« 登山における電源、2016年08月版 | トップページ | ニコンフッドリスト »

2016年8月26日 (金)

登山における生活時間

 最近ヤマプラを使っている。便利で良いサイトだと思うが、計画を立てる際に違和感があるのは出発時刻のデフォルトが8時になっていることだ。

 あり得ない。

 夏山での生活時間は、下界生活の3時間前倒ししたと思って貰えばだいたい間違いない。
 朝起きるのが3時でも珍しくなく、その場合ゴソゴソしだしても誰も文句は言わない。歩く距離が長ければ前倒しするしかないからだ。その場合もちろんまだ寝ている人も多いわけで、できるだけ静かにするのは当然だが、、、それは下界生活でまだ皆が寝ている6時に出かける準備をする時と同じ。
 朝食、山小屋では大抵5時に出される。テント場でもだいたいそのくらいに食べていると思う。
 出発は5時30分でも「今日は歩く距離が短いからね」という人を除いて「遅刻ギリギリ」という感じ。6時になれば連泊者を除いてスッカラカン。

 目的地到着は15時までを目標とする。結果として遅くなっても16時。
 山の中で道を間違えると1時間くらいはすぐに経過してしまう。日没が19時としてその時間まで歩く予定で組んでしまうと、目的地にたどり着けず山の中で暗くなってしまう。暗くなればほとんど行動不能、準備良い人でも野営、悪けりゃ遭難だ。夏山は午後になると天気が崩れることが多く、雨になれば道が滑る、視界が狭いので標識等見落とす、暗くなるのが早くなる、と相乗的に危険性が高まる。小屋泊の場合には先方の食事の準備もある。
 下山時に最後の林道歩きとか、分かりやすい一本道である旨明らかだという場合にはもう少し遅くまで行動する前提で予定を組む場合もあるが、あくまで例外である。

 すなわち夏山登山での「勤務時間」は6時から15時、うち1時間が休憩とすれば「実働」8時間。

 夕食は山小屋の場合普通17時だと思う。

編集

|

« 登山における電源、2016年08月版 | トップページ | ニコンフッドリスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118328/64113705

この記事へのトラックバック一覧です: 登山における生活時間:

« 登山における電源、2016年08月版 | トップページ | ニコンフッドリスト »