2016年6月21日 (火)

日本海軍もアメリカ海軍も大艦巨砲主義から脱却したわけではない

 日本海軍は航空を非常に重視したを読んでか、どうも第二次世界大戦において「日本海軍は大艦巨砲主義でなかった」「アメリカ海軍は大艦巨砲主義から脱却した」と主張する人がいるようだ。

 言うまでもないが、これも大きな間違いである。

 航空主兵は、当時の日本海軍では主流の考え方ではない。
 侵攻して来る敵艦隊を航空機や潜水艦などの補助兵力で削り、日本近海で戦艦により艦隊決戦を行なう、というのが当時の海軍の主流の考え方であった。
 だからこそ連合艦隊司令部は真珠湾攻撃もミッドウェー海戦も、その実施に当たり軍令部と激しく対立し、最終的にはどちらも山本五十六が「この作戦が認められないのであれば司令長官の職を辞する」と軍令部を恫喝してまで無茶通しするハメに陥ったのである。

 「アメリカはとっとと大艦巨砲主義から脱却した」も間違い、、、とまで言うと言い過ぎかも知れないが、そんなに褒められたものではない。
 アメリカが航空兵力を重視するようになった理由の一つは「アテにしていた戦艦戦力が真珠湾攻撃でなくなってしまったので、手持ちの兵器で戦うしかなくなった」ということが挙げられる。手持ち兵器とはすなわち重巡洋艦と空母であり、実際目の前には日本海軍が真珠湾攻撃で出した実績「航空機の魚雷攻撃で戦艦を沈めることができる」が存在していた。
 また工業力が日本とは段違いに高かったため、戦艦と空母の両方を並行して製造できた。
 終戦時にアメリカにどれだけの戦艦と空母があったか見てみると良い。「アメリカは大艦巨砲主義から脱却した」のならばそこには空母と、航空艦隊護衛に使う巡洋艦や駆逐艦のみが並ぶはずなのだが、「アメリカは大艦巨砲主義から脱却した」などと口に出すのも恥ずかしいだけの立派な戦艦の数々も並ぶのだ。

関連記事:
2つの大艦巨砲主義
日本海軍はアメリカとの国力差を克服する方法を考えていた
日本海軍は航空を非常に重視した

編集

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 9日 (土)

皆既日食の電力調整に原子力発電所は無益

 2015年03/20にヨーロッパで皆既日食があった。それで、「最近太陽光発電が増えていたので、大幅な電力調整が必要になった」という報道がされている。これをどうも「電力は止めるわけには行かないので、原子力発電所が必要だ」という論調で話している人が結構いる。

 これは全くおかしな話だ。

 ここで問題になっているのは「急な量変化への対応」であって、「絶対量の不足」ではない。電力というのは、たくさんあればいいというものではない。原子力発電は発電量の調整が困難であり、「太陽光発電を増やすと皆既日食への対応という新たな困難が発生する」という話の中では何の役にも立たないのである。

 なのに、原子力推進派はそれを知ってか知らずか「太陽光発電を増やすと皆既日食への対応という新たな困難が発生する」→「原子力発電が必要だ」とミスリードしようとしている。

 まぁ、原子力推進の程度が知れる事例として記憶しておく必要があるだろう。原子力推進派はこうやってなりふり構わず何でも原子力推進に結びつけて来たし、これからもなりふり構わず何でも原子力推進に結びつける。

 電力に詳しいと自称する人がmixiでコメントして来たのでこの辺の話をしてみたのだが、結局「ガスと原発じゃ使い方が全く違うことを知らない辺りが業界から遠い人なんだなと分かります。まずは電気新聞を購読して下さい」であった。
 あのね。そこで自分で説明しないのなら、最初から絡んで来ないこと。深く理解しているのなら素人に分かりやすく説明できるはず。逆に素人に分かりやすく説明できないのなら、その人は深い理解ができてないのだ。もしかしたら専門を自称しながら何も分かっていないかも知れない。時間や文字数に制約があるのなら「分かりやすく説明せよ」なんて言われても困ることがあるかも知れないが、インターネットの場でそんな制約はない。素人に説明しないと、民主政治を建前とする国なのにその建前を軽視し、すなわち素人への説明を面倒臭がって省略し、専門家と政治家だけで何でも決めて来たのが今日の事態を産んだのだ。

 原子力発電は未だに「安定的にコストが安く供給できる」とされて「ベースロード電源」に位置づけられている。原子力発電のコストは事故を起こさず事故処理費用を必要としない前提で算出されて来たのだから、「コストが安い」は嘘である。今後も「今後は安全対策をするので事故は起こらない」が前提でコストは計算され続けるだろう。
 今後は自然エネルギーで賄い、電力量調整は技術開発と各方面の調整でどうにかしてやって行かねばならない。

編集

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月15日 (土)

STAP細胞、重要なのは再現性で、他はどうでも良い

STAP細胞、作製手法公表へ…バカンティ教授
》理化学研究所の小保方晴子ユニットリーダー(30)ら
》が発表した新たな万能細胞「STAP細胞」の論文で不
》正が疑われている問題で、論文共著者の米 ハーバー
》ド大のチャールズ・バカンティ教授は14日、STAP細
》胞の詳細な作製手法を近くウェブサイトに公表する考
》えを明らかにした。世界の研究者に再現 実験を促し、
》STAP細胞の存在を証明したい考えだ。
》バカンティ教授はSTAP細胞論文について「比較的軽
》微な間違いや外部からの圧力によって無視するには
》あまりに重要な論文だ」と指摘、論文を撤回する意思
》がないことを改めて示した。

 それでいい。画像の入れ間違いだの変造だの流用だの、どうでも良い話だ。重要なのは再現性があるかどうか、すなわちSTAP細胞の作り方を書いた論文のやり方で誰か他の人がやってSTAP細胞が作れるかどうかだ。ただその一点、その一点のみが科学の根幹である。

 小保方晴子が2011年に早稲田大学に出した博士論文などどうでもいい。はっきり言って、いい加減なものを出しても通るのがあまりに自明であったのなら、わざわざちゃんとした論文を作るだけバカというものだ。
 その場合科学の観点からはそもそも早稲田大学の博士号取得それ自体が意味がない行為だったということになるが、まぁそこは世間の、科学に対する無理解から、事実として役に立ったり必要だったりする場合もあるだろうから、大人の事情で取るのは勝手だろう。

編集

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 4日 (月)

山本太郎とみのもんた

 △11はどっちも嫌いである。しかし嫌いだから何を言ってもいいわけではない。

 山本太郎が園遊会で天皇に手紙を渡して批判されている。
 「憲法違反」?
 こう書く奴が山ほどいるのに、どの条文にどう違反しているのか、誰も書かないのはどういうわけだ。
 「請願法違反」?
 これを言うならまず山本太郎が出した手紙が請願に当たるかどうかを検討しなければならないが、内容が未公開なのにどうして請願に当たると言えるんだ。それと、請願法ってのは第4条「請願が誤つて前条に規定する官公署以外の官公署に提出されたときは、その官公署は、請願者に正当な官公署を指示し、又は正当な官公署にその請願書を送付しなければならない。」第5条「この法律に適合する請願は、官公署において、これを受理し誠実に処理しなければならない。」を読めば分かるとおり官公庁に対して作られているもので、当然請願者に対する罰則もない。山本太郎の手紙が「請願」に当たる場合、天皇は「請願者に正当な官公署を指示」せず受け取ったのだから、後は天皇から「正当な官公署にその請願書を送付」すれば終了。送付先は第3条「天皇に対する請願書は、内閣にこれを提出しなければならない。」から、内閣だ。まぁこれは大日本帝国憲法下で天皇に民衆が接するのを防ぐ意味で規定されているんだろうから、平穏に天皇が受け取った以上内閣との間で手紙を往復させる意味はないので、そこまで文理解釈せずそのまま受け取っちゃっても良いとは思うけどね。で、請願法違反だと言い張ってる馬鹿者は、山本太郎の出した手紙が請願法にいう請願に当たるという主張をしていることになるが、第6条「何人も、請願をしたためにいかなる差別待遇を受けない。」も読んだんだよねぇ。請願法違反を論じるのなら、まさに山本太郎を請願法違反で非難している者にこそ当てはまる話だ。
 「議員辞職モノ」?
 こんなのマナー違反かどうか、という程度の話だろう。余談になるが、現行憲法下で天皇に対する請願の存在を前提に請願法が定められていることで分かる通り、天皇に対する請願は憲法違反でも法律違反でもない。無論政治的権限がない天皇にたいして政治に関する請願をしても無意味だろうしそれを知ってか知らずか行なったことに関しては政治家として無能である証拠になるかも知れないがそれだけのこと、次の選挙に際し国民が判断すれば済む。まぁ選挙運動で選挙権のない子どもに対してもちゃんと手を振る政治家が多い中で、判断材料にされるべきとは思えないけどね。今後も根拠を出さないまま「辞職しろ」「辞職しろ」「辞職しろ」と皆で言い続けるなら強要罪が問題になって来る可能性もあるのでご注意を。
 「請願法第3条違反は本人が認めている。法を犯した者は保護する必要なし」?
 そうか、君は例えば道路交通法違反を1回したらもう警察にも消防にも刑事訴訟法にも守ってもらわなくていいって主張なわけだ。日本はそういうルールの国じゃないので、そういう主張の人は他所ヘ行って下さい。ちなみに今回の「山本太郎の請願法違反」は請願法の趣旨からして道路交通法のスピード違反や一旦停止違反程の違法性もない。住民票を取りに行くのに、市役所で行く窓口を間違えたくらいの話だ。
 「政治利用」?
 よく言うよ。言っている側がこれまで散々政治利用して来て、今も山本太郎の件を政治利用している癖に。そもそも山本太郎は手紙を渡したことを自ら公表したんじゃないだろう。批判されて広く知られたんだろう。政治利用させたとすればその「戦犯」は批判し有名にした側だ。批判側から違反条文が請願法第3条ごときしか挙がらないということはマナー違反に過ぎない可能性が高いが、それで国会議員を辞職させられると思うのかねぇ。で、もしそんなに政治利用がイケナイのだったら、これまでその政治利用に罰則規定を何も作らず、今回のような事例に対応できない責任は誰がどう取るんだよ。
 「直訴が爆発的に増える」?
 天皇に政治的権限がないことくらい常識がある人は知っているから、これからもそう皆が皆直訴なんかしないと思うよ。
 後で「山本太郎が天皇に渡した手紙の全文」なる怪文書が出て来てさらに批判を浴び、山本太郎の事務所から「デマだ」と説明があったら今度は「デマだというなら全文公開しろ」。
 不敬を問題にするのであれば、天皇が平穏に受け取った信書についてデマを流したり、「(天皇の承諾なしに)全文公開しろ」と詰め寄る方が余程不敬だと思うがねぇ。

 みのもんたは息子が窃盗未遂容疑で逮捕されて批判されている。
 他の人なら△11は「息子は別の人格だろ」で済ますけど、息子は日本テレビにコネ入社し、親の七光りを背景に行動していたらしいんで、そういうわけにも行かないだろうな。それからみのもんたは「誰が何をやったかによらず、叩ける相手をよってたかって叩く」そういう風潮の一端を担っているかも知れないね。でも、もしそうだったとしても、そういう風潮で本人を扱って良いかどうかは別だし、そもそもみのもんたに問題があったのなら、本人が偉そうに「ご意見番」をしていた時に言ってあげるべきだったろう。「人間というものは、そんなに単純に切って捨てるような批判をできるような、完璧で強いものじゃないですよ」「息子さんが虎の威を借る何とやらになって皆が困っているのでどうにかしてもらえませんか」と。

 叩ける相手を感情的に叩いても、世の中は良くならない。悪くなる一方だ。

編集

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月 4日 (水)

外食産業の製造原価に関するあるmixi日記に反論する

 mixiニュース夜店のベビーカステラ 材料費だけみれば12個入りで10〜15円に関するよもやんという人のmixi日記

マクドナルド販売のコーラーは原価0円に近い、マックフライポテト(M) は原価19円、ペペロンチーノは原価60円
》mixi日記一覧をさくっと拝見すると、なんか的外れな知ったかぶり
》を書いている馬鹿が多いけど(苦笑)、飲食経営をしている人なら
》ばわかっているが、いくら人件費だの場所代だの光熱費だの言った
》ところで、マクドナルドやイタ飯屋、祭りの屋台がボッタクリなの
》は常識ですよ。ちなみに良心的な飲食店だと、原価率は約3割前後
》です。客寄せ目的のメニューになると、原価率は5〜6割となりま
》す。
》原価率が、業界の常識よりもかなり低いということは、その分、他
》に付加価値がないといけないが、マクドナルドやイタ飯屋、祭りの
》屋台に付加価値があるとは到底、思えない(苦笑)。
》あと、外食の労働環境も非常に劣悪だし、身体に悪いジャンクフー
》ドを提供しているから、マクドナルドやワタミ、餃子の王将など、
》銭ゲバの飲食チェーン店は行かないほうがいい。

 この人の主張では、「良心的」と言える原価率の水準は3割で、マクドナルドを「ボッタクリ」と言っているんだから、100円マックのハンバーガーは原価30円をかなり下回らないとおかしいね。

》今、調べたけどマクドナルドのハンバーガーは120円、原価は
》約28円だから、原価率23%。あの味で23%は割高やね(苦笑)。

 「あの味」は個人の嗜好でどうでも良いから無視するとして、原価30円で「良心的」なのが原価28円で「ボッタクリ」と言えるのか?

》今の事実に基づいて書いてくれ

 あぁ、100円マックは過去の話で今は120円になってしまったのか。

 しっかし頭悪いなぁ。じゃあ100円マックにハンバーガーがあった時は「ぼったくり」じゃなかったのかよ。59円の時はどうだったんだよ。まぁいいや。

 調べてみたらネット上にはマクドナルドのハンバーガーの原価には「28円説」と「45円説」がある。そして、もう少しよく見てみるとどうも28円の元ネタは中国のマクドナルド麦当劳のデータを中国元から日本円に換算した価格らしいのである。45円の方はモスバーガーとの比較が多く、為替換算の話は出て来ない。
 つまり、ここまでで分かった限りでは、日本マクドナルドのハンバーガー原価は45円だろう、と考えられる。

》で、45円の根拠は?(証拠は?)
》28円は中国の流出データが根拠だけど、マクドナルドは世界
》企業なので、メイン商品については、仕入れはまとめてやりますよね?

 おぃおぃ「前に誰かに聞いたんだけど」じゃなくて「今調べたけど」って書いていたんだから、△11が調べて目にしたように、その時45円説も目にしたよね?
 それで自分がこれまでした主張に都合が良いからって中国での原価と知りつつ何の疑問もなく28円説を採用したくせに、自分がこれまでした主張に都合が悪い45円説には根拠が要るのかよ(^_^;

 ところで知人に「フジパンでマクドナルドのバンズを作ってた」と聞いたことあったので調べてみた。

フジパングループ採用情報|部門紹介
》富士エコーは、日本マクドナルド様のハンバーガービジネスを
》原材料の物流面からサポートすることを目的として、1979年に
》設立されました。富士エコーは、北海道から沖縄まで、九州と四
》国を除く全国各地をカバーするため、11ヶ所の物流センターと
》2ヶ所の営業所を合わせ、合計13ヶ所の配送拠点から外食産業や
》大手コンビニエンスストアに原材料の安定供給を行っています。

 富士エコーでは、「九州と四国を除く全国各地」とあるように日本国内ですら供給していない場所がある。当然アメリカのマクドナルド本社のバンズや、麦当劳のバンズは作っていない。
 これは可能な生産能力があってもやらないだろう。送ってる間にパサパサになっちゃうし、無理に送ったとしても輸送費が掛かるのでやはり原価は同じにならない。原価を無理に揃えるなぞ無駄な話だが、それを承知でもし揃えようと思ったとしても無理なんである。それこそ「経営をしている人ならばわかっている」話だな。
 日本マクドナルドの、九州と四国を除くバンズ仕入れ価格は、富士エコーとの交渉により決まる。アメリカのマクドナルド本社のバンズ仕入れ価格は、どこだか知らんがアメリカにあるであろうバンズメーカーとの交渉により決まる。麦当劳のバンズ仕入れ価格は、どこだか知らんが中国にあるであろうバンズメーカーとの交渉により決まる。それぞれの価格は当然違って来る。そういう話がミンチ、タマネギ、レタス、ソース、包装紙、電気代等々に関してそれぞれあり、ゆえにそれらの総計であるハンバーガーの原価もそれぞれ違って来る。

 日本マクドナルドの話なんだから日本マクドナルドの原価で話すべきだし、もしマクドナルド全体の問題を論じるとしても麦当劳の原価を元に話すなら麦当劳の販売価格と比較して原価率を計算すべきだろう。無論その時にはマクドナルド全体のうち麦当劳の原価率が分かるだけにはなる。
 少なくとも麦当劳の原価を中国元から日本円に換算して、日本マクドナルドの販売価格との比較で「原価率を計算」などという暴挙に出る必要は全くない。

》マクドナルドは自身のホームページで、「グローバル•サプライ
》チェーン」をはっきり書いているけど、あれは嘘かな?(苦笑)

 全然関係ないだろ。グローバル・サプライチェーンがどんな意味だか知らんが、お前が勝手に思い込んでるその意味じゃネェよ。
 日本とアメリカと中国でそれぞれ莫大な量を生産しているのに、全く同じものを全く同じように製造しているわけなかろうが。それこそフジパンは日本マクドナルドに材料を卸すために子会社まで作ったと公開で書いてるんだが、これ嘘なのかよ。

 この後もまともな返事がなく、アクセス拒否されたので、ここで反論しておく。△11がコメントできていることで分かる通り「全体に公開」扱いであるし、アクセス拒否した最後まで自分が正しく△11がキチガイだという扱いであったので、こうやって公開で反論することに関して何の異議もないだろう。

 原価45円でできたものを120円で販売した場合の原価率は37.5%。最初にこの人が書いた「良心的な飲食店だと、原価率は約3割前後」を立派に上回る。
 日本マクドナルドは、原価率37.5%で販売しているハンバーガーについて、「良心的な飲食店だと、原価率は約3割前後」と主張している者から「マクドナルドやイタ飯屋、祭りの屋台がボッタクリなのは常識」などと罵倒される筋合いはない。

 この人

》もしハンバーガーを食べに行くにしても、FIRE HOUSEBROZERS'
AS CLASSICS DINERへ行きますよ、はい。

 と書いているけど、リンクを辿るとどれもハンバーガー単体で1000円を超えるような高級店らしい。これらの店の原価率は知らんけど、「経営をしている人ならばわかっている」話で、価格が高いほど原価率は低くなる傾向にあるのだが、分かってんのかね。実際マクドナルドよりずっと少数しか売れないであろうそれらの店で、日本マクドナルドより高い原価率で作っていてやって行けると思ってんのかね。
 まぁやって行けてたらそれはそれで構わないが、「経営をしている人ならばわかっている」原則とは違う「立派な話」だわな。
 そんな高価格でも売れるハンバーガーの美味しいレシピと高級そうな店舗を作って維持し、例えばマクドナルドが45円で100個作って120円で100個売って6500円の粗利を出すそれと同じ時間に、一体原価いくらで作っていくつ売れるのか、、、考えたことある?
 自分が書いた「なんか的外れな知ったかぶりを書いている馬鹿」が誰のことだか、よく考えてみるといい。

 ところで28円説の元となった麦当劳、日本マクドナルドよりは安く売っているだろうからさっき書いたばかりの「価格が高いほど原価率は低くなる傾向にある」から、原価率は37.5%よりさらに高い可能性が高いとは思うけど、一体実際にはハンバーガーいくらで売ってるの?
 検索したら日本円への換算前の価格があった。

【ニュース】中国でマクドナルド(麦当劳)の原価一覧が流出しました

 原価2.22元、売価4.4元。原価率50%超じゃないか。この人に言わせれば「客寄せ目的のメニューになると、原価率は5〜6割となります」だそうだから、それを普段からしている麦当劳はすんげ〜良心的だねぇ(^_^;

 リンク先には「※1元=約13円で換算してます」とあるが、1元=13円で計算すると原価28.86円、売価57.20円だ。原価の話なのだから切り上げか四捨五入だろう。小数点以下を省略するなら29円、小数点以下1桁まで表示するなら28.9円とすべきだ。
 意味もなく小数点以下の数字を切り捨てたのも、セットで知らされるべき中国での売価が広められてないのも、「マクドナルドはぼったくり」という、悪意を含む結論ありきだったからだろうな。

 個人的にはマクドナルドがどういう商売をしているかには興味がない。100円マックがあった頃はよく行ったが、ポテトは割高だと思うので買わない。今行くとしたら120円の中から選ぶ。
 500円のマックカードはお釣りも出るが、金券屋さんに行くと470〜480円で売っている。「100円なら良心的だが120円はぼったくりだ」と言うなら、何かのついでに5枚くらい買って財布の中に入れておくといい。

 「ポテトはぼったくりだ」?

 全ての客に「ポテトは如何ですか?」と聞くのは利益を確保するための企業努力であって、割高だと思う人はまさに△11がして来たように毎度「要りません」と返事してポテトを買わずにいれば済むだけの話だ。世間様に対して大声で「原価率はこうだ!」などと言い立てるような筋の話じゃない。

 読解力の足りない人には分からないかも知れないので念のために書いておくと、△11の主張は「マクドナルドは良心的だ」ではない。
 批判するならちゃんとした筋道を立てて批判しないと、批判が「ただの感情的なタタキ」と思われてしまうようになってしまうのである。

編集

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年8月24日 (土)

広島死体遺棄

広島死体遺棄 奪った金を7容疑者で山分け…後悔しても謝罪なし

》元同級生の少女(16)歳から金を奪い、殺害するなどしたとして、
》強盗殺人容疑などで広島市東区の無職少女ら男女7人が再逮捕され
》た事件で、7容疑者が、 元同級生から奪った現金を1人当たり約6
》千円ずつ“山分け”していたことが、広島県警呉署捜査本部の調べで
》わかった。16〜21歳の7人は、自分の将来を 心配する発言を
》しているが、いまだに被害者への謝罪の言葉はないという。
》7容疑者らの「LINE」のやりとりからは、社会に居場所を失っ
》たむなしさや、ささいな言い合いから仲が悪くなっていった様子が
》浮かぶ。
》広島市中区の少女(16)が借りていたマンションの一室には、ほ
》かの少年少女らがたびたび出入りしていた。中区の少女は事件前の
》6月下旬、ブログに「私ね、家族っていないんだって…」などと記
》していた。少女らは友達同士で“ファミリー”を自称していた。
》「お前らみたいなブスと話す暇ないけぇ」(殺害された元同級生)。
》「おまえにゆわれたあないわあや」(広島市東区の無職少女)−。顔
》の見えない、「LINE」でのいさかいは、やがて暴行、殺人事件
》に発展した。
》6月28日早朝の灰ケ峰。捜査関係者によると、車内で暴行を受けた
》元同級生はまだ歩ける状態だった。「このまま帰すわけにはいかな
》い」。全員が車を降り、殺害後に遺体を確認したとみられる。
》県警捜査本部によると、7人は取り調べに素直に応じているという。
》しかし口をついて出るのは、自分自身の今後への心配や後悔ばかり
》で、被害者への謝罪はまったくないという。

 インターネット上は「こういう更生の可能性のないのは少年法で甘やかすのでなく死刑で当然、もしそうならなかったら実名と顔写真を晒して生きて行けないようにしてやれ」という意見で満ちあふれている。

 現状では未だ「容疑者」なんだが、自分で「犯人」である旨確認したのか?
 普段お前らが口を極めて「税金泥棒」と批判している国家機関の発表そのままに普段お前らが口を極めて「マスゴミ」と批判している報道機関が「犯人」であると思えるような話を書いているだけじゃないのか?
 もし「犯人」じゃなかったらどうすんだ。

 「現実を見ろ、正論で片付く話ばかりじゃない」?
 だいたいそういうことを言う輩に限って現実を見ていない。見ようともしない。

 「刑が軽いから重大犯罪がなくならない」?
 そう叫ぶ輩が掃いて捨てるほどいるのに、誰も「刑を重くしたら、本当に重大犯罪は減るのか?」すら真剣に考えない。世界中探せば最近死刑を導入した国、最近死刑を廃止した国もあるんで、実際に死刑を廃止して重大犯罪は増えるのかはある程度検証可能だ。
 地球が平面ではなく丸かったように、太陽が地球の周りを回っているのではなく地球が太陽の周りを回っていたように、人間個人の直感と矛盾する「真実」はたくさんある。これからも出て来るだろう。
 仮に「刑罰を重くしたら重大犯罪は増える」が真実だった場合、「重大犯罪者は死刑にしろ!」と喚いていた連中は、刑罰を重くして新たに起きた重大犯罪の被害者に対してどう申し開きするつもりなのだろうか。無論最終的には神でない人間には本当はどうなのか分からない、、、しかし調べられるところまでは調べて考えられるところまでは考えるべきだ。

 「謝罪も反省もなく更生の余地がない」?
 軽々しくこんなことを口に出せるのは、本当の意味で人間というものと向き合って来ていない世間知らずだからである。
 重大犯罪発覚直後なんて普通はパニック。処断に怯えて責任転嫁を考える。この時点で自分の将来の心配をしたり友達のせいにしているのは、スレてない証拠と見ることもできる。そんなこと語ってもこうやって警察や世間の反感を買い不利になるだけだからね。バレてすぐ謝罪や反省を落ち着いて語れるとしたら、ズル賢く情状酌量を考えているだけかも知れない。

 「お前が家族を殺されたらお前は許すのか、遺族感情を考えろ」?
 刑事訴訟制度は、個人の復讐の道具ではない。日本では、復讐は許されておらず、もしするならば刑事訴訟制度に期待するのではなく違法承知でしなければならない。無論復讐をしないことは「犯人を許す」ことにはならない。
 また、軽々しく「遺族感情」などと口に出せるのは、本当の遺族感情を知らない野次馬だからだ。
 殺人からしばらく経過すると、遺族の中には、加害者の死刑を望む心に躊躇が出て来る人もいるそうだ。なぜって、加害者は愛する者を死に追いやった人間であるとともに、愛する者の最期を見届けた人間だから。無論許すとかではない、殺したい憎悪の感情はそのまま残るのだが、しかし加害者の存在は「愛する者が生きていた証」でもある。加害者が死刑になってしまったら、「あの人の最期はどうだったんですか」と聞ける相手がいなくなってしまう。人間の心理というものは、簡単に説明できるほど、簡単に割り切れるほど、単純じゃない。

 こういう事件報道は無知・無神経発見器ですな。皆が言っている感情論に勢いで同調し人を破滅に追いやる点で、犯人と共通。偉そうなこと書いてて、何も知らないし、知ろうとしない。何も考えないし、何も考えようとしない。

「生まれ生まれ生まれ生まれて生の始めに暗く、死に死に死に死んで死の終わりに冥し。」(弘法大師空海)

関連記事:
少年犯罪は凶悪化、低年齢化していない

編集

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月17日 (土)

原爆追悼式典「うんざりだ」?

原爆追悼式典「うんざりだ」

》広島と長崎に投下された原爆について、イスラエル政府の高官が、
》「日本による侵略行為の報いだ。独り善がりの追悼式典はうんざり
》だ」などとインターネット上に書き込んでいたことがわかり、現地
》の日本大使館が、イスラエル外務省に抗議しました。
》これは、イスラエル政府の高官で、近く首相府のインターネットを
》使った広報戦略の責任者に就任する予定だったダニエル・シーマン
》氏が、みずからのフェイスブックに書き込んでいたものです。
》この中でシーマン氏は、今月6日に広島で行われた原爆の犠牲者を
》追悼する平和記念式典について、「独り善がりの追悼式典にはうん
》ざりだ。広島と長崎での原爆投下は、日本が侵略行為の報いを受け
》ただけだ。日本が追悼すべきは帝国主義や大量虐殺で犠牲となった
》中国人や韓国人だ」と書いていました。
》この書き込みは、現在、削除されていますが、現地の日本大使館は、
》イスラエル外務省に抗議しました。
》一方、首相府は、NHKの取材に対し、「書き込みは政府の立場を
》代表するものではない」と釈明し、シーマン氏は停職処分になって
》います。
》シーマン氏は、過去に外国メディアを担当していた際に、イスラエ
》ルに批判的な記事を書いた記者を、事実上の国外追放にしたことも
》あり、物議を醸していました。

 頭悪過ぎ。
 この伝で行けばイエス・キリストを殺したユダヤ人がキリスト教徒に殺されるのは「自業自(以下略)。

 侵略戦争と関係なく広島に住んでいただけの女子供老人はどこが「自業自得」なのか。広島で抑留されていたアメリカの捕虜、広島で働いていた朝鮮人労働者はどこが「自業自得」なのか。日本の軍人でも、例えば、であるが南京大虐殺を命令されて拒否し上官から半殺しに遭わされて病院送りになり広島の陸軍病院に入院していた人がいたとしたら、その人のどこが「自業自得」なのか。

 民族のしたことと、個人のしたことは別の話である。国家のしたことと、個人のしたことは別の話である。個人のしたことと、他の個人のしたことは別の話である。だいたい、そういうのをごっちゃにしちゃうお馬鹿さんが日本にいたから居留民保護の名目で首都の南京まで占領したんじゃないか。通州事件があったから南京大虐殺の被害者は「自業自得」なのか。断じて違うぞ。

 中国の民衆も、日本の民衆も、本当の敵は誰なのかを見極めねばならない。本当の敵は、戦争をしたがっている人物だ。
 推理の基本として、犯人を探す場合、犯行により得をする人物から探し始める。戦争で言えば、戦争でしか手柄が上がらない軍人、軍隊に装備品を売って商売をしている死の商人、軍隊が確保した権益にぶら下がって仕事をする人たち、そして「景気が悪いなぁ、、、どこかここじゃないところでドンパチやってくんないかな、そしたらばちょっとは景気が良くなるのではないか」と思いたくなる自分の気持ちである。
 植民地支配で出遅れたドイツ、イタリア、日本が性急に植民地確保に走ったのが第二次世界大戦の原因になったが、その大元は、世界大恐慌以来景気が非常に悪くなったからである。軍人は、死の商人は、国民の提灯行列に後押しされて外へ出て行ったのだ。
 第二次世界大戦で破滅した日本が立ち直ったのは朝鮮戦争によってであった。しかし隣人のおびただしい流血の元で景気が良くなって嬉しいだろうか。ちょっとくらいの貧乏、皆で我慢した方が良くはないか。血の通った人間であれば、皆そう思うハズだ。

アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所のガス室、広島の原子爆弾投下、南京の大虐殺、、、全ての被害者を全人類で追悼すれば良いのである。

編集

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月15日 (木)

戦争責任と極東国際軍事裁判

 一体、1945年08/15までに日本がしていたことは侵略だったのだろうか、それとも正当防衛だったのだろうか。

 日本が当時掲げていた国是に「八紘一宇」「大東亜共栄圏」という言葉がある。天皇の元で道義的にアジアの国々が協力する体制を作る、というような意味だろう。それはヨーロッパの侵略からアジアを解放するという意味を含んでいた。
 韓国内でインフラストラクチャーが整備されたことを指摘する人もいる。日本による統治は韓国側も望んだことで、李朝の搾取から比較すればマシになったはずだと主張する人もいる。
 インドネシアは戦後オランダから独立した。独立運動には多数の元日本兵が参加した。
 杉原千畝がユダヤ人の「命のビザ」を発行したのは、八紘一宇という国是が背景にあったという人もいる。

 しかしインドネシアで寛容な軍政を敷いて現地から歓迎されていた今村均陸軍大将は、陸軍の上層部からもっと強圧的な軍政に転換するように求められていた。
 杉原千畝はビザを乱発することにつき散々外務省から叱責を受け、戦後は外国人からの賞賛の高まりで名誉回復されるまで一貫して冷遇された。
 戦中上海で海軍監督工場を経営していた△11のカメラの師匠は生前こう言っていた。「海軍士官は本当に良くなかった。タクシーを使って、降りる時にサーベルを振り回して逃げちゃうんだ。ただ乗りだな。よく見かけて、代わりに支払ったよ。」
 「建前でなく、日本はアジアの解放のために戦ったのだ」と言うためには、少なくとも当時ほぼ全ての日本人がそれに沿って実際にも動いていたことが必要だろう。しかし当時の日本は到底そういう状況にはなかった。
 今「建前でなく、日本はアジアの解放のために戦ったのだ」と主張している人もなぜか二言目にはその同じ口で「通州事件を見ろ、日本が出兵したのは居留民保護のため仕方がなかったのだ」と言う。アジア解放のためじゃなかったのかよ。
 正当防衛のために資源が必要だった、という人は、「アジアの解放のため」という建前との中に矛盾を含むことを認識できないのだろうか。その資源は、宗主国だけのものではない。インドネシアの石油は、現地の人たちのものでもあったはずだ。
 もし会社を首になったら、どうすべきだろうか。少なくなった収入とそれまでの蓄えの中でやりくりするしかあるまい。強盗をして良いという話にはならない。石油や鉄がアメリカに禁輸制裁に遭い輸入できなくなったのなら、他の国から輸入する方法を考えつつ備蓄分で何とかするしかないのだ。
 要するに日本政府は、アジアの解放を本気で考えてなんかいなかった。

 「もし侵略だったとしても、それまで散々侵略をして来た英米に断罪される覚えはない、まして極東軍事裁判は単なる復讐劇であり、全く裁判としての形態を成していない」という意見もある。それはもちろんそうだ。
 無論極東軍事裁判は不当だった。それはそうなのだが、個人的にはそれとともに「なぜ日本人の手で、本当の戦争責任者を追及できなかったのか?」という思いはある。
 ドイツは今もってナチス指導者を追い続けている。まぁそれは「ドイツが悪かったのではない、ナチスが悪かったのだ」という心理の現れという人もいるし、それはそうかも知れないのだが。
 日本もドイツも正当防衛だった?
 いや対外的責任以前に、自国を焦土とした結果責任は追及されて然るべきだったと思うけどねぇ。

 今も尖閣諸島で中国が挑発行動を取るたびに「領海侵犯した船は撃沈せよ」「再軍備し、宣戦布告せよ」という人がいるけど、昔その路線で日本がどうなったか、考えたことがあるのかねぇ。それとも彼らがよく言う「戦後日本の教育は一番重要な現代史を教えていないので、自分で歴史を知らねばならない」という言葉は自分には適用されないのだろうか。

「本件(ビザ発給)について、私が今日まで余り語らないのは、カウナスでのビーザ発給が、博愛人道精神から決行したことではあっても、暴徒に近い大群衆の請いを容れると同時にそれは、本省訓令の無視であり、従って終戦後の引揚げ、帰国と同時に、このかどにより四七才で依願免官となった思い出に、つながるからであります」(杉原千畝)

編集

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月27日 (土)

日本国憲法は押しつけか?

 よく「日本国憲法は押しつけられたものだから、自主憲法を制定しよう」という議論がある。まぁ何となくもっともらしいので素直に納得する人も多いようだが、何となく変だと思わないだろうか。△11は変だと思う。

 そもそもこの文章の「押しつける」の目的語は何だろう。主語はアメリカ合衆国もしくは連合国軍最高司令官総司令部だろうが、目的語が不明瞭なんである。
 「目的語なら日本に決まっているじゃないか」というかも知れないが、しかし日本とは日本国政府のことか、日本国民のことか。

 日本国政府に関して言えば、無条件降伏の時受け入れたポツダム宣言の中に「日本の民主主義的傾向の復活強化」「基本的人権尊重」「平和政治」「国民の自由意思による政治形態の決定」という条項があるので、押しつけられたというのは無理がある。嫌なら降伏に条件をつければよかっただけの話だ。
 無論絶望的な戦力差の前に敗戦間近の中でポツダム宣言自体が「押しつけだった」ということは、一国民の感情として言うのは可能かも知れない。しかし今更日本政府なり政権与党の見解として主張するのは不可能だ。それはポツダム宣言受諾、戦艦ミズーリ艦上で行なわれた降伏文書調印、サンフランシスコ講和条約、日米安全保障条約、、、と連綿と続く戦後の日米関係、、、だけでなく戦後の世界との関係全ての根本を覆す暴挙である。「勝てば官軍の世界は本当の正義を示さない」というのであれば、宣戦布告などすべきではなかったというだけの話である。
 「ハル・ノートは実質的な宣戦布告だった」ってのも聞き飽きた。ハル・ノートは宣戦布告でもなければ最終通牒でもない。彼らは「朕茲ニ米國及英國ニ対シテ戰ヲ宣ス」という開戦の詔勅を無視している。開戦したのは、「勝てば官軍」の世界に解決を求めたのは、日本政府なのである。

 また現在改憲派が言う自主憲法が「日本国民によって作られた憲法」のことであってみれば「押しつけられた」のは日本国民でないと筋が通らないだろう。
 では日本国民は、アメリカ合衆国もしくは連合国軍最高司令官総司令部に日本国憲法を押しつけられたんだろうか。
 △11は全くそうは思わない。

 確かに成立の過程は理想的ではなかった。
 連合国軍最高司令官総司令部が原案を持って来る前に、日本政府から「日本の民主主義的傾向の復活強化」「基本的人権尊重」「平和政治」「国民の自由意思による政治形態の決定」という条項に合致する憲法案が出て来るべきであったし、日本国政府にその能力がないなら日本国民が日本国政府を覆して憲法案を出すべきであったが、まぁそこまで望める状況ではなかったろう。

 それでも押しつけなどと言えた状況ではない。
 日本国憲法は大日本帝国憲法第73条の憲法改正手続に従い、第90回帝国議会の審議を経て若干の修正を受け1946年05/16に賛成421票、反対8票の圧倒的多数で適法に成立した。
 また国民も、全員一致ではもちろんなかったであろうが、その大多数は諸手を挙げて支持した。
 いくら連合国軍最高司令官総司令部が原案を押しつけようとしても、過半数の国会議員が反対すれば、さらには過半数の国民が反対していれば、到底日本国憲法の制定は無理だっただろう。何しろ「平和政治」だけでなく「日本の民主主義的傾向の復活強化」「国民の自由意思による政治形態の決定」もお題目として掲げてしまっているのだから。
 敗戦に伴って、世界に冠たる存在だった陸海軍も、東南アジアに広がっていた海外領土も、今日食べるものも着るものも寝る場所も何もなくなった、しかしもう空襲を恐れず裸電球を点灯できるようになった焼け野原のバラックで、日本国憲法を読んで「これこそがこれから私と私たちの世界が依って立つべき新しい時代の理想の憲法だと思った」という人は本当に多い。
 その後も国民の支持は止まなかった。それは日米安全保障条約の1960年改定と1970年自動延長に対する、いわゆる安保闘争の激しさを見れば分かるのである。

 押しつけだ、と言うのであれば、日本国憲法原案を持って来たすぐ後の1950年に日本国憲法に全く矛盾する警察予備隊令を持って来たことを言うべきであろう。
 莫大な費用と人的犠牲を投入し世界に冠たる装備と規模を持つに至った帝国陸海軍が祖国防衛の役に立たなかったのを目前にし、戦禍に疲れ、平和憲法の条項に接して新しい時代の安全保障の姿を見た国民にとって、今更「自衛しないと外国に攻められる」などという「古臭い嘘」は聞きたくもなかったに違いない。

 だいたい、自主憲法論を持ち出す人間があるべき姿として挙げる新憲法案は大日本帝国憲法ほとんどそのままだったりするわけだが、「欽定憲法」という言葉が示す通り、大日本帝国憲法こそ当時の日本の支配層が日本国民に押しつけたものだった。明治天皇が内閣総理大臣黒田清隆に手渡したことで成立したものであって、国民は全然与り知らなかったのである。

 日本国憲法が押しつけだったという論理を貫くのであれば、それ以上にずっと、大日本帝国憲法や日米安全保障条約こそ押しつけである。

(日本国憲法を審議中の第90回帝国議会で日本共産党野坂参三から
「放棄するのは戦争一般でなく侵略戦争とするのが的確では?」という
趣旨の質問に答え)
》私ハ斯クノ如キコトヲ認ムルコトガ有害デアルト思フノデアリマス
》近年ノ戦争ハ多ク国家防衛権ノ名ニ於テ行ハレタルコトハ顕著ナル
》事実デアリマス、故ニ正当防衛権ヲ認ムルコトガ偶々戦争ヲ誘発ス
》ル所以デアルト思フノデアリマス
(当時内閣総理大臣だった吉田茂)

編集

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月26日 (金)

誰か、マツタケ山を復活させないか?

 マツタケは高価だ。何故高価かと言うと、生産量が少ないからだ。

 こうなったのは、実はそう昔のことではない。
 1941年には流通量12000tであった。調べてみると現在のシイタケの流通量とほぼ同じである。

 これに対し2010年には140t。これでも前年比5.8倍で「歴史的豊作」と称された。ということは2009年には24t程度しかなかったということだ。

 実際△11が介護職をやっていた時、送迎に出ると高齢者から「ここはちょっと前までマツタケ山でねぇ」という話をよく聞いた。宅地化が進んでいるとは言え名古屋市内である。「ちょっと前」とは「20年くらい前まで」という感じの話だ。

 原因ははっきりしている。
・燃料や肥料として利用されていた松の葉や枝を利用しなくなった
・マツクイムシにより松枯れが多発した
 の2つである。

 20年くらい前にダメになったという話は、その少し前に燃料や肥料としての松林の利用が止まったことが理由とすれば非常によく分かる時期である。とすれば、逆に言えば原因さえ取り除けばまたマツタケ山に戻るということではあるまいか。今更燃料や肥料の利用は復活しにくいかも知れないが、その結果と同じ状態に近づけることはできるだろう。

 あれだけ高価に売却できる「日本産マツタケ」を採取できる可能性があるとすれば、努力してみる価値はあるのではあるまいか。誰か遊休の山を持っている人、やりません?

編集

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

△11のオーディオルーム | △11のカメラバッグ | △11のスキーケース | △11のバックパック | △11の乗り物 | △11の介護福祉 | △11の天文台 | △11の工具箱 | △11の教育 | △11の時計 | △11の鉄道省 | △11の電算室 | △11の音楽スタヂオ | アウトドア | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | オーディオ | ギャンブル | グルメ・クッキング | ゲーム | コダクローム200 | シグマ21〜35/3.5〜4.2 | スキー | スポーツ | ニコンクールピクスL23 | ニコンD1 | ニュース | バイク | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | ベルビア | ペット | ミニカー | 万博 | 介護・福祉 | 住まい・インテリア | 写真とカメラ | 写真の作例 | 双眼鏡 | 天文 | 学問・資格 | 工具 | 心と体 | 恋愛 | 携帯・デジカメ | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 時計 | 書籍・雑誌 | 楽器 | 海と船 | 災害 | 登山 | 経済・政治・国際 | 自動車 | 自転車 | 航空機 | 芸能・アイドル | 趣味 | 鉄道模型 | 音楽 | 1980年代 | Aiマイクロ55/2.8S | Ai20/3.5S | Ai24/2.8S | Ai28/2.8S | Ai35〜105/3.5〜4.5S | Ai35/1.4S | Ai35/2S | Ai50/1.4S | Ai80〜200/4.5 | AiAFED80〜200/2.8D | Cxゾナー50/1.5オプトンT | Cxビオゴン35/2.8カール | E75〜150/3.5 | P105/4 | REXディスタゴン35/4