2012年8月 3日 (金)

ロンドンオリンピックバドミントン競技における無気力試合

 ロンドンオリンピックのバドミントン女子ダブルスで、3か国の8選手が「故意に負けようとした」として失格になった。

 頭おかしい。試合に負けた方が最終順位確定に有利になるなら試合に負けるのが当たり前で、選手を責めても仕方がない。誰でも最終順位確定で有利になるようにするに決まっているではないか。負けた方が有利になる、そのようなルールが間違っているのである。

 日本女子サッカーも佐々木則夫監督が組み合わせを考え引き分け狙いを指示した旨公言したではないか。

 「サッカーとバドミントンは違う」「あんなあからさまではなく、上手に負けるべき」「負け狙いは簡単だが引き分け狙いはそんなに簡単ではない」とか言っている奴、自分の言っている内容を分かってねぇだろ。
 「勝利に向けて全力を尽くさなかった」ことが問題になっているのだから、あからさまな負け狙いも引き分け狙いもその意味では一緒。

 ルールは「誰が見てもどういう判断が下されるべきなのかが明らか」な文面でなければならない。もし後で「スポーツ精神」などと抽象的な理念に基づく判断を持ち込めるのなら、ルールなんかあっても意味がないじゃないか。
 そもそも「目立たないようにうまくやればOK、あからさまだったらNG」などという話がスポーツ精神に沿った話なのか?

 マラソンで例えば「30kmまでトップに立たず2番目のグループについていく」という戦略は良いのか。
 サッカーのオフサイドトラップは良いのか。言うなれば明らかに「ルールを逆手にとった卑怯なプレー」だろ。
 野球やソフトボールで強打者を敬遠するのは良いのか。ノーストライク3ボールでバッターが1球打つ気なしで見るのはどうなのか。
 テニス、卓球、バドミントン等のダブルスやバレーボールなどの球技でヘタな奴を集中攻撃するのは良いのか。
 ボクシングで相手が弱ったところにラッシュをかけても良いのか。
 短距離走だって水泳だって決勝にエネルギーを残すため、決勝に残れる範囲で予選に全力を出さないトップ選手なんかいくらでもいるだろう。

 「全力を尽くしていない」「スポーツ精神に則っていない」などという抽象的な理由で失格にできるなら、これら全部後出しかつ審判が恣意的に失格にできることになってしまう。
 スポーツ精神を考えるのはルールを考える時にすべきだ。その後は、注意はできてもルールに反しない以上処分は難しい。失格などという一番重い処分を下すなどトンデモナイ話だ。

 スポーツとは、予め決められたルールの中で優劣を競うものである。

編集

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年8月11日 (月)

北島康介、北京オリンピックで金メダル

 北島康介がアテネに続いて男子100m平泳ぎを制した。色々なことがあって大変だった中、皆の期待通りに勝利するのは物凄いことで、賞賛したい。

北島感涙「何も言えない」 五輪男子水泳

 インターネットで検索したところ、使用した水着について特別言及した人はいないが、スピード製だったようだ。もしそうだったとしたら、ここでもう一つ素晴らしいと思うのは、スポンサー料を払いながら他社製品の使用を認めたミズノ経営陣の心の広さだ。
 もし決勝で使用した水着がミズノ製なら、今一度、北島康介を賞賛したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月19日 (金)

内藤大助vs亀田大毅戦

 いやはや大問題に発展したものである。インターネット上はどこもこの議論で盛り上がっている。

 さて、結論から書けば、ルールを守らない者はスポーツ界からは追放で結構だと思う。と言うか、ルールを守るのがスポーツの大前提である。ルールの元で行うからスポーツというのだ。

 「負けて風向きが変わったからと言って勝ち馬に乗って叩くのはアンフェアで可哀想だ」という擁護論も読んだことがあるが、批判が爆発的に増えたのは風向きが変わったからではない。
 これまで亀田親子が受けて来た批判は「試合の後歌うのはなんでだ」「弱い奴しか相手にしていないのではないか」といったもので、それなりに「まぁどっちの見方もあるわな」という範囲の話だった。八百長疑惑もあるが、推測の域を出ていない。
 少なくとも一般の人が全面的に叩きたくなるような内容は聞こえて来なかったと思う。

 批判が爆発的に増えたのは、明らかに「反則を繰り返したから」である。
 まさにそのことを反省し改悛する旨を明言しそれが一応確からしいという心証を皆に与えないと、頭を剃ろうが謝罪会見を開こうが何の意味もない。
 「あの親父の元で洗脳を受けて育ったせいだから」という話はあるが、それはボクシング界や観衆に対して言えることではあるまぃ。

 「将来ある若者だから」といった感情的な擁護は現時点では無用である。それは反則を反省したと皆が認めた上での話に過ぎない。ルールを守らない者に将来を与えるのなら、それこそスポーツ界に将来はあるまぃ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月24日 (月)

ワッチアップ!

 元々はアメリカンフットボールの用語だと、ヨットの雑誌で読んだ。
 △11の理解では、「上を見ろ=足元ばかり見るな」という意味で、具体的には例えば「しゃにむに中央突破を試みず周囲を見て相手の守備陣の薄いところ、味方の攻撃陣の濃いところにボールを回せ」ということである。
 ヨットでは、「ロープや舵の操作に忙殺されるのではなく、風や潮の流れはどうなのか、周囲の船はどうしているのか、自分の船はどうしているのか、その結果どうなっているのかを見て次の戦略を決めろ」ということになる。

 いつ読んだのかはすっかり忘れてしまったけれど、どこの業界でもこれを心がけている。
 そもそも自転車でもスキーでもこれをやっていたから、この文章を読んだ時合点が行ったのであろう。高速走行時には視界全部に10%程度の集中度で意識を分散する、換言すると「どこも(集中しては)見ない」という見方が必要なのだ。何かおかしいと思ったらその箇所に20%程度の集中度を回す。事故の前兆だと思ったら40%の集中度を回す。そして最終的に事故を防がなければならない段階になって80%の集中度をその箇所に回し、回避に全力を挙げるのだ。

 介護の業界に入ってもこれは役に立った。一つ事故が起きると一斉に職員の目が事故に集まる。事故の周囲に人だかりが出来る。本人たちは「仕事をしている」という自覚の元、やっていることは野次馬である。そしてすっかりその他のことは留守になる。他のところで転倒注意者が立ち上がろうとしているかも知れないのに。
 △11は転倒で床に落ちて行く入所者の頭の下に手を入れたりして何度も事故の被害を小さく、もしくはなくした。それを先輩はこう言った「よく事故の時にいるなぁ」そうではない。最初から周囲を広く見渡し、何かおかしいと思ったらその箇所に20%程度の集中度を回す。事故の前兆だと思ったら40%の集中度を回してそちらに走る。そして最終的に事故を防がなければならない段階になって80%の集中度をその箇所に回し床めがけて落ちて行く入所者の頭の下に手を入れるのだ。
 こう書くと物を知らない者はこう言うかも知れない。「最初から視界全体に100%の集中度を持っていればその方が良い」しかしこれは机上の空論であり、ちゃんと仕事をし、そしてその仕事の内容を自覚している人間は絶対にこれに同意しないだろう。全てはトレードオフであり、人間の集中力というものはどこかに回しただけどこかが留守になるものなのだ。

編集

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月13日 (金)

グッズマニュアル

 1960年代、1970年代、1980年代、それぞれの時代それぞれの分野に詳しい人が執筆している。

Scan0083  1960年代、、、△11は遺物と伝聞でしか知らない。しかし3冊の中では一番眺めていて面白い。

 なぜ面白いのかを考えるに、1つには△11の方に知識がない、というのがあると思う。知っている分野の読み物は、記事の間違いが気になったり、自分にとってもっと面白い物があるのが掲載されていないのにがっかりしたりするものだ。
 それから、どの分野でもまだ全然電子化されていないため、力技を随所に見ることが出来るからだろう。端的なのは時計の分野で、クォーツの時計は1969年発売のため、掲載品は全て機械式なのである。

Scan0082  1970年代。△11が育った時代の前半である。
 まだ子供であったから、ほとんど分からない。それでも兄が使っていたクナイスルのスキー板のデザインと、スーパーカーブーム真っ盛りの当時は必須の知識で誰でも一通り知っていた自動車、古い趣味の一つであるカメラの分野は分かる。

 余談であるが自動車の分野で当時ランボルギーニカウンタックLP400Sはフェラーリ365GT4BBよりメジャーであったし、フェラーリ 365GT4BBはマセラティのボーラ/メラクよりメジャーであったし、ポルシェ911はポルシェ924よりメジャーであったが、この比較全てマイナーな方に魅力を感じる自分は何なのであろうか。単なるマイナー好きではないつもりなのだが、、、

Scan0081  1980年代。△11が育った時代の後半であり、一番好きな年代である。しかしグッズマニュアルに関して言えばあまり面白くない。
 色々要因はあると思うが、一つには、どうもあの時代を後から振り向いてみる場合「電子化」に重点を置かざるを得ないからではないか。カメラの分野を例に取ればミノルタαー7000以降のカメラがほとんどで、それはあの時代を振り返ろうとする場合避けて通れないことであろうが、△11個人としては趣味として面白くないし、面白くない人が多いのではないか。
 もう一つは、自分がかなり詳しい分野もあるせいではないか。総合的に趣味の話をすればそれぞれの趣味は紙面の関係で内容が薄くなるのは当然である。自分のやっていない分野の記事はそれなりに面白いし、いかに自分の育った年代のことを知らないか、と思う。人間の興味の範囲は限られており、世の中は広い。
 それから、望遠鏡等あまりにマイナーな趣味はやはり掲載されない(^_^;

編集

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 7日 (木)

旋回するということ

 自転車で速く走れる、もしくは昔走れたことのある人は同意してくれると思うのだが、後輪に乗っている感覚で走っているのではないだろうか。前輪は補助輪みたいなものだ。

 スキーなら旋回の際外側になる板の内側エッジに乗っている。
 「2本の板が絡まる」という相談を受けることがあるが、それは加重が内側板に残っているからである。
 本来外側板の内側エッジは著しい加重で雪面に押し付けられているから、加重の抜けた内側板がその下に入り込む余地はなく、2本の板が隣り合っていても絡まる心配は無用である。
 余談になるが、体重と遠心力の全てを外側板内エッジに乗せ、加重が完全に抜けた内側板は自然に浮いて外側板の横に落ちて来る、これがパラレルターンである。「板が揃わない」そんなことを悩む必要はない、板は揃えようと思って揃えるものではなく勝手に揃ってくれるものだ。
 もう一つ余談になるが、△11が「安全な範囲でスピードを出せ」というのは、この完全に外側板内側エッジに乗る感覚を身につけるためだ。スピードが出ていない状態で片方の板に乗り切ることは難しい。
 リズムに乗ってハイスピードで旋回出来るようになると、自転車なら後輪、スキーなら外側板内エッジというよく切れる刃物で何かを切っている錯覚に襲われることがある。

 ヨットではセンターボードが全くそれであった。
 メインセールが風を受けて船がヒールして行くのをハイクアウトで戻しながらも少し外側に傾いたままセンターボードを中心に旋回させるのである。自転車やスキーと違うのは、水の抵抗が大きく向かい風なのでブレーキは勝手に掛かるため、スピードを落とさないようコース取りし、タックを素早くする必要がある。

 バイクでも自転車と全く同じく後輪である。

 自動車は外側の後輪。ハイパフォーマンスドライブの際にはハンドルで曲がるわけではない。巧く説明出来ないが、ハンドルは加重移動に追従する結果なのである。

 実際に操縦したことはないが、フライトシミュレーターゲームをやっている限り航空機も全く同じ感覚だ。

 ジェットスキー、マリンジェットはこれに全く当てはまらず、ハンドルで旋回させるもののようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月12日 (土)

2006年08/10〜11、すずし野キャンプ場

 今回のコンセプトは妻の体調が万全でないため「のんびりリゾート」。

 08/10ゆっくり出発し春日井ICから東名高速道路に乗り、小牧JCTで名神高速道路へ。小牧←→一宮間は断続的に渋滞していた。一宮JCTで東海北陸自動車道へ。川島PAでトイレ休憩。以前はほとんど対面通行だったような気がするが順次複線化?しているようで、今回対面通行だったのは郡上八幡に近くなった短い区間だけだった。

 東海北陸自動車道を郡上八幡ICで降りて以前から知っている評判の蕎麦屋へ。郡上踊りは徹夜踊りが行われる3〜4日間だけだと思っていたらもう断続的に始まっていて人が多かった。特上蕎麦の並盛りを2人で頼んで¥1.6k×2。コシがあって美味しかった。量は少なかったけど今晩はバーベキューで腹一杯食べる予定なのでちょうど良いとも言える。
 すぐ横にある宗祇水だけ歩いて行って見て、国道472号「せせらぎ街道」で郡上八幡を離れた。ホンのちょっとしか滞在しませんでしたが雰囲気は味わって気に入ってもらえたようでまた来ることを約束。

 坂本峠を飛騨美濃道路でバイパス。有料だが団扇2本と道の駅パスカル清見での抽選券を貰えた。
 トイレを兼ねて入ったパスカル清見での抽選は残念賞のトマト、オマケで2個貰った。当たりは¥1kの商品券だったらしい。
 パスカル清見を出て少し走って国道257号へ右折。いくつかあるキャンプ場を横目で見ながら走り、まだ地図にはほとんど出ていないすずし野キャンプ場へ。

Dsc_1307_1 今晩の宿泊は△11と妻の2人だけの貸し切りだそうだ。左の写真はバンガロー、ここにあるのは昔からの懐かしいタイプだ。でも昔バンガロのドアの施錠と言えば壁の釘とドアの釘を紐でぐるぐる巻きにするものだったが、ちゃんと鍵が付いているのは近代的だ\(^_^;0101
 いやマジな話最近のバンガローは2階建てだったり冷暖房完備だったりするらしく、そこまでの施設を要求するなら家でエアコンを掛けて寝ていた方が良いのではと個人的には思ったりするのだが、、、

 キャンプ場のおじさんと話をして夕食用に予約したバーベキューの網や鉄板を選び、食材セットを見せてもらった。妻の水着がないことを相談したら民宿で貸してもらえるだろうとのことで民宿に移動、おばさんに相談して水着を借りた。

 夕食のためにお米を研くだけ研いでおき、着替えて川の遊泳場へ。最初は冷たくておっかなびっくりだったが慣れると気持ちよかった。川で泳ぐなぞ小中学生を引率してサマースクールに行っていた大学生の時以来ではないかなぁ。

Dsc_1311 遊泳場から帰って着替えると食事の準備。と言ってもバーベキューセットを購入しているのでプリムス ガスバーナー(△11のバックパック)でご飯を炊き、バーベキューコーナーで炭を起こすくらい。炭には固形燃料がついていたので結構簡単に起きた。セットには切野菜、塩カルビ1袋、鶏チャン1袋が入っていて2人でちょうど良い量だった。
 食べているうちに暗くなったがちょっと雲があって持って来ていた高橋製作所 スカイキャンサーポータブル赤道儀架台(△11の天文台)は出さずじまい。でも肉眼で見る満月が綺麗だった。花火をやって就寝。

 朝起きてのんびり出発。元々は国道257号で下呂に出て日帰り入浴のつもりでしたが前日民宿のおばちゃんに割引券をもらったので少し南に下って道の駅馬瀬美輝の里の近くのホテルに行き日帰り温泉に入った。ここはきれいな露天風呂で良かった。でも割引券は今日から割引除外期間に入ってしまうとのことで使えず。昨日貰った日のうちに行っておけば良かったかな(^_^;

 そのまま県道を南に下り、東山峡金山湖を横目に見ながら走る。この道はなかなか気持ち良かった。国道256号に合流し、道の駅飛騨金山でブランチ。鶏チャン定食を味違いで¥1k×2。現地の野菜販売所で色々買い込んだ。
 ここを出たらすぐに国道41号に合流した。

 美濃加茂ICから東海環状自動車道、この道にはほとんど自動車はいなかった。土岐JCTで中央自動車道、小牧JCTで東名自動車道、春日井ICで降りて帰宅。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月22日 (水)

2006年03/21〜22、開田高原スキー旅行

 開田高原1泊2日スキーの新婚旅行に行って来た、、、って「なんでそこまで地味?」とか聞かれそうだが(^_^;
 1回海外へ行くより1泊国内旅行を何度でもしよう、ということにしたのだ。だから今回新婚旅行だけど、今回だけでなくまた「新婚旅行」に行く予定。

 春日井のコンビニで朝食を購入、食べながら多治見に向かい、中央高速で多治見ICから中津川ICまで走り、国道19号を木曽福島、国道361号で開田高原、の順。
 スキー場到着はちょうど12:00頃。ちょっと信じがたかったが、ぱらぱらと雪が降っている。レンタルに行ったら「12:30からなら午後のみの料金になりますよ」とのことで招待券を一日券に交換し、トイレに行き、コーヒを飲んで、土産物を眺め、改めて12:30にレンタルへ。お道具一式(ウェア上下、板、靴、ストック)で¥5k。手袋やゴーグルといった小物はないとのこと。しまった、ストックや手袋は持って来るべきであった。

 雪の状態は良いのですが、時々雪が強くなった時に寒いのと視界が悪い。
 板を反対向きにして横移動しながら「イナバウアー!」などとアホなことをやっていた。あ、上体を反り返らせるのがイナバウアーだと思っている人が多いようだが、上体を反り返らせるのは荒川静香さん独自のアレンジで、イナバウアーの本質は足を前後に開き、つま先を180度開いて真横に滑ることである。
 16:00頃雪が強くなったので撤退。

 ペンションはスキー場横にあるペンションビレッジ4軒のうちの1軒。で、2005年11/07〜08,八ヶ岳方面紅葉観光旅行と入笠山登山3に続き貸し切り(^_^;
 昔は夜行バスで3泊4日とか行ったものだが、最近は近場にスキー場が一杯出来たし、世の中不景気だし、で皆さん日帰りしちゃうんでしょうな。っていうかそれ以前にウィンタースポーツに行かないものらしいし。

 お金は掛かるが、のんびりできるのと、疲れた状態で運転しなくて良いのは大きな利点である。

 朝起きたらのんびりして荷物を積んでチェックアウト、後はアイスクリーム屋さんに寄ったのと、恵那で昼食を食べ、恵那ICで古いハイウェイカードを換金、中央道に入って多治見ICで降り、愛岐道路を帰って来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 2日 (木)

眼鏡を注文

 もうすぐ結婚、ということで記念写真を撮るので、今日は理容へ行って、それから眼鏡を買いに行きました。

 今使っている眼鏡はいつ作ったのか記憶もない程昔に作ったもので、東京にいる時に品川パトリアで作ったそれだとしたらもう13年経過しています。
 写真や天文が好きだというと金属に触れさせることが多いわけでコート面の傷みが早いですし、管理がいい加減な人間が登山、車内泊、スキー、バイク、さらには介護職をやっていたんでフレームもガタガタです。

 条件の第一はやっぱり最近出て来た柔らかい樹脂のフレーム
 レンズは、視力が悪くて度が強いので、まず周辺部の厚みが4ミリに収まるよう高屈折、可能なら非球面のが必要です。そしてそれと同じくらい重要なのが傷を防ぐハードコートですね。

 度は進んでいないようで一安心。

 行って驚いたのは、デジカメで顔を撮影してiMacG5で分析し眼鏡のデザインをすること。うぅむ文明の利器じゃあ、、、
 で、一番オーソドックスなデザインで注文して来ました(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結婚に関する計画書(入籍&新婚旅行)

 つき合い始めて2周年の記念日に写真を撮って入籍する予定です。

 その少し後3連休を希望休で出してあるので、これで1泊2日の新婚旅行に行こうと考えています。で、3日目は寝ます(^_^;
 行き先ですが、開田高原を考えています。スキー場と温泉があり、名古屋から遠くありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

△11のオーディオルーム △11のカメラバッグ △11のスキーケース △11のバックパック △11の乗り物 △11の介護福祉 △11の天文台 △11の工具箱 △11の教育 △11の時計 △11の鉄道省 △11の電算室 △11の音楽スタヂオ アウトドア アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 オーディオ ギャンブル グルメ・クッキング ゲーム コダクローム200 シグマ21〜35/3.5〜4.2 スキー スポーツ ニコンクールピクスL23 ニコンD1 ニュース バイク パソコン・インターネット ファッション・アクセサリ ベルビア ペット ミニカー 万博 介護・福祉 住まい・インテリア 写真とカメラ 写真の作例 双眼鏡 天文 学問・資格 工具 心と体 恋愛 携帯・デジカメ 文化・芸術 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 時計 書籍・雑誌 楽器 海と船 災害 登山 経済・政治・国際 自動車 自転車 航空機 芸能・アイドル 趣味 鉄道模型 音楽 1980年代 Aiマイクロ55/2.8S Ai20/3.5S Ai24/2.8S Ai28/2.8S Ai35〜105/3.5〜4.5S Ai35/1.4S Ai35/2S Ai50/1.4S Ai80〜200/4.5 AiAFED80〜200/2.8D Cxゾナー50/1.5オプトンT Cxビオゴン35/2.8カール E75〜150/3.5 P105/4 REXディスタゴン35/4