2009年9月11日 (金)

趣味人生の手じまいに向けて

 最近いくつかの事柄から、趣味人生の手じまいについて考えさせられている。

 利用者様の家に行った時のことだ。そのお宅はかなり裕福で、普通に暮らして行く分には大きい問題はない。「あなたの仕事には関係ないだろうけど」という枕詞付きで話してくれたこの家の問題は、趣味の設備や物品の維持・管理であった。例えば、趣味用の別棟が土台から腐っていて改修となると相当な費用と手間が掛かりそうなのである。ご主人は趣味をする時間はあるが脳梗塞が頻発するようになり体力面でも気力面でも無理が利かなくなって、先日も庭の水まきをしていて調子を崩ししばらく入院するハメに陥ったという。「若い頃はあまり先のことを考えないで趣味を拡張して来たけれど、今になると負担になるばかりやねぇ」と仰る。

 これを聞いていて連想したのは、いくつかの私設天文台の辿ったであろう行く末だった。1980年代後半にはハレー彗星に伴う天文ブームで、私設天文台が皆の憧れだったから、別荘を兼ねて建設したという記事が雑誌面を賑わしていた。しかし建てた人が年を取ると、使う人も修理する人もいないから荒れるばかりだったろう。売ろうにも若い人の間では趣味をやっている人は少ないし、やっていても欲しがる機材のトレンドが違う。人生の資産の大きな部分を投入して建設したのであろうが、後は処分費用がかかるばかりである。これはヨットや別荘の趣味でも全く同じことが言える。
 カメラやコンピューターなど前述の趣味と比較すれば設備が小さく済む趣味と言えども事情は同じであり、使いもしない機材が邪魔になる時期は来る。

 無論まだ具体的に手じまいを始める時期ではないと思う。しかしいつ手じまいをどのように始めて進行させて行くか、少なくとも今後大きく拡張する際には慎重にということは考え始める必要があるだろう、とは思う。

編集

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月24日 (木)

設備委員のお仕事

 以前働いていた老健には例えば事故対策委員とか衛生委員とかの色々な委員会があって、職員は何らかの委員会に所属することになっていた。で、男性職員はほとんど例外なく設備委員に配属されており、△11も例外ではなかった。

 設備委員とは、まぁ改めて説明するまでもなく施設の設備の保守管理をする係である。最初は「バイクの修理とか防水工事の経験もあるから他の奴よりは適任でしょ、故障の報告が来たら対応するだけだ」と軽く考えていた。実際当初は「車椅子のタイヤがパンクした」「居室箪笥の把手が外れた」「居室箪笥の引出前板が外れた」等々故障の報告が入って来たら修理するだけである。
 しかし、だんだんそのとてつもなさが見えて来た。一つ一つは難しくないものも多いのだが、何しろフロアー定員100名、デイケア定員30名の大規模施設である。例えば引き出しの修理で言えば、ある日は夜勤が明けた後引き出しを2つ修理してから帰った。ある日は木工用ボンドを行事の準備に持って行かれており探すのに何時間も掛かった。

 そのうち「こりゃ抜本的に管理して抜本的に対策して故障自体を減らし、かつ発見→修理までの時間を短縮しないとやってられんな」と思い始めた。

 最初に考えたのはよく起きる故障の修理に必要な部品の備蓄である。故障のたびに発注していては時間が掛かって仕方がない。
 しかし前述木工用ボンドは再び行事の準備に持って行かれ、最終的には設備委員専用と明記して備蓄した。引き出しの把手、パンク修理のパッチやムシも大量発注を掛けようとしたのだが、これに待ったが掛かった。総合的に考えれば設備委員が修理した方が安価に決まっているし、「修理をしよう」→「部品がない」→「発注しよう」なんてやっていたら見えないコストがどんどん掛かるので、それと比較すればただに近い部品を少し多めに注文しておくくらいどうでもいい話なのだが、実際に部品が発注されると官僚的観点から「それ何年分?今年必要なだけにしてね」という圧力がどこからかあるようなのである。当然ながら「大量」と言っても当座必要な分の数倍しか発注していないわけで、馬鹿馬鹿しい話である。

 もう一つは車椅子の個別管理。修理歴が分かれば、と思って始めたのだが、しかしこれは全く思った通りには行かなかった。
 最初は一部署ずつ調べ始めたのだが、一度全部調べたはずなのに次回行くと数えていない車椅子がある。原因はすぐに分かった。車椅子は2Fフロアー、3Fフロアー、デイケア、リハビリ、玄関等多数の部署に配備され、移動しながら運用されているからである。一日で、いや一瞬で全ての車椅子を調べ上げなければならない。これは言うは易いが大変である。前述5カ所をある一瞬で全部数えたとしても、フロアーの利用者が車椅子に乗って4Fにある風呂に行っているかも知れないし、外出許可を貰って外出しているかも知れない。また当初はシールを貼って個別認識をしたのだが、それが剥がれたり、事情を知らない職員によって他の車椅子に貼られたり、で何度もやり直しをした。そういうわけで最後まで「施設には実際に何台車椅子があるのか」は把握できなかったように記憶している。

 電動ベッドの修理に関しては成功した方だったと思う。
 これが動かない間は職員の介護負担が非常に大きくなるし、どうしても必要な利用者がいれば一時的にでもベッドを入れ替えなければならない。出張修理となれば費用も嵩むのでこれは大きな問題であった。
 構造が分かるまでが大変で「コストダウンと早期修理のためには分解して修理したいが、壊したらアレだし、、、」という逡巡の後決意してモーターハウジングを分解、端子外れを発見した。その後も施設で報告された「故障」の全ては単なる端子外れが原因であり、設備委員だけで対応可能になった。
 ここで施設の運営者に申し上げたいのは「コストダウンを軽々に言って欲しくない」ということだ。結果を見れば「単なる端子外れを発見して修理した」というのは小さいことに見える。それで何万円も浮くのなら「当然職員でやるべきだ」と思うだろうし、次に似た事例が出て来た時にも「この前みたいにやってよ」と思うだろう。しかし△11は、分解組立に失敗した時に「分解しちゃいかん箇所を勝手に分解して壊した」と言われるであろうリスクを背負って施工しているのである。

 困ったのは大規模施設に特有の設備である。配管等規模が大きいこともあってその全貌が全然分からない。
 「業者に依頼すれば?」って修理は無論依頼するのだが、しかし「停電の際非常用電源はどのように動作するのか?」「火災の際火災報知器はどのように動作しどのように対応すれば良いのか?」「スプリンクラーの配管はどうなっているのか?」ということ抜きに決められない事柄もあり、それが分からない時に呼ばれて聞かれるのは設備委員なのである。

 それと併行して「義務化されている時期がもうすぐだから消防署と連携して消防訓練の企画と火災報知器の点検について考えて」「食堂にある湯沸かし器の清掃に関して衛生委員と相談して」とかの仕事が入って来る。
 そういうわけで全く労多くして実の少ない仕事だったが、しかし「大規模施設というものがどういうものか」ということを改めて身を以て体験したとは言える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月31日 (火)

スナップ・オンの「永久保証」?

 以前からスナップオンのボックスが分厚くて苦々しく思っていたのだが、最近こういう話を聞いた。

 「要らなくなった工具、汚くなった工具、消耗した工具をわざと破壊して新品交換してもらう、さらには新品交換してもらってからやっほ〜に出すユーザーがいるため、正常な使い方には不要な強度を持たせるようになってしまったから、ということのようだ」

 まぁ、実務上これだけ手厚く保証されているのは日本だけ、という説もあるのでこの説にはあまり説得力を感じないのだが、これが事実とすれば、ユーザーの利己主義が自分の首を絞めた一つの好例と言えるだろう。

 保証規定は正規販売網から新品を買った人に、製造過程や材質において欠陥がないこと、修理または交換することを保証しているだけで、中古で買った人、故意に破壊した人を含め間違った使い方をして壊した人、散々使って金属疲労や摩耗により破損した工具には適用されない。
 この規定に厳格に従えばほとんど交換出来ないだろうし、する必要もないだろう。また規定なんかない他のメーカーでも、まともなところなら製造過程や材質に問題があって故障したものは交換や修理をするだろう。事実PBボーマン ラチェットドライヴァー6510A(△11の工具箱)のラチェット機構が破損した時、買ったお店で何となく「壊れちゃってね、、、」と話したら「交換するから持って来い」と言われて交換してもらった経験がある。

 そういうわけでスナップオンの保証規定はほとんど空文であり、あるのはバンセラーの好意、そしてそれによって形成されたユーザーの信仰だけなのである。

 余談であるがグーグルで検索すると無期限保証 スナップオンでの検索では約65件、永久保証 スナップオンでは約835件ヒットする(ヒット数は記事掲載時点)。どちらもスナップオンジャパンの保証規定が最初に出るが、無期限保証が正しい。「永久と無期限なんて一緒じゃないか」と言われるかも知れないが、無期限は期限を決めてないだけなのでこの瞬間一方的に「止めます」と言われればそれで終了、契約違反ではない。本社がどう考えているかは別問題なのでこれ自体はどうでも良いことであるが、会社が言っていない「永久保証」という用語がここまで一人歩きしている辺り、トップブランドの実像と虚像の乖離を見ることができる。信者は皆「スナップ・オンは凄い凄い」と言いつつ、その教祖の書いたことをちゃんと読んでみたこともないのだ。

編集

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月26日 (水)

多趣味の勧め

 個人的には「広く浅く」だと思っているのだが人から見ると「広く深く」に見えるらしく、趣味の話をしていると結構「よくそれだけ色々なことに詳しいですねぇ」と言われる。

 △11が卒業した高校は、英語を重視していた。普通科以外に英語科があり、外国人講師が多数おり、日本人講師も英語だけでなく色々な言語を話せた。学校の内線電話で先生同士が英語、ドイツ語、フランス語等をチャンポンに話していたものである。
 そこで「多言語をマスターするコツは、同時に多数の言語を学ぶことだ」と聞いたことがある。ヨーロッパの言語はほとんど全て親戚みたいなもので、英語とフランス語なら片方の単語を覚えて変換方法を覚えれば良い。文法は、共通とは言わないが似たところが多数あり「あぁ聞いたことのある話だ」ということが多いはずである。同族の言葉を増やすなら加速度的に楽になって行く。無論実際にはもう少し複雑であると思うが、原理はそういうことだ。

 オルゴールの博物館に行って展示物を見ていたら「こりゃ古いポケットウォッチに使われているフュージー機構そのものじゃん」ということがあった。ゼンマイの緩む力を歯車で減速し脱進機で定速化し精密な低速回転を得る点に於いて時計とオルゴールに使われている技術は全く同じなのである。実際アブラアン・ルイ・ブレゲ、フランソワ・ルクルト、ジャケ・ドロー等はどちらの分野でも有名人である。
 大型の「オルゴール」には多数の楽器を組み込んだものがあり、オルゴールと楽器の間に境界線はない。
 その自動演奏に合わせて、模型の楽器を演奏するように動く自動人形が組み込まれたものもある。時間が来ると中で鐘が鳴り、人形が模型の鐘を叩く時計がある。ここにも境界線はない。
 オルゴールはドラム交換式になって一台のオルゴールで色々な曲を演奏出来るようになった。さらに長時間の演奏を求めてディスク交換式に進化したが、その技術は蓄音機が発明された時そのまま活用された。さらに音楽再生への執念はレコード、コンパクトディスクへと進化して行った。例えばレコードプレーヤーのメーカーとして知られるトーレンスは元々オルゴールメーカーであった。精密回転を得る技術の末裔は現在ハードディスクに使われていることだろう。
 時間計時を正確に行う技術はカメラのシャッターにも使われる。セイコーは時計以外にカメラのシャッターも作っているし、ルクルトもカメラを作ったことがある。またボレックスのメーカーとして知られるパイヤールは元々オルゴールメーカーであった。
 縮尺は違うものの、現代のバイクや自転車で使われているものと全く同じ構造のチェーンが古いポケットウォッチやオルゴールにも使われている。
 規格化、という概念が発生したのは銃の分野である。銃1丁につき同じ大きさで多数の弾丸を揃えなければならない必要性が目の前にある。この概念はあらゆる機械製品に流用された。この概念があって初めて大量生産が可能になり、オプションを交換して一つの製品を色々な用途に使えるようにもなった。修理も故障部品だけを交換するだけで可能になった。前述したドラム交換式オルゴールも銃の発明なくしてはなかったかも知れない。また工作精度が高くなければ規格に収めることは出来ないため、工作精度向上に強い圧力となった。
 ヤマハのレコードプレーヤーで覚えた「ジンバルサポート」という単語はヨットの分野ではコンロ、時計の分野ではデテントクロノメーターでも出て来た。レコードプレーヤーでは振動を拾わないため、ヨットのコンロでは揺れる海上で調理物をひっくり返さないため、デテントクロノメーターでは脱進機の姿勢差を出さないために水平に宙に浮かすのだ。
 要するにこれらは大きく言えば歯車やゼンマイやカムやふいご等の組み合わせを駆使した「機械文明によって製造された製品群」なのであって、厳密な分類などは無意味である。

 このように、趣味にも同族のものが多い。例えば自動車とバイクはほとんど同じ原理で動く。時計は歯車で駆動されている点で近い。カメラは光学関係が入るだけ。望遠鏡はカメラとほとんど同じ。電気製品であるという意味でオーディオとパソコンは同じ、自動車やバイクやカメラや望遠鏡にも電装部品はある。金属素材の処理の話はあらゆる機械関連の趣味で出て来る。自動車やバイクで石油燃料のエネルギー、すなわち危険性を知っているから、アウトドアでのストーブの扱いも人に言われる前から慎重になるだろう。
 そういうわけで無趣味の人や単趣味の人から見る程大変でもない。無論自分で修理するとなれば全然別問題であろうが、普通に使うために人の説明を聞く分にはピンと来る話が多くて楽だし、何より面白いことも増えるのだ。

 △11は言語に関しては挫折したが、趣味をやるなら多趣味がお勧めである。

編集

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月21日 (金)

工具との関わり

 小学生の頃、自転車や望遠鏡の趣味を始めたのが△11が工具に触れた最初である。やった方は分かると思うが、どちらもDIYと縁が深い趣味である。自転車は単純で手を出しやすいし、望遠鏡は自分で工具を使わなければ基本的な運用さえできない。
 そして自転車と望遠鏡にはもう一つヘキサゴンの使用頻度が高いという共通点もある。このヘキサゴン、工具の強度を出すのが難しく品質の差が出やすい分野でもあり、本締めすると捻られてしまう安物のヘキサゴンに悩まされていた。
 中学生の頃、同級生がアメリカ旅行のお土産にスナップ・オンのドライバーを買って来て「これが世界最高のドライバーだぜ!」「1本¥5kくらいするんだぞ」と威張っていた。ハンドルが四角くてあまり感心しなかったのを覚えている。
 「ヘキサゴンは欠陥規格」「スナップオンはたいしたことなさそう」この2つが△11の工具の原体験である。

 初めて工具に感心したのは京都機械工具 ハイグレードL型スタンダードヘキサゴンレンチHLD100ー(△11の工具箱)だ。「トルクを掛けても捻られない!」(゚〇゚;アッチョンブリケ
 今から考えたら当然のことだが、当時は非常に新鮮な驚きで、一気に京都機械工具を揃え始めた。
 ドライバーだけは京都機械工具のデザインに納得できずPBボーマン(△11の工具箱)にした。
 そのうち京都機械工具に飽き足らなくなり、ソケットとレンチを全面的にハゼット(△11の工具箱)に入れ替えた。

 この分野で△11が勝手に師と仰いでいる人は2人いる。

 その1人は、師と言っても守山商事で一度お会いして数時間お話しただけで姓名すら知らないし顔も覚えていないが、数時間のお話で多大な影響を頂いた。
 「ポルシェがよく壊れると言われるのは日本人が壊していると思っていた。自分で全部整備してそれを実証した。俺のポルシェは壊れない」「俺は今フェラーリもそうだと思っている、フェラーリを購入して全部自分で整備して故障知らずで乗りたい」と仰っていたが、その後どうされているだろうか。
 この方に「メカニックは国際的な仕事なんだから工具の名前は英語で覚えろ。例えばレンチなんて言って何が出て来ても文句は言えんぞ」と言われ、納得したので以降そのようにしている。例えば「モンキー→アジャスタブル(レンチ)」「眼鏡レンチ→ボックスエンド」「片目片口→コンビネーション」「スパナ→オープンエンド」「ニッパー→(ダイアゴナル)カッター」「ラジオペンチ→ロングノーズ(プライヤー)」といった具合だ。師匠から教わった以外にも「ペンチ→サイドカッター」「バイス→ロッキング」等自分で気がついて直しているのもある。工具メーカーのカタログが1つあれば正しい名称を知るのは難しくない。京都機械工具のカタログでも日本語の箇所は「モンキーレンチ」と書きながら英語の箇所はちゃんと「adjustable wrench」と書いてある。

 もう一人の師は、バイク屋で短期バイトしていた時のチーフメカ。相当「できる」人だが、尾張旭市内の小さなバイク屋で働かれており、△11は不肖の弟子で大変御迷惑を掛けつつ「仕事で工具を使う」という大変貴重な体験をさせて頂いた。

編集

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

△11のオーディオルーム | △11のカメラバッグ | △11のスキーケース | △11のバックパック | △11の乗り物 | △11の介護福祉 | △11の天文台 | △11の工具箱 | △11の教育 | △11の時計 | △11の鉄道省 | △11の電算室 | △11の音楽スタヂオ | アウトドア | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | オーディオ | ギャンブル | グルメ・クッキング | ゲーム | コダクローム200 | シグマ21〜35/3.5〜4.2 | スキー | スポーツ | ニコンクールピクスL23 | ニコンD1 | ニュース | バイク | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | ベルビア | ペット | ミニカー | 万博 | 介護・福祉 | 住まい・インテリア | 写真とカメラ | 写真の作例 | 双眼鏡 | 天文 | 学問・資格 | 工具 | 心と体 | 恋愛 | 携帯・デジカメ | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 時計 | 書籍・雑誌 | 楽器 | 海と船 | 災害 | 登山 | 経済・政治・国際 | 自動車 | 自転車 | 航空機 | 芸能・アイドル | 趣味 | 鉄道模型 | 音楽 | 1980年代 | Aiマイクロ55/2.8S | Ai20/3.5S | Ai24/2.8S | Ai28/2.8S | Ai35〜105/3.5〜4.5S | Ai35/1.4S | Ai35/2S | Ai50/1.4S | Ai80〜200/4.5 | AiAFED80〜200/2.8D | Cxゾナー50/1.5オプトンT | Cxビオゴン35/2.8カール | E75〜150/3.5 | P105/4 | REXディスタゴン35/4