2007年3月 5日 (月)

宝飾品の存在意義、再考

 以前宝飾品の存在意義という記事を書いた。「美しくなければ宝石ではない」今でもその考え方が変わったわけではない。しかし、この記事を書いた時よりも色々なものが見えて来たのも事実なので、少し捕足記事を書いてみようと思う。

 最近サファイアをやっほ〜で色々見ている。サファイアは、ありがちな話であるが、熱処理によって美しい色を出すことが可能である。具体的に言えば、黒っぽい石の濃さを落とせる。この熱処理に関しては広く行われており、世間で流通しているほとんどのサファイアは熱処理モノらしい。
 非熱処理モノは高価に取引される。
 熱処理モノに関して巷の専門家には「やはり天然そのままの非熱処理モノの美しさにはかなわない」「別に非熱処理モノと熱処理モノでその美しさに差はない」という2つの意見がある。△11は多分非熱処理モノを全くもしくはほとんど見ていないし、少数見ていたとしてもこれが見熱処理モノと意識してみたわけではないからその差については全く関知するところではない。

 熱処理だけではない、色々な処理が次々に出てきてもいるようだ。

 サファイアは、合成も出来る。インクリュージョンが全くない、完璧なものが非常に安価だ。化学の観点から言っても全く天然物と変わりがない。
 天然物である証明は、本来欠点であるインクリュージョンによって行われる。

 さて、前回石ころが高値で取引されるその理由は本来一つしかない。その石が美しいからである。美しいから宝石になるのであって、名前が「ダイヤ」だから「サファイア」だから「ルビー」だから宝石なのではないと書いた。今回の話は△11がこの発言で想定していた場面とは違うが、その主張を突き通すならば、合成であろうと美しければ価値を認めなければならない。逆に言えば、合成で完璧なものが製造できるサファイアには全く価値がない、となるべきなのである。

 しかし△11は非熱処理の美しいサファイアが欲しい。何故だか自分でも分からないし、説明もつかない。

編集

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月22日 (金)

コーチ カタログ

 昔質実剛健な革製バッグを買おうと思うとコーチは良い選択だった。エルメスやルイ・ヴィトンはもっと出来が良いが、少し高価すぎるし普段使うにはもったいない。
Scan0092 △11もいつか色々買おうと思ってカタログを貰った。
 布が多く入った今のコーチより、革製が原則のこの頃の方が当然格が高かったと思うのだが、市場の評価は逆であるので、程度の良い中古品をありがたく買い集めさせて頂いている。
 このカタログは当時の定価を知るための資料として活用しているので傷だらけである。

 メンズも結構掲載されているのだが、現在中古品として出回っているのはレディースがほとんどだ。そういうわけで彼女用ばかりが充実して行く(T_T)4949
 まぁ昔から「彼女が出来た時にプレゼントするとしたらこれ」と思っていたのでそれもまた善し、であろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

2006年12/05、大須観音

 12/05はタンデムステップ装着したヤマハ AG200(△11の乗り物)の「リアシート」に女房を乗せて大須に遊びに行った。
 タンデムステップがついて非常に踏ん張りが利くようになり、以前と比べれば段違いに楽だとのこと。

 米兵、大須セブンを回り財布¥2k、手帳¥1.6k、手袋¥0.1k×3を購入。財布と手帳は女房用、手袋は共同用。ロフトでリフィルを購入。

 帰りは名古屋駅のライトアップを見て、名古屋城に登り庄内川に写る月を見ながら帰って来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月13日 (金)

グッズマニュアル

 1960年代、1970年代、1980年代、それぞれの時代それぞれの分野に詳しい人が執筆している。

Scan0083  1960年代、、、△11は遺物と伝聞でしか知らない。しかし3冊の中では一番眺めていて面白い。

 なぜ面白いのかを考えるに、1つには△11の方に知識がない、というのがあると思う。知っている分野の読み物は、記事の間違いが気になったり、自分にとってもっと面白い物があるのが掲載されていないのにがっかりしたりするものだ。
 それから、どの分野でもまだ全然電子化されていないため、力技を随所に見ることが出来るからだろう。端的なのは時計の分野で、クォーツの時計は1969年発売のため、掲載品は全て機械式なのである。

Scan0082  1970年代。△11が育った時代の前半である。
 まだ子供であったから、ほとんど分からない。それでも兄が使っていたクナイスルのスキー板のデザインと、スーパーカーブーム真っ盛りの当時は必須の知識で誰でも一通り知っていた自動車、古い趣味の一つであるカメラの分野は分かる。

 余談であるが自動車の分野で当時ランボルギーニカウンタックLP400Sはフェラーリ365GT4BBよりメジャーであったし、フェラーリ 365GT4BBはマセラティのボーラ/メラクよりメジャーであったし、ポルシェ911はポルシェ924よりメジャーであったが、この比較全てマイナーな方に魅力を感じる自分は何なのであろうか。単なるマイナー好きではないつもりなのだが、、、

Scan0081  1980年代。△11が育った時代の後半であり、一番好きな年代である。しかしグッズマニュアルに関して言えばあまり面白くない。
 色々要因はあると思うが、一つには、どうもあの時代を後から振り向いてみる場合「電子化」に重点を置かざるを得ないからではないか。カメラの分野を例に取ればミノルタαー7000以降のカメラがほとんどで、それはあの時代を振り返ろうとする場合避けて通れないことであろうが、△11個人としては趣味として面白くないし、面白くない人が多いのではないか。
 もう一つは、自分がかなり詳しい分野もあるせいではないか。総合的に趣味の話をすればそれぞれの趣味は紙面の関係で内容が薄くなるのは当然である。自分のやっていない分野の記事はそれなりに面白いし、いかに自分の育った年代のことを知らないか、と思う。人間の興味の範囲は限られており、世の中は広い。
 それから、望遠鏡等あまりにマイナーな趣味はやはり掲載されない(^_^;

編集

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 7日 (日)

貴族生活へのお誘い

 以前ボランティアでも「先生」と呼ばれる立場にいたので、時々小学生辺りの子供を持つ母親から「息子が勉強しないんです」という相談を受けた。例えば「息子の友達のT君が山村留学で楽しそうにやっているのを見て自分も山村留学したいとか言い出しました。T君は良かったけれどその後をついていくだけではうまく行くかわからないし、主体性がないと思う」というお話。
 △11は「子供が勉強しないのは『勉強して良かった』という話を聞いたことがないからだと思う」「山村留学は少なくともうまく行った事例が目の前にあるわけだから、『勉強して良い大学に入りたい』というより余程健康な判断ではないだろうか」「主体性主体性と言うが自分がその年齢の時に主体性があったか、あなたもあなたの同級生もいい加減だったと思うが皆どうにかなったのではないか」「子供が不幸にならない方法を考える暇があるなら自分が幸福になれる方法を考えなさい、身近な大人が幸福でないのに子供が希望を持って将来を考えられるわけがない」と言ってあげた。
 これに対し「△11先生は無責任なお立場だから」という親もいるが、誠実に話をするのは当然としても無責任な立場でこそ見えやすい真実もあると思うし、子供より先に死ぬであろう親も子供に対して責任なんか取れるもんじゃないのだ。

 他の国の人を知っているわけではないけれど、日本人の底流に抜き難くあるのは「努力すれば楽な生活ができる」という思想ではないだろうか。しかし、実際には日本人は努力して来たハズなのに、到底楽になったとは思えない。残業&接待&単身赴任で帰らない父親、欲求不満を息子にぶつけて「愛した」気になっている母親、、、
 そんなことより、労働時間は必要最小限にして楽しく遊ぶべきだ。無論労働時間内集中してきっちり仕事をするのは前提である。「会社から冷遇され給料が下がり遊ぶお金どころじゃなくなる」という人もいるかも知れないが、給料が安いのではなく単に無駄遣いが多いのだ。実際、△11の持っているブツを見て「どこからそんなすげぇ資金が出てくるんだ」という人が結構多いのだが、その人は趣味でもない自動車を5年に1度買い替えていたり、パチンコに遊びに行っていたりする。
 自動車を買い替えたり、パチンコに行ったりしてはイケナイ、と言っているわけではない。趣味なんか所詮「無駄遣い」なのだ。無駄遣いを無駄遣いとして認識し、その上で「無駄遣いをする」か「コストに合わないと思うから止めておく」という判断をしているならばそんなに多額を無駄遣いしなくて済むし、まして他人ばかりたくさん贅沢をしているようには見えないハズだ、ということを言っているのだ。
 、、、ところで、普通自動車を新車で買い替えているのに△11に対して「どこからそんなすげぇ資金が出てくるんだ」と言って来た人にそのことを指摘したら「ボロい車や、軽自動車では何となく恥ずかしいから」だって。そんなツマラナイ見栄に莫大なお金をブチ込む人間がいくら金を持ったら充分だって言うんだぁよ。必死で有効な使い方を考えている人に何を言えるって言うんだぁよ。

 だいたい、余暇が充実していない人間が仕事に意欲を持てるのかね。いや、持てる人はそれで良いのだが、持てない人は無駄な残業を断って余暇を充実することこそ職場に対する責任を果たすことになるのではないのか。
 「貴族が生きられた時代とは違う」という人もいるかも知れないが、それこそ現代の方がずっと簡単に貴族になれる。全自動洗濯機、電気炊飯器、食器洗浄機、いつでも天下の名演を奏でるオーディオ機器、世界中の情報を手に入れてくれるコンピューター、、、とほとんどコストなしで従順な召使のように働いてくれる優秀な電気機器が安価に販売されているし、皆がブランド志向に走っているため無銘で値段の安い美術工芸品も多く、コストを掛けずに良い生活を実現できる条件が揃いまくっている。身分制度はなくなったから、誰でも思い立ってお金や時間の使い方を変えた瞬間から貴族だ。
 現時点で貴族生活に入ったら周囲からの風当たりはかなり強いかも知れないが、皆が始めればだんだんそれが当然になり、そのうち一番反動的だった人間が孤立し最後は「俺もそうすべきだとずっと前から思っていた」と言い出す、日本が変化する時のパターンですな(^o^)

 で、最初の話に戻るが、、、
 必死で受験勉強し、もし「成功」した場合、「公務員になって安い給料で定年まで働き、天下りの連続で税金からガッポリ。周囲から頭を下げられることに慣れて世間知らず、税金泥棒の自覚すらなく人の金だから有り難みも感じない」「大企業に就職し遊ぶ暇もなく働き続け、出世街道を歩めれば定年の頃やっと年収¥10000k」とかになるわけだが、どっちにしろお金が入る頃には若くないし、遊んで来てないので遊び方も知らず遊ぶ体力気力もない。敢えて言えば見栄張りか権力闘争か財産目録製作辺りが趣味。刺激がないので痴呆になって、お金以外の価値を教えてもらってない子供が財産争い。そんなの楽しいか?

 もちろんお金は大事だし、お金がないとできない遊びもあるが、暇も大事だし、暇がないとできない遊びもある。どれを選ぶかは本人だってことだ。
 そもそも子供の頃に遊んだ記憶がない人間が「人生は(色々あっても基本的には)楽しい」と思えるわけもなし、「人生は楽しい」と思えないのならば必要があっても頑張れないだろう。

編集

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月21日 (火)

結婚指輪を付けてみて

 その多くは姓が変わり住所が変わる女性と比較して、男性が結婚を実感する機会が少ない。その数少ない機会が結婚指輪ではなかろうか。女性は指輪自体は付け慣れているが、多くの男性は指輪自体初めて付けるのである。

 宝石販売をしていた時代、当然結婚指輪も販売する。ぎこちなく結婚指輪を付けてみている男性に対して「慣れておられないので最初は違和感があると思いますが、、、」なんて偉そうに言っていたものであるが、10年以上経過してやっとその違和感を自分で経験することになった。

 普段使いにも曲がらないようしっかりしているものを選んだので重量があり、手の動きから1モーション遅れて動いているのが感じられることがある。また指を閉じた時、小指や中指、特に小指と干渉して痛いことがある。

 余談だが、男性は指輪をし慣れないのでサイズ選びが大変である。△11としては指の節を通せる範囲で小さめをお勧めする。女性と比較すると節が大きいので節が簡単に通るようだと肝心の装着状態で遊びが大きくなるし、前述したように小指や中指との干渉が強くなる等邪魔にもなる。また他の物への当たりが強くなる上に強度も低くなるので変形の原因にもなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 2日 (木)

眼鏡を注文

 もうすぐ結婚、ということで記念写真を撮るので、今日は理容へ行って、それから眼鏡を買いに行きました。

 今使っている眼鏡はいつ作ったのか記憶もない程昔に作ったもので、東京にいる時に品川パトリアで作ったそれだとしたらもう13年経過しています。
 写真や天文が好きだというと金属に触れさせることが多いわけでコート面の傷みが早いですし、管理がいい加減な人間が登山、車内泊、スキー、バイク、さらには介護職をやっていたんでフレームもガタガタです。

 条件の第一はやっぱり最近出て来た柔らかい樹脂のフレーム
 レンズは、視力が悪くて度が強いので、まず周辺部の厚みが4ミリに収まるよう高屈折、可能なら非球面のが必要です。そしてそれと同じくらい重要なのが傷を防ぐハードコートですね。

 度は進んでいないようで一安心。

 行って驚いたのは、デジカメで顔を撮影してiMacG5で分析し眼鏡のデザインをすること。うぅむ文明の利器じゃあ、、、
 で、一番オーソドックスなデザインで注文して来ました(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月25日 (土)

宝飾品の存在意義

 大学を卒業して就職した会社での△11の仕事は宝石販売だった。本当は子供服部門志望で入社したのだが、入社試験の成績が良かったので出世コースの宝石部門へ回されたのだと後で聞いた。

 三越にティファニーを見に行った時のことをよく覚えている。
 ルビーはどれも同じサファイアはどれも同じ青エメラルドはどれも同じ緑。そしてどれもが透き通っていて美しい。いつも売っていた自社製品は濃かったり薄かったり内包物が多いのか濁っていたりするが、そんなことはティファニーではありえないのだろう。それぞれの宝石に基準を設け、それ以外の薄かったり濃かったり内包物の多かったりする石を仕入れないのだと思う。
 ダイヤモンドはほぼ全部IFとVVS1のみ。時々FLとVVS2があった、、、と記憶している。カラーグレードはどうだったか、多分Gくらいが最低ラインだったろう。

 同僚の女性がK18YGのオープンハートリングを持っていた。オープンハートのデザインはティファニーが最初だが、その後世界中でコピーされ、自社製品にもそのデザインがあった。その女性の持っていたのは本物である。
 ある日の閉店後、ティファニーの本物をその女性に出してもらい、自社製品をショーケースから出してもらい、並べて比較してみた。ガラスケースの上に置くとティファニー製は「ゴトリ」と、自社製は「チャリン」と言う。何故かって自社製品は強度の限界まで内側を削ってある。ティファニーは削るどころか内側が丸く研磨してある。下が指側、上が外側だとして自社製の断面は「∩」、ティファニー製は「●」なのだ。だから自社製は軽くて安っぽいし、尖っていて装着した時心地良くないし、強い衝撃が加わると曲がる。
 余談であるが、ある時本社から来た女性が言っていた。

 ウチの社長はよく「我が社は世界一だ」と言うけれど、リングの内側を削る技術だけは掛け値なしに世界一だと私は思う

 一体、宝飾品とは何であろうか。
 石ころが高値で取引されるその理由は本来一つしかない。その石が美しいからである。美しいから宝石になるのであって、名前が「ダイヤ」だから「サファイア」だから「ルビー」だから宝石なのではない。
 △11はタンザナイトアクアマリンが好きだった。これらは美しい石が多い。美しくないと誰も見向きもしないので、そもそも内包物が多く濁っていれば市場に出て来れないのである。宝石本来の姿がここにある。
 地金をケチって内側を削り、強度が落ちて装着した時心地良くないリング。「これも鉱物学的にはダイヤモンド」と真っ白な安い石。そんなものに何の価値もないと思う。贅沢品が贅沢でなければ自己矛盾である。良い物が買えないなら買わない方がマシだ。

 婚約にダイヤモンドリングを贈ってもらうのが女性の夢だという。しかし、△11に言わせればダイヤモンド程夢のない宝石はない。
 グレードを指定すれば値段が決まる。要するに形を変えてあっても、男性が宝石屋に支払った札束そのものだ。その割にはリセールバリューもない。
 婚約指輪の相場は「月収3ヶ月分」と聞いたことがある人が多いと思う。宝石屋に1年チョイ勤めて、いや勤めなくても誰でも知っていることだが、そんなに婚約指輪につぎ込む馬鹿はいない。あれは高い宝石を売りたい人が書いたキャッチコピーに過ぎない。しかも元々はヨーロッパで「月収1ヶ月分」アメリカで「月収2ヶ月分」とセットで書かれたキャッチコピーであったが、生き残ったのは日本だけだという。
 そんなものに日本の女性は夢を託すのであろうか。そんな馬鹿女どもに日本の男性は札束を消耗し続けるのであろうか。若い2人が本当に資金を必要とする場面は他にいくらでもあるだろうに、、、

 余談だが、最近結婚指輪を購入しようとティファニーへも見に行ってちょっとがっかりしたのは、VSグレードが幅を利かせていることであった。△11の勘違いで昔からVSグレードも扱っていたのかも知れないけれど、昔のような特別な存在ではなくなったのかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月21日 (火)

結婚指輪来る

 この前注文してあった指輪が来たとメールがあり、取りに行って来ました。

 サムシング・ブルーということで内側に小さいサファイアを埋めるオプションを付けてあります。普段使いに曲がらないようずっしり太めのPt1000。
 文字等は刻印機で彫ると聞きましたが、△11が宝石店に勤めていたころの引っ掻き傷のような刻印ではなくハンダゴテでハンダの平面をなぞったような幅の広い滑らかな溝になっています。刻印機と言っても色々あるのかも知れませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月13日 (月)

結婚指輪決定

 ブランチはサンマルクでモーニングサービス、パン食べ放題。ここは焼きたてパンが食べ放題、コースが¥2kからなので時々ディナーで使っていますがモーニングは初めて。

 行く途中「宝石のたなか」が宝石を扱っていたことを思い出し立ち寄りました。この宝石店は多分時計店としての方が有名で、△11もホイヤー/アバクロンビー&フィッチ シーファラー(△11の時計)の革ベルト購入等でお世話になっています。
 約0.4ctSIグレ−ド×3の3ストーンネックレスが¥330kとか、FLグレードDカラー0.3ctのルースとか、宝石店としても素晴らしいことが分かりました。気に入ったのは星の砂ブランド。

 栄に出てセントラルパーキングに車を入れ、彼女と一緒にカルティエ、スタージュエリー、ティファニーと廻って全て実際に試着。スターバックスで休憩しつつ相談した結果星の砂に決定。丸栄催事場の越前の物産展で寿司巻きやらお酒やら買って来たり、お茶屋さんに入って抹茶を買って飲ませてもらったりのんびり。

 帰りに時計の師匠のところに彼女を紹介に行きましたが偶然不在。時計も出来上がっているか分からないとのことでそのまま帰投。

 宝石のたなかでコーヒーを頂きつつ星の砂の結婚指輪を注文して帰って来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

△11のオーディオルーム △11のカメラバッグ △11のスキーケース △11のバックパック △11の乗り物 △11の介護福祉 △11の天文台 △11の工具箱 △11の教育 △11の時計 △11の鉄道省 △11の電算室 △11の音楽スタヂオ アウトドア アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 オーディオ ギャンブル グルメ・クッキング ゲーム コダクローム200 シグマ21〜35/3.5〜4.2 スキー スポーツ ニコンクールピクスL23 ニコンD1 ニュース バイク パソコン・インターネット ファッション・アクセサリ ベルビア ペット ミニカー 万博 介護・福祉 住まい・インテリア 写真とカメラ 写真の作例 双眼鏡 天文 学問・資格 工具 心と体 恋愛 携帯・デジカメ 文化・芸術 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 時計 書籍・雑誌 楽器 海と船 災害 登山 経済・政治・国際 自動車 自転車 航空機 芸能・アイドル 趣味 鉄道模型 音楽 1980年代 Aiマイクロ55/2.8S Ai20/3.5S Ai24/2.8S Ai28/2.8S Ai35〜105/3.5〜4.5S Ai35/1.4S Ai35/2S Ai50/1.4S Ai80〜200/4.5 AiAFED80〜200/2.8D Cxゾナー50/1.5オプトンT Cxビオゴン35/2.8カール E75〜150/3.5 P105/4 REXディスタゴン35/4