« 登山におけるランタン、2016年03月版 | トップページ | 登山における小型軽量ハンドライト、2016年04月版 »

2016年3月26日 (土)

登山における大光量ヘッドライト、2016年03月版

 同じヘッドライトではあっても、登山において小型軽量モデルと大光量モデルは想定される用途が違う。小型軽量モデルは宿泊場所で手元足元を照らすのに使う。大光量モデルは夜道を歩く時に使う。
 ただ実際には夜道と言ってもまだ暗い早朝に出発し明るくなるまでヘッドライトを使う程度なら、まず小型軽量モデルで足りる場面は多い。
 というわけで大光量ヘッドライトはかなり上級者向けの機材で、だから欲しい人は自分で考えて選択すべき、特別お勧めモデルを提示するわけではない。自分向けのメモである。

 本当は、大光量モデルを持っているのに小型軽量モデルを併せ持つのは無駄なので、小型軽量モデルの機能を併せ持って欲しい。
 具体的には、例えば点灯しはじめから目が眩まない、手元足元を照らすための暗い照明もできて欲しい。
 ただこれは単3×2モデルならともかく、単3×4モデルでは常時携帯が負担になるから、あまり意味がないかも。つまり、小型軽量モデルを併用する旨割り切ってしまった方がモデル選定でも、実使用環境でも、ストレスが少ない。

 △11は入手が容易である点から電気機器の電源を単3に統一すべきだと考えている。
 また予備電池を含めた重量軽減の観点から電池の本数は少なければ少ないほど良い。すなわち単3×1が理想である。ただ中光量以上の機種でそれは無理なので単3×2。大光量を売りにする機種なら単3×3よりいっそのこと単3×4にして欲しい。ただ登山における大光量ハンドライト、2016年04月版に書いたように、△11の使う範囲で単3×4は筋が悪そうな気はする。
 無論普段運用するのは単3アルカリ電池ではなく単3ニッケル水素充電池である。ちなみにモンベルのカタログでは製品重量が電池抜/込の両方が掲載されていて、その差は23g/本。

 そのモンベルのパワーヘッドランプは、単4×3なので、△11基準では却下。

 タジマは、電池消耗で電圧低下しても明るさが変わらないような設計になっている。ただ最大光量モードだけは、表示光量を保つのは3分程だけで、その後は最大光量の72〜75%に落として保持するとのこと。こういう、細かいところを厳密に書いてあるのは素晴らしいね。
 えっ「300ルーメンって書いてあるのに3分後には225ルーメンって詐欺だろう」って。でもタジマがウェブに揚げているグラフを見る限り、他メーカー製品は3分どころか最大光量を数字通り出すのは点灯した瞬間だけでその後ダラ下がり、3分経過した頃には50%、ひどい製品は30%程しか出ていなさそうだよ。
 ちなみに携帯照明での唯一の公的基準ANSI/NEMA FL1-2009では光量が10%残っていれば、すなわち300ルーメンを謳うモデルで30ルーメンあれば「そのモードでの稼働時間」と認められてしまう。タジマは原則ANSI/NEMA FL1-2009に則りながら稼働時間だけは社内基準を設定し、70%、すなわち300ルーメンを謳うモデルで210ルーメン保持していないと「そのモードでの稼働時間」とは認めない。この方が人間の誠実な感覚に合致している
 ただし出自が作業用なので、「目的外使用」となる登山に使う場合には誠実にも限界がある。予備電池があって調達もできる前提で設計されている可能性が高いので「予備電池を持っていること」または「サブヘッドライトを持っており、それだけで最低でも下山はできること」または「大光量モードで使い切った後に使える小光量モードの光量と稼動時間で最低でも下山はできる旨確認できていること」が条件になる。
 型番は規則性がある。最初のアルファベットが種類。次の数字2桁が最大光量。最後の一桁が電池で単3が1、単4が2。例えばW151なら最大光量150ルーメン、単3ということになる。

 ペタ!W151。3136円税込。IPX6。△11はこれを選択した。

 最大光量150ルーメン照射距離73m稼働時間2時間30分、50ルーメン8時間45分、10ルーメン32時間の3モードで、切り替えは直感的に分かりやすいダイヤル式
 電池抜62g、単3×2がこれに加わり、本体に電池ボックスが内蔵される一体型なので頭の前で少しゴロゴロ感が出る
 マルチライトとある通りマグネットで鉄に貼り付けたり写真三脚に取り付けたりできる
 出自が建築作業用なので平均的な配光にしてあり、登山でルートを探す用途には不利かも知れないが、まぁそういう時には登山における大光量ハンドライト、2016年04月版に書いたようにハンドライト併用だろう。

 レンズは回転して収納でき保護になり、この場合自動的に消灯するという芸の細かさだ。それでも傷が多くなったらW151専用の交換プロテクターレンズもある。259円税込。


 Amazonリンクの写真では手で扱っているので当然手で脱着するものだと思いきや、硬くてなかなか外れない。取扱説明書にはヘッドバンドのバックルで外す方法が記載されている。

 W151にはシリコンバンドが付属する。消耗したら交換したいものなので、別売りもされているのはありがたい。この辺りもさすが業務用の産物である。ヘッドライトのヘッドバンドの別売り、登山業界ではペツルだけかな?

 登山には関係ないが、シリコンバンドが透明なのはヘルメットに書かれた社名やロゴを隠さず透けて見えるようにとのことだ。

 シリコンバンドは滑りにくいのでヘルメットをかぶって岩登りならそれで良いが、頭に直接装着すると汗が溜まったりして不愉快なので、一般登山用には普通の布ゴム?製ヘッドバンドも必要。
 LE-ZB2、△11が見た時には810円税込で送料が別にかかることになっていたので、これだけを近所の建築資材屋さんで購入した。

 W151はベースをバンドに残して簡単に脱着ができるので、一般登山と岩と両方やる人はシリコンバンドをヘルメットに付けっぱなしにしておき、普段は布ゴム?製ヘッドバンド、岩に来たらヘルメットに移設、でおっけい。何かの拍子に外れて落としたりしないよう、ベースにねじ込んである三脚小ネジを硬貨で外し、ベースを通して本体の三脚穴にねじ込むことで固定もできる。

 ペタ!E201N。6498円税込。IPX6、耐落下2m。3色ありそうなものだが、なぜか黒しかないようだ。
 最大光量200ルーメン照射距離89m稼働時間約5時間10分、100ルーメン9時間、50ルーメン約20時間(ウェブにメーカーが掲示している時間数値はリチウムイオン充電池使用時の数値なので、メーカーが点灯時間特性として掲げているグラフから勝手にニッケル水素電池使用時の時間を読み取った)の3モードで、その切り替えは直感的に分かりやすいダイヤル式。電池抜110g、単3×4がこれに加わる。

 以下で記述するE301Nとの比較で、安価である他に全く存在意義がないのは残念だ。機能で劣るのに、重量もわずかではあるが重い。

 シリコンバンドが付属し、LE-ZB5として別売りもされている。

 シリコンバンドは滑りにくいのでヘルメットをかぶって岩登りならそれで良いが、頭に直接装着すると汗が溜まったりして不愉快なので、一般登山用には別売されている普通の布ゴム?製ヘッドバンドも必要。LE-ZB4、1249円税込。

 タジマのヘッドバンドは小型軽量モデルでは横1本だったが、重量のあるこの大光量モデルEシリーズ用では頭頂を通るバンドを加えた構成になっている。滑りにくいし縁があるヘルメットに付けるシリコンバンドはどのモデルでも横1本。こういう作り分けからも誠実な熟慮が垣間見える。

 ペタ!E301N。7954円税込。IPX6、耐落下2m。3色ありそうなものだが、なぜか黒しかないようだ。

 最大光量300ルーメン照射距離121m稼働時間約3時間、150ルーメン5時間、50ルーメン約12時間(ウェブにメーカーが掲示している時間数値はリチウムイオン充電池使用時の数値なので、メーカーが点灯時間特性として掲げているグラフから勝手にニッケル水素電池使用時の時間を読み取った)の3モードで、その切り替えは直感的に分かりやすいダイヤル式。電池抜100g、単3×4がこれに加わる。ワイドとスポットが切り替えられる上に再点灯時以前使っていたモードで点灯するのは良い。
 ヘッドバンドは上述のE201Nと共通。

 ペタ!E301は単にE301Nに専用充電池が付属するもの。10676円税込。


 もちろん単3×4でも稼働可能だが、個人的には単3でしか運用する気がないので、E301Nとの比較では「要らないものが付属して高価になる」わけで、馬鹿らしい。

 ペツルは「コンスタントライティング」といって同じ光量を保つ建前なので比較できるかな。それにさすがは登山用、「電池消耗してるよ」と暗いモードになった時、その暗い光量は相当長時間点灯できる電池残量を確保してあるらしい。ただもう高価で詳細を見る気も失せる。一応イイカゲンに見たが明るくもない。型番の末尾HBとHB2があり、改良されているようで、下でも混同しているかも知れない。
 ここで挙げた製品にはないが、俯仰の支点は重心に置くべきところ、支点が下にある機種が多いのも、消耗に従い首を垂れそうで嫌だ。

 ピクサ1 E78AHB。5650円。単3×2。IP67水深1m。電池込160gなので、電池が23g/本とすれば電池抜114g。

 ピクサの中では基本モデル。感覚的に分かりやすいダイヤル式で最大光量60ルーメン3時間30分、20ルーメン16時間を切り替え。電池が1本じゃないからこっちに分類したけど明るくない。「防水モデルだから」と考え直そうにもあからさまに重い(T_T)4949
 電池残量が僅かになると自動的に暗くなってそこから10時間以上持続点灯。

 ピクサ2 E78BHB2。8600円。単3×2。IP67水深1m30分。電池込160gなので、電池が23g/本とすれば電池抜114g。

 感覚的に分かりやすいダイヤル式で最大光量80ルーメン3時間30分、20ルーメン26時間を切り替え。

 ピクサ3。8800円。単3×2。IP67水深1m。電池込160gなので、電池が23g/本とすれば電池抜114g。

 感覚的に分かりやすいダイヤル式で最大光量スポットビームで50ルーメン3時間照射距離55m、デュアルビーム40ルーメン6時間30m、ワイドビーム30ルーメン12時間を切り替え。電池が消耗するとサバイバルモードに切り替わり10時間以上15m。

 他のメーカーの製品は?
 あまり興味ない。だってどんどん暗くなって4時間後に30ルーメンになってるヘッドライトと、3時間210ルーメン超を保つヘッドライトを比較して「最大光量は300ルーメンで同じだけど、電池がこっちは4時間持つんだって!」なんて裸の王様で考えるのも馬鹿らしい。
 一応最低条件に合致する機種を列挙しておく。

 フェニックス
 スペックの数値だけ見ると「非常に明るいな」と思うのだが、タジマの箇所で書いた通り、これは新品電池で点灯した瞬間だけの数値だと思われる。Amazonではロクに情報がない機種もあるので、英文で探すことになる。
 点灯させた時に最大光量で点灯してしまう
ようだが、登山用に使う上でほとんど致命的な欠点だ。

 HL30、単3×2、5452円。IPX6、耐落下1m。電池抜86.6g。

 最大光量は「バースト」モードの200ルーメン照射距離40m1時間40分、「ハイ」100ルーメン4時間30分、「ミッド」45ルーメン10時間30分、「ロー」4ルーメン140時間、「SOS」45ルーメン、「レッドライト」1ルーメン。

 HL35、単3×2、8235円。IP68水深2m、耐落下1.5m。電池抜122g。

 高いスペックは14500という特殊な電池が前提で、ニッケル水素電池のスペックを探して記載した。最大光量は「バースト」モードの260ルーメン照射距離90m2時間、「ハイ」200ルーメン3時間18分、「ミッド」70ルーメン9時間、「ロー」30ルーメン18時間、「ムーンライト」0.5ルーメン600時間、「SOS」モード50時間、「レッドライト」1ルーメン100時間、「レッドフラッシュ」1ルーメン。

 HP15。単3×4、8850円。IPX6、耐落下1m。電池抜154.2g。

 最大光量は「バースト」モードの900ルーメン照射距離178mだが照射時間の記載がない。以下「ハイ」400ルーメン3時間10分、「ミッド」150ルーメン8時間、「ロー」50ルーメン44時間、「エコ」10ルーメン170時間。

 HP25。このモデルのみフェニックスの公式ウェブサイトには記載がないので、Amazonに挙がっているスペックに限定して記載する。単3×4、8880円。IPX8、耐落下1m。電池抜183.5g。

 最大光量は「ターボ」モードの180ルーメン4時間40分。以下「ハイ」90ルーメン10時間30分、「ミッド」45ルーメン10時間30分、「ロー」4ルーメン206時間。

 ブラックダイヤモンド。このメーカーは出自が岩登りという重量にシビアな業界ということもあるのだろう、単4が大好きで、単3を使うモデルは1つしかない。

 アイコン BD81070、単3×4、11880円。320ルーメン、照射距離100m。電池込230gなので、電池が23g/本とすれば電池抜138g。

 シングルクリックでメインライトが75%光量で点灯、ダブルクリックでライトが75%光量で点灯、それぞれ長押しで増減光できる。夜間には赤くて暗いモードも使える。この部分は申し分なさそうだ。

 マイルストーン
 最近モンベルショップ以外の大手登山屋さんは揃って置いている。電源が単3×4の機種はMS−C1とMS−C2がある。多趣味をやって来た個人的な感想を言うと、技術情報のほとんどない、雰囲気写真ばかりのカタログは非常に印象が悪い。要するにこういうメーカーは「こういうものを作りたい!」という気持ち=製品コンセプト=書くことがないのだ。
 登山用/キャンプ用で考えた場合、雰囲気を壊さない暖色(電球色というほど赤くなく、メーカーではナチュラルウォームカラーと言っている)、ベルクロテープでバックパックの肩ストラップにも装着できる後部電池ボックスに認識灯が装備されて後続者から見えるのは「登山用として考えた」ということだろう。
 が、、、それ以外の点を、これまでに紹介した製品と比較しながら見ていくと、かなり欠点が目立つ。最大の問題は点灯させた時に最大光量で点灯してしまうことだと思う。
 操作系も煩雑だ。スイッチはライト上部に2つ、下に1つ、電池ボックスに1つ。上部のスイッチは1回押しでそれぞれそのすぐ下のワイド/スポットのメインライトが最大光量で点灯、それぞれ5秒以内にもう1回押すとサブライトに切り替わる。メインライト/サブライトともに暗くする調光は長押し。一番暗くなった時点で1回点滅して今度は明るくなって行き、一番明るくなった時点で1回点滅して暗くなって行く。離した時点の明るさで点灯を続ける。下のボタンは機種で機能が違うので各機種に記述する。消灯時下のボタンを3秒長押しで3回点滅してロックされ、解除も同様。電池ボックスのスイッチは後部認識灯で、押すたび赤→緑→青→消灯。
 ちなみに電池抜/電池込の両方を掲示し、その差は29g/本になっている。

 MS−C1。単3×4。IPX5。電池抜約151g。メインライト1灯最大光量約350ルーメン照射距離120m稼働時間6約時間、約35ルーメン約50時間。サブライト約20時間。8424円。


 下のボタンを押すとフラット/スポットのメインライトが2灯とも最大光量で点灯し、その後さらに長押しで2灯とも120%10秒ブースト。
 ワイドメインライトのサブライトが赤色、スポットメインライトのサブライトが白色。色は迷彩のみ。

 MS−C2。単3×4。IPX5。電池抜約151g。メインライト1灯最大光量約350ルーメン照射距離120m稼働時間6約時間、約35ルーメン約50時間。サブライト約20時間。対象との距離により光量を自動調整する機能を持つ最上位機種。


 下のボタンを押すとフラット/スポットのメインライトが2灯とも最大光量で点灯し、その後さらに長押しでセンサーモード。
 ワイドメインライトのサブライト、スポットメインライトのサブライトともに赤。色は白のみ。

関連記事:
登山における照明全般、2016年04月版
登山における大光量ハンドライト、2016年04月版
登山における小型軽量ハンドライト、2016年04月版
登山におけるランタン、2016年03月版
登山における小型軽量ヘッドライト、2016年03月版

編集

|

« 登山におけるランタン、2016年03月版 | トップページ | 登山における小型軽量ハンドライト、2016年04月版 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118328/63397613

この記事へのトラックバック一覧です: 登山における大光量ヘッドライト、2016年03月版:

« 登山におけるランタン、2016年03月版 | トップページ | 登山における小型軽量ハンドライト、2016年04月版 »