2013年9月26日 (木)

ベテルギウスの超新星爆発近し、はデマ

 本当に生きている間に銀河系内での超新星爆発を見られるなら天文ファン冥利に尽きるし、30年以上前から楽しみにはしているし、明日起こっても別に不思議ではないのだが、この記事書いていることおかしいね。

地球を間もなく2つの太陽が照らす: The Voice of Russia
》間もなく千年に一度の天体ショーを目撃するチャンスが訪れる。ハ
》ワイのマウナケア天文台の内部情報によれば、赤い巨星ベテルギウ
》スがここ16年間球形を保てなくなっている。極と極とは急速に圧縮
》され、赤道は遠心力のためかろうじて維持されている。数週間ある
》いは数ヶ月以内に超新星爆発が起こる明白な兆候である。
》地球からは次のように見える。夜空の一角が突如輝きを増す。その
》明るさは最低でも満月と同等、もしかしたら太陽と同程度になる。
》その状態が6週間続く。つまり一ヶ月半の間、地球の一部区画に「白
》夜」が訪れるということだ。残りの区画でも「昼」が数時間延長す
》る。
》やや誇張した。爆発から2、3週間後、光は衰えはじめる。
》地球人が最後にかような天体ショーを目撃したのは1054年のこと。

 まず、「マウナケア天文台」なんてないやろ。マウナケアの条件が良いのでいくつも天文台が集まっているだけ。マウナケアにあるどこの天文台の話か分からない上に「内部情報」なんて検証しようがない。検証して欲しくないからそうしたのかも知れないが、、、

 「数週間あるいは数ヶ月以内に超新星爆発が起こる明白な兆候」が「球形を保てなくなっている」ことであるならば、その状態になってから「ここ16年間」経過しているのは矛盾だ。そうでないならば「数週間あるいは数ヶ月以内に超新星爆発が起こる明白な兆候」の内容は何も書いてない。

 残念ながらデマだねぇ、、、

 1054年ってのはその残骸が「かに星雲」として知られている超新星爆発で、距離は7200光年。最大光度は金星程度、2年間光っていて、うち23日間以上昼でも見えたという。ちなみに金星は明るさがかなり変わるけどー4等星とかそんな感じ。
 ベテルギウスは距離600光年とずっと近く、超新星爆発時に予想されている明るさはー11等と、人類の記録にある超新星爆発の中で一番明るくなる可能性が高い。しかしそれでも半月より少し明るくなる程度。
 「最低でも満月と同等、もしかしたら太陽と同程度」ってあぁたー26.7等星とも言われる太陽と同程度に明るくなるわけないじゃんよ(T_T)4949
 満月がー12.7等、太陽がー26.7等として明るさの差は約40万倍でっせ。「やや誇張した」で逃げてるつもりなのかねぇ。マッタク嘆かわしい。
 この分だと、爆発したのが結果として10万年後でも「数週間あるいは数ヶ月以内」って表現も「やや誇張した」だけなんだろうね(3ヶ月×40万=10万年)。

 いやしくも科学記事の形式を取ったのなら、欠片でも誇張するなや。

 「千年に一度の天体ショー」「地球人が最後にかような天体ショーを目撃したのは1054年」も嘘。肉眼で見えた超新星爆発の記録は185年、393年、1006年、1054年、1181年、1572年、1604年、1987年の計8件がある。 2000年間に8回とすれば「250年に一度の天体ショー」でしょ。
 1987年のは銀河系内ではなくお隣の大マゼラン星雲でだったので、最大2.9等と他との比較ではショボかったのだが、、、
 言うまでもなく、肉眼では見えなかったが望遠鏡では見えたものを含めれば、人類により観測された超新星爆発は結構な数になる。

関連記事:
神の目ってか(苦笑)
マヤ予言

編集

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月22日 (土)

マヤ予言

 2012年12/21に世界は破滅するはずだったらしい。

 ハレー彗星にしろノストラダムスにしろジュセリーノにしろ今回にしろ、世界破滅予言なるものを本気で信じた馬鹿者ども、この世から去りなさい。死ぬ覚悟はしたんだろうからそれで結構でしょ。どうせ破滅しなかったことに感謝もせず次の予言で騒ぐだけの人生なんだから、存在するだけまともな人の迷惑。

 温暖化だの核兵器だの自然災害だのとちゃんと現実に破滅因子があるんだから、下らんヨタ話で右往左往する暇があったらそっちに対応しろよ。

関連記事
ベテルギウスの超新星爆発近し、はデマ
神の目ってか(苦笑)

編集

| | コメント (1)

2011年12月27日 (火)

フィルムの浮き上がりによるピンぼけ

 この問題は、カメラ業界プロパーの人間にはあまり知られていない。いや、そこまでひどくはないか。昔からカメラ業界でも巻き癖を避けるため、例えばミノルタやマミヤの二眼レフカメラはフィルムを上から下に給送したし、マミヤプレスホルダーは異様に長くなった、、、が、天文業界とはやはり受け止められている深刻さが全然違っていたと思う。

 なぜ天文業界でこの問題が深刻に受け止められていたかと言うと、一般写真より露出時間が長く、かつ要求されるピント精度が厳しいからである。
 天文写真での露出時間は短くても5分、長いと数時間にも及ぶ。巻き上げて直後、1/125秒の間だけ浮き上がらずに済めばOKの一般写真とはわけが違う。
 ピント精度が厳しいのは、被写体に完全点光源があり、全画面ピント位置が無限遠だからである。ほんの少しでもズレると目立つのだ。カメラ業界プロパーの人には全く話題に上らなかったが、天文業界では「オートフォーカスに移行してからの○○○○のカメラは使い物にならないよね」と当然のように言われていたりした。無限遠のピントが、天文写真が要求するレベルでは出ないのだそうだ。

 そういうわけで天文業界では120フィルムは真空吸引が当然、までは行かないまでもかなり一般的な話であった。1980年代、普通の天文ショップがマミヤプレスホルダーやペンタックス6×7の裏蓋を吸引式に改造していたのである。
 120フィルムばかりではない。135フィルムを使用する一眼レフカメラの裏蓋を真空吸引改造しているショップがあったし、「星野写真を撮影する際には巻き上げた後でいちいち巻戻クランプをガムテープで固定すべし」と書いている記事を読んだこともあった。

 特に1986年、ハレー彗星の回帰に当たってかなり大きな問題になった。この回帰は北半球であまり条件が良くなく「次は2061年、俺っち見られるかどうかわかんね」というわけで、条件の良い南の島に向け、初めての海外に旅立った天文ファンが多くいたのである。
 行った先が高温多湿だと、フィルムの巻き癖が普段より強く出る。普段コンテストに入賞している人が「海外へハレー彗星を撮影に行く」ってんで本人も周囲も期待してたら、全部ピンぼけだったなんてことが結構あったらしい。

 しかし、実際には一般写真しか撮らないアマチュアカメラマンも、フィルムの平面性については悩まされていたのではあるまいか。
 △11の親父が撮影した写真が全部ピンぼけだったことがあった。なぜこの時だけ強く出たのかは分からないが、一画面の中でもボケ方にムラがあったこと、またコマごとに大きな差があること、其の次のフィルムでは問題なかったことなどから、機材の問題ではなかったと思う。この時のフィルムだけちょっと装填しっぱなしの時間が長かったのかも知れない。

 初めてデフォルトで真空吸引機構を装備したコンタックスRTSIIIについて「35ミリフィルムではフィルム面の平面性の問題は聞いたことがない」と書いていたプロカメラマンがいるが、これはバンバン撮ってその場で現像に出してしまうからではなかろうか。それこそ機材を評論する人はプロカメラマンであろうから、この問題は見過ごされていた可能性が高い。

 余談になるが、その真空吸引機構を装備したコンタックスRTSIIIを天文ファンが喜んで使ったか。△11はその時代天文業界にいなかったので分からないが、使わなかっただろうと思う。真空吸引機構が必要なら、中古の全機械式カメラを購入してメーカーに点検してもらった上、どこかの天文ショップに吸引改造してもらえばずっと安価に済んだからだ。
 そもそも、天文写真用カメラへの要求は「無限遠でピントが正確に出ること」「シャッターのBが機械式で、気温に関わらずちゃんと開き、閉まること」だけと単純だ。だからコンテストの使用機材はニコマートFTnだのペンタックスSVだのオリンパスOM−1だのがずっと後まで幅を利かせていた。
 それに、カメラ業界プロパーの人でも「コンタックスRTSIIIは、ファインダーを通して見る景色が美しく見えることを優先した結果、マットが素通しに近くてピントが出ない」と言っていた。これが本当なら、鳴り物入りの真空吸引機構なんか何の意味もなかったわけだ。しかし今になって素朴な疑問だが、プラナー85/1.2なんぞで女性ポートレートを撮影していたプロカメラマンはどうやってピントを合わせていたのだろうか。

 皆がデジタルカメラに移行した今、平面性の問題は解消された。撮像素子は温度湿度等あらゆる条件に関係なく平面である。
 デジタルカメラの人気が高い原因の一つは、無論フィルム代や現像代が掛からず、また撮影直後に結果を見られることであることは言うまでもなかろうが、撮影頻度が低くてもピンぼけにならないから、ということも少しは寄与しているのではないかと△11は疑っている。

編集

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月11日 (金)

趣味人生の手じまいに向けて

 最近いくつかの事柄から、趣味人生の手じまいについて考えさせられている。

 利用者様の家に行った時のことだ。そのお宅はかなり裕福で、普通に暮らして行く分には大きい問題はない。「あなたの仕事には関係ないだろうけど」という枕詞付きで話してくれたこの家の問題は、趣味の設備や物品の維持・管理であった。例えば、趣味用の別棟が土台から腐っていて改修となると相当な費用と手間が掛かりそうなのである。ご主人は趣味をする時間はあるが脳梗塞が頻発するようになり体力面でも気力面でも無理が利かなくなって、先日も庭の水まきをしていて調子を崩ししばらく入院するハメに陥ったという。「若い頃はあまり先のことを考えないで趣味を拡張して来たけれど、今になると負担になるばかりやねぇ」と仰る。

 これを聞いていて連想したのは、いくつかの私設天文台の辿ったであろう行く末だった。1980年代後半にはハレー彗星に伴う天文ブームで、私設天文台が皆の憧れだったから、別荘を兼ねて建設したという記事が雑誌面を賑わしていた。しかし建てた人が年を取ると、使う人も修理する人もいないから荒れるばかりだったろう。売ろうにも若い人の間では趣味をやっている人は少ないし、やっていても欲しがる機材のトレンドが違う。人生の資産の大きな部分を投入して建設したのであろうが、後は処分費用がかかるばかりである。これはヨットや別荘の趣味でも全く同じことが言える。
 カメラやコンピューターなど前述の趣味と比較すれば設備が小さく済む趣味と言えども事情は同じであり、使いもしない機材が邪魔になる時期は来る。

 無論まだ具体的に手じまいを始める時期ではないと思う。しかしいつ手じまいをどのように始めて進行させて行くか、少なくとも今後大きく拡張する際には慎重にということは考え始める必要があるだろう、とは思う。

編集

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月21日 (土)

高倍率=粗悪望遠鏡

 かなり以前から言われていることなのだが、高倍率を売りにしている望遠鏡は間違いなく粗悪品である。
 それはいい。もう分かり切ったことで、粗悪高倍率望遠鏡を糾弾するウェブページがあって「高倍率望遠鏡」でGoogleの検索を掛けても宣伝より先に糾弾が来るほどなので、詳細はそちらに任せる。まぁ、そういうウェブページがすでに存在する限り、粗悪品を売る側も対策をして「高倍率をセールスポイントにしている望遠鏡は粗悪品です」と謳ってバローレンズを外しただけの同じセットを売っていたりすると思うが、、、

 それより思うのは「そりゃあ騙される人は多いより少ない方がいいけど、別に高倍率を売りにしている粗悪品に騙される人がいても別にそう困ったことでもないんじゃね?」ということである。

 望遠鏡を買うお金は老後の資金だろうか。子供の教育費であろうか。今日明日の飢えを凌ぐための食費であろうか。んにゃ、間違いなくなくなっても痛くも痒くもない可処分所得である。もしなくなって困るお金を望遠鏡につぎ込んでいるのならそのこと自体が問題なのであって、粗悪品メーカーが責められるべき問題ではない。
 望遠鏡を買って、粗悪品だったら何が困るだろうか。何も困らない。誤解を招く書き方かも知れないが、だいたいが天文ファンに「素晴らしい」と言われている望遠鏡を買ったところでたいして見えるわけではないのである。とても遠くから来る光はどれだけ元が明るい星の光であっても非常に弱い。それが世界有数の先進国、日本の光害に遮られている。その現状に対して例えば100万円ばかしのコストで望遠鏡を作ったとして何ができるというのか。つまりそもそも「どの望遠鏡を買ったら色々素晴らしく見えるでしょうか」なんて話が幻想なのである。どんな望遠鏡を買おうがびっくりするほど見えるということはない。そういうものなのである。
 素晴らしい画像を見たければハッブル望遠鏡が撮影した画像を見にNASAのウェブページに行くことだ。

 では望遠鏡を自分で買う意味はないのか。粗悪望遠鏡を売って結構なのか。
 そうではないだろう。何百年(対象によっては何千万年)も前にその場所を出た光そのものを、自分の眼が間違いなく捉えているということは素晴らしいことではなかろうか。そのためには相応のコストが掛かるのは当然のことだ。そしてそう思わないのなら望遠鏡なんか欲しがるべきではないのである。

編集

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月18日 (金)

名古屋科学館の新プラネタリウムはツァイス製

 少し前から話題になっていた名古屋科学館の新型プラネタリウムであるが、聞き耳を立てているにも拘らず全く具体的メーカー名が聞こえて来なかった。今日何気なくインターネットで遊んでいたら発見したので書いておく。

 最初に挙げるのはYOMIURI ONLINE「名古屋市科学館新プラネタリウム投影機に独の最高機種」。「コニカミノルタプラネタリウム(大阪市)がカールツアイスの投影機を仕入れ、周辺機器なども含めた全体のシステムを請け負う」とある。

 次はカール・ツァイス。プレスリリースにCarl Zeiss Equips World’s Largest Planetariumってのがあり、この内容が「Carl Zeiss has received an order for a planetarium projector of the type UNIVERSARIUM Model IX from the Japanese city of Nagoya.(△11意訳:カール・ツァイスはプラネタリウムプロジェクター「ユニバーサリウム9型」の注文を日本の名古屋市から受けただぁよ)」であった。
 ちなみにカール・ツァイス・ジャパンはこの話に関わってないのか最新情報に出していない。

 で、仕様を調べてみたら「6.55等級までの9,100個の星」、、、って世界で初めてプラネタリウムを作ったカール・ツァイスの最高機種がこの程度かぃ。こんな程度のブツをはるばるドイツから輸入するならなんで日本が世界に誇るメガスターを入れないんだ。五藤光学のケイロンでも良いではないか。かなりがっかりである。

 それとも「可視限界以下の星まで表示すると異次元のリアルさが出る」と聞いただけでそう思い込んでいる△11が間違っているのか、、、

編集

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月 1日 (土)

子供の科学1977年2月号

Scan0199  これは当時から△11の家にあった書籍だ。多分当時定期購読していたのだろう、昔はずらっと揃っていた。

 実家を壊す時この一冊を引き揚げたのは「パイプオルガンをつくる」が記事にあったからだ。記事になっている辻宏さんは岐阜県白川町で廃校になった小学校の校舎でパイプオルガンを製作しているという。
 実に30年前の記事だが、今はどうなっているのだろうか、、、と思って調べてみたら、辻さんは1964年に座間市に辻オルガンの工房を設立し、1976年に工房を白川町に移転したというから記事になったのは移転したばかりの頃だったのだ。そして2006年に亡くなったそうだ。この記事を見て「いつか工房を見に行ってお会いしたい」と思っていたが、間に合わなかったわけだ。まぁ間に合わなかったと言ってもここまで放置したのだから当然の結果であろう。合掌。

 表紙にも見えている「砂糖より甘い植物成分」という記事には当時全く一般には見掛けなかったが今では誰でも知っている「ステビア」の紹介がされていたりする。

 この種の本が家にあったことが現在の多趣味に繋がっている。マイクやラジオや金属探知機等のエレクトロニクスキット、ハム、望遠鏡、顕微鏡、オーディオ、鉄道模型、、、ありとあらゆる趣味が掲載されていて、昔の△11は全部やりたかったので、何もやることがなくなったらこの本を引っ張り出せば良い。

編集

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 7日 (土)

神の目ってか(苦笑)

 最近何人かからこういう情報が入っている。
 引用は「3000年 NASA」で検索して最初に引っかかったサイトから。

10025173806 》ナサのハブル望遠鏡撮影。
》「7つの願いをこめて」
》「この写真はナサの天体望遠鏡で撮影されたもので、
》3000年に一度と言われている大変珍しい現象です。
》これは「神の目」と呼ばれています。
》この目を見つめる者には多くの奇跡が訪れると
》いわれており、
》見るものがこれを信じる信じないは関係なく、
》7つの願いが聞き届けられると言われています。
》とにかく試してみて、どのような変化があるか、見てみてください。
》この知らせを、「そのかたの願いが叶いますように」と思いを込めて、
》たくさんの方にシェアして下さい。
》自分だけで独り占めはしないこと。
》今日から七日までが最も強いパワーだそうです。
》以下、宇宙博士ヨネヤンからのコメントです。(参考まで)
》この画像は、NASAのハッブル宇宙望遠鏡が撮影した、みずがめ座の
》惑星状星雲NGC7293です。通称はラセン状星雲と呼ばれており、
》寿命が尽きた恒星が、膨張して外周部を周辺に放出した姿です。

 あのぅ。3000年に一度って、人間界ではともかく天文界ではそう珍しいこととは言えないんだが。そもそも長いこと肉眼以外の観測手段を持っていなかった人類の誰が3000年に一度であると認定できるんだ。
 それから、まさにそのサイトですら「みずがめ座の惑星状星雲NGC7293です」と書いてあるのに、なぜそれが「珍しい現象」なのだ。惑星状星雲が発生した原因は珍しい現象かも知れないが、惑星状星雲自体は珍しくも何ともなくずっとそこにありますなぁ。

 アストロアーツの記事であるが色鮮やかな宇宙のらせん 惑星状星雲NGC7293にまともな解説がある。

 この写真だけでなく、NASAのハッブル望遠鏡のサイトにはすさまじく神秘的な写真が一杯ある。宇宙100億年の歴史の中でできた景色である。△11は常々言っているのだが、人間が色々考えて創造するより素晴らしい作品ばかりである。
 それは誰かが作ろうと思って作った美術品ではない。言うなれば神の作品である。その凄まじい美しさを見て、長くても100年かそこらで死ぬ個人の願いなんぞと関連させる神経が分からない。回すならなぜ「NASAのサイトに素晴らしい写真があるよ」というチェ−ンメールでないのだろうか。こんな薄っぺらな神秘主義を振り回している軽薄な人類の未来は暗いと思う。

 今これを読んで「ロマンのカケラもないなぁ」と思ったそこのバカ、この星雲についてすでに科学が解明した現実の方がどれだけロマンがあるか考えてみましょうね(^_^)
 この目を見つめる者には多くの奇跡が訪れる、、、っててめぇの言うロマンってのは煩悩満足のことかぃマッタク。

 この星雲までの距離はおよそ650光年だから、今見えているのは日本史で言えば南北朝時代の姿である。mに直すと約6149000000000000000kmだろうか。アストロアーツの記事はこれを「近いところにあり」と書いている。直径は3光年ほどだから28380000000000000kmほどだ。

関連記事:
ベテルギウスの超新星爆発近し、はデマ
マヤ予言

編集

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年11月27日 (月)

双眼鏡の瞳径

 昔、とここで言うのは1980年代後半のことであるが、天文用に双眼鏡を選ぶなら瞳径7mm、が常識だった。
 代表的なスペックはニコン 7×50トロピカル(△11の天文台)に代表される7×50の7.14mm。そしてハレー彗星の頃から加わった11×80の7.27mm、ニコンはニコン 10×70(△11の天文台)の7.00mmがこのクラスに当たる。
 ツァイスで天文用とされていたツァイス 7×42B/GAダイアリートT*P*(△11の天文台)の6.00mmが少し物足りなく思えたものである。

 しかし、当時から「瞳径7mmは不要なのではないか」という議論はあった。
 確かに人間の瞳径は最大7mmになる、と言われている。しかしそこまで瞳孔が開く状況がどれだけあるか。
 日本の空はだんだん明るくなって瞳孔は開きにくくなっている。そして本当に真っ暗な状況でもそこまで開くのは若い人間だけである。7mmの円に手持ちで7mmの円を合わせ続けることは事実上無理である。

 ではツァイスやニコンといった「よく分かっているメーカー」が7×50のような瞳径7mmを超えるスペックを設定した製品を生産しているのはどうしたことであろうか。
 この手の双眼鏡は従来言われて来た「天文用」より「マリン用」が主眼なのではないか、と思う。
 船は揺れ、双眼鏡はその甲板上にて手持ちで使用される。夜間も使うために最大限視界は明るくなければならない。それならば光が瞳からこぼれるのを承知で大きめに設定するのも必然性がある。倍率は高く出来ないが手持ちで倍率を高くしても見にくくなるだけなのでそれで良いのだ。
 まぁ天文用としても同じ考え方で良いのかも知れないが、少なくとも「瞳径が7mm未満なら天文用ではない」という考え方は成り立たないように思う。

編集

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月15日 (水)

ミノルタ ハイマチックF

 写真を始めたくなったのは、それ以前からやっていた天文の趣味で写真も撮りたくなったからだ。それで△11が親に借りて最初に使ったカメラがこれだった。

 望遠鏡に装着して撮影出来るのは基本的にはレンズを外せる一眼レフで、レンズ付きのカメラはコリメート法という、言ってみれば邪道でしか装着出来ない。望遠鏡に装着せず星野写真を撮影するならシャッターを開けっ放しにできるバルブが必要になるがこのカメラにはない。
 写真の趣味として撮影するにしても望遠レンズなど使いたくなると一眼レフ、ということになる。マニュアル露出も個人的には欲しい、、、というかフジ ベルビア(△11のカメラバッグ)をはじめとするポジフィルムを使って「このフィルムこそ△11の写真に必要だったものだ」と思って以来マニュアル露出、せめて露出補正は必須のものとなった。
 そういうわけで色々不満はあったが、借りて使うのにそんなに贅沢は言えないのである。次にニコン FEを借りるまで主力、というか唯一のカメラとして使った。

編集

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

△11のオーディオルーム | △11のカメラバッグ | △11のスキーケース | △11のバックパック | △11の乗り物 | △11の介護福祉 | △11の天文台 | △11の工具箱 | △11の教育 | △11の時計 | △11の鉄道省 | △11の電算室 | △11の音楽スタヂオ | アウトドア | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | オーディオ | ギャンブル | グルメ・クッキング | ゲーム | コダクローム200 | シグマ21〜35/3.5〜4.2 | スキー | スポーツ | ニコンクールピクスL23 | ニコンD1 | ニュース | バイク | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | ベルビア | ペット | ミニカー | 万博 | 介護・福祉 | 住まい・インテリア | 写真とカメラ | 写真の作例 | 双眼鏡 | 天文 | 学問・資格 | 工具 | 心と体 | 恋愛 | 携帯・デジカメ | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 時計 | 書籍・雑誌 | 楽器 | 海と船 | 災害 | 登山 | 経済・政治・国際 | 自動車 | 自転車 | 航空機 | 芸能・アイドル | 趣味 | 鉄道模型 | 音楽 | 1980年代 | Aiマイクロ55/2.8S | Ai20/3.5S | Ai24/2.8S | Ai28/2.8S | Ai35〜105/3.5〜4.5S | Ai35/1.4S | Ai35/2S | Ai50/1.4S | Ai80〜200/4.5 | AiAFED80〜200/2.8D | Cxゾナー50/1.5オプトンT | Cxビオゴン35/2.8カール | E75〜150/3.5 | P105/4 | REXディスタゴン35/4