小屋出てまもなく縦走の登山部の大学生と一緒になり、三峰岳まで同行したので、特別脚が遅いとも思わない。

 んでどうなったか。
△11「大変遅くなり申し訳ございません。予約を入れてあった○○(△11注:△11の実名)です」
オヤジ「○○。あぁ。聞いてるよ。夕飯は食うのか。じゃああっち(△11注:宿泊室)に荷物置いて来い。おぃ(△11注:他のお客に対し)そこ1人分空けてあげて。おぃ(△11注:従業員に対し)一人分作って」
 これで終わった。

 他の、毎度来ているらしいお客さんがこそこそ「今日は機嫌が良いねぇ、絶対に怒鳴られると思った」と言っていたので、怒鳴ることもあるのだろう。機嫌が良かったのなら偶然だが、予約を入れていたこと、遅くなったことをちゃんと第一声で謝罪したことが評価されたのであれば、普通のことである。

 だいたい、山小屋に宿泊するのに「わしゃお客だ、神様だ」みたいなツラして行くから怒鳴られるんじゃないの。
 そうでなくても、どういうことした人間がどうなっちゃったかを数々見て来て現地の厳しさを誰よりも知っているから、いい加減なことをしている人を見ると「そんなことしているとお前さん死んじゃうぞ!」と怒鳴りたくもなるんじゃないの。
 本来山小屋じゃなくたって、下界だって、「わしゃお客だ、神様だ」なんて態度、恥ずかしいから止めた方が良いよね。それが日本の接客業全体をブラック化しているんだろうし。

 現在Googleで「農鳥小屋」と検索を掛けるとトップに出るのは「二度と行くか!」と題する記事である。大雨雷雨注意報が出ている状況でテント泊し、「夜は風雨が強まったが、石を多めに置いておいたので問題なし」と書いている。
 しかしだね、、、問題なかったのは結果論であって、オヤジから見たら無謀に見えたんでしょ。もちろん本人から見て「問題なし」という判断もそれはそれで良いが、現地を知っている者から受けた「危険だ」という指摘は、それはそれで謙虚に受け止めれば良い話だ。

 不潔?
 布団が湿ってる?
 どういう場所か知ってれば、きっちり清潔にしたり、布団を干すのが困難なのは分かって言っているんだよね?
 別に「自炊するな」「寝袋持って来るな」なんて言ってないんだから、頼まず食事は自炊、寝袋持ち込みで寝れば良いんじゃないの。△11はツェルトと山小屋を併用しての縦走中で自前の寝袋を持参しており、それで寝たんでどんだけ湿ってたか知らないけどさ。

 朝宿泊室に来て言ってたのは「早く出発して、早く到着する、これが山での鉄則です」「今回持って来てない人は、次から是非ラジオとテルモスを持って来て下さい」「バーナー持っているからテルモス要らない、という人もいますが、風が強ければどんだけ覆ってもダメですからね!」。
 言ってることはまともだろ。
 山岳部や山岳会が廃れて、優しいばっかりのガイドブックやウェブだけ見て登山始める人が多い中、こういう見落としがちなポイントを教えてくれるところは少ない。まぁ△11はウェブで発信するよう心がけてはいるが。

 まぁ、事前にウェブで非難している記事を読んで推測はできていたが、農鳥小屋、個人的にはお勧め。こんな「まとも」なところが非難されてるなんて、世知辛い世の中だねぇ。まぁお前らは二度と行かなくても良いよ→非難組。つか、ここがまともと思えないなら、登山自体しない方が良いと思うぞ、「いつか山で死ぬ」とか「山で人に迷惑をかけまくっている」ってことかも知んねぇから。

編集

|

« 登山における寝袋のカバーとシーツ、2015年06月版 | トップページ | 登山における寝袋、2015年10月版 »

コメント

http://yama2iruyo.exblog.jp/23662253
>さてさて、農鳥親父の事をものすごく啓蒙しているような記事も見かけますが・・・正直それはどうなんでしょう?
>遅い時間にやっとの思いで辿り着いた登山者に、理由も聞かずいきなり怒鳴りつけるのは、私には「?」です。

何度も行っていてオヤジさんともそれなりに親しいこの人はむしろ苦言を呈しているんですがねえ・・・
知ったかぶりで「啓蒙」するはやめた方がいいよあんた。

投稿: | 2016年3月 2日 (水) 15時06分

本人の意見が正しくても、本人と親しい人が苦言を呈すると、正しくなくなってしまうのでしょうかね。
本人の意見が正しくない時にその旨の説明をした上で「親しい人も苦言を呈している」なら説得力になるのかも知れませんが、本人の言い分のどこが間違っているのか説明せずにそんなこと書いても「あぁ本人の意見の正誤について根拠なく否定ありきなんだな」と思うだけですね。

そもそもがよく分からないのですが「遅れて到着して怒鳴られる」ことが、山小屋の利用者にとってそんなに致命的なことなんでしょうか。
遭難した時、自然は親切に理由を聞いてくれますか?
「あぁ遅くなったのがそういう理由ならしょうがないね」と、暗くなった登山道に街灯をつけてくれるんですかね。寒い時にダウンジャケット貸してくれるんですかね。△11はそんな経験ないですがぁ。

言葉遣いは良くないのかも知れませんが、言葉遣いばかり聞いて、何を言ってるのか聞いてないのでは本末転倒ですわな。

啓蒙なんかしてないよ。「嫌なら使わなければいいのに、、、」っていうだけ。

投稿: プリズム11 | 2016年3月 3日 (木) 01時28分

農鳥小屋の検索で辿り着きました。私は以前農鳥小屋ではないのですが、似たような雰囲気の小屋で一泊させて貰ったことがあります。恥ずかしながら一緒に登った妹がそこの小屋のおじさんとコースタイムのことで口論してしまいました。おじさんは若い女の子にキツイ口調で言い返されたのがショックだったみたいで、その後静かになってしまいました。申し訳ないことをしたと思います。今の若い人は本来の山小屋がどういうものなのか知らないんだと思います。農鳥小屋のおじさんを非難している人も若者かも知れません。ぶっきらぼうでも言っていることは正論なのに。

投稿: | 2016年4月11日 (月) 11時17分

コメントありがとうございます。

厳しい自然の中でお客気分の無謀登山者対応に追われ、下界のホテルとの比較で「湿った布団と貧しい食事でこの価格は高すぎる」と非難され、登山ブームが続いている中、山小屋は本当に大変で困難だと思います。

山小屋に軽々しく文句を言っている人がいたら、分かっている人が教えてあげるべきだと思いますよ。だって軽々しく文句を言えるってことは、山の上がどんな場所か分かってないってことであり、遭難する危険は高いですからね。

投稿: プリズム11 | 2016年4月11日 (月) 15時12分

明日からの3連休に農鳥小屋でテン泊予定で検索してたら辿り着きました。
春に関西から山梨に越して来たのですが、関東は営業小屋があるだけ恵まれています。
山でビールが買えるんですよ。
シーズン中、山の中で何でも一人で仕切るのは大変な事と思います。
言葉が荒くなるのは仕方が無いんじゃないかな。
迷惑行為をされたわけでも無し。
けど色んな意味で期待して行って来ます♪

投稿: | 2016年7月15日 (金) 16時38分

 コメントありがとうございます。

 行ってらっしゃい。天気が良くなると、そして親父さんに気に入られるとイイですねぇ。またここで報告していただけると嬉しいです(^_^)

投稿: プリズム11 | 2016年7月15日 (金) 16時44分

7/16に行って来ました。
広河原を6時過ぎにでて間ノ岳で15時。
何とか16時ごろには農鳥小屋に着きました。
親父さんには怒られませんでした。
しかし相変わらず双眼鏡で後から来る登山者を眺めている姿は「話通り!」と嬉しかったですね。
水は1Lまで無料と言われていましたが、ついた日は体調を崩していたのでテント設営後スグに就寝。
翌朝、立つ前に水を貰いに行ったら怒られました。
けどすぐに「100円だぞ」と言ってくれました。
ホンマの昭和の親父さんですね。
私はまた行くつもりです。

投稿: | 2016年7月22日 (金) 15時03分

 コメントありがとうございます。

 お疲れ様でした。

 北岳周辺でどのルートを使うかにもよるのかも知れませんがだいたいコースタイム通りという感じでしょうか。

 あっちこっちで描かれている通りで笑ってしまいました(^_^)
結局ちゃんと親切にしてくれるんだから良いのにねぇ。あの親父に文句言ってる奴はきっと口先ばかりは優しい詐欺師に引っかかってるんだろうなぁ。

投稿: プリズム11 | 2016年7月22日 (金) 18時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118328/62361657

この記事へのトラックバック一覧です: 農鳥小屋のオヤジ:

« 登山における寝袋のカバーとシーツ、2015年06月版 | トップページ | 登山における寝袋、2015年10月版 »