2012年9月11日 (火)

2012年09/09、RPM参加

 前日珍しく洗車し、寝袋を降ろし、ニコンD1のバッテリーを充電し、準備万端。ってそれだけかよ!

 静岡在住時代の時間勘で出発、ちょうど入り口で開門時間の8時になった(^o^)
 なぜ開門時間に合わせたかって、クーラー効かないからぎりぎり早い時間に行きたかったんだよねぇ。

Dsc_3704 指定された場所に駐車し、ナンバープレートカバーを両面テープで貼って、デカエンブレムを提げて、とりあえず一枚。

 このデカエンブレムが効いて、Yoppyさんのデカスヌーピーとともにやたら指差して笑ってる人がいたり、写真を撮られたりした。公式動画Respect Porsche Meeting 2012 Teaser(Youtube)にも0:54辺りでばっちり2画面映されている。
 似た車両に乗っている人がぽつり「少しくらい奇麗かどうかとか、パーツがついているとかなんか詳しくない人にはどうでも良いわけで、やっぱ目立たないと見てもらえないよなぁ(^_^;」

 今回面白いと思ったのは、300台を超える台数をきっちり分類して場所を指定していることで、これのおかげですごくきれいなんである。
 無論時間に遅れて来た人が入れないとかはあって、例えば1台だけのポルシェ928がパナメーラの方にあったので「気筒数で分けたのかな?」と思ったら、ポルシェ968の隣に1台分空いていたのが本来の場所だったそうだが、全般的にはほとんど破綻なく分類されていた。
 普通のオフでも分類をすることはよくあるが、例えば10台でもなかなかここまで奇麗には行かないものだ。

 んで、ポルシェ924系の場所はマリーナ前の芝生で、特等席と言えるだろう。
 「体よく隔離されたな(^_^;」「イッチーさんがポルシェ968に乗っているから、主催者権限で決めたんじゃないか?」などと言っている人もいたが、イッチーさんに聞いてみると「前回一番良くない場所で、本物のポルシェ扱いされていないのでは、などという声もあって、順繰りにしている」というようなお話をされていた。

Dsc_3706_2  ラグーナでのミーティングなので、この角度は1枚欲しいっすよね。向こうに見えているのがポルシェの並んだ駐車場。

 ニッポンチャレンジと書いてあるので「レーサーか、、、でもそれにしちゃあ普通のクルーザーっぽいな、、、」と思っていたら、この船はサポートか何かの船らしい。

Dsc_3707  こっちは間違いなく以前のレーサー、ニッポンチャレンジ。当時ヨット雑誌で見たフォルムを覚えている。

 ちょうどバブルで日本企業にお金が余っていて、グループCだ、ルマン24時間だ、と日本の自動車メーカーか言い出した頃と同じ頃の話だと思う。お金を掛けた割には全然敵わなかったところも似ているかも(^_^;

 この写真の奥はハーバーになっている。「本当の勝ち組はあっちだな(^_^;」などと冗談を言っていた。

Dsc_3711 一般駐車場、、、じゃなくて駐輪場か。目を引いたのはスズキ500Γ、しかもウォルターウルフカラー。

 現行時期以来取得が困難な時期が長く続いた大型二輪免許を必要としたこと、2ストロークで寿命が短いこと、パーツは早期に払底したことなどから、これは多分今時ポルシェカレラGTより珍しいはず。

Dsc_3713 その500Γもこれには敵わない。AJS。

 後でオーナーらしき人を見かけたけど、バイクに見合う年式の方でした\(^_^;0101

 昼食は「12時からだと混むなぁ」との見込みで11時からmichiさんと2人で食べた。発展がない(^_^;

Dsc_3718  13時から本部テント前で抽選会。

 あれだけ当たりくじがあったのに、一堂零さんと並んで最後まで呼ばれなかった(^_^;

 一番暑い時間帯、屋根のない場所で長い間立っていたので暑い(T_T)4949

Dsc_3719 ニッポンチャレンジのクルーザーの方が機走で出たと思ったらメインセールを挙げて戻り、この後は遊覧に使われていた。

 ¥2kで乗せてもらえるそうだ。ちょっと高いとは思うけど、乗り物の価格を考えたらそんなものかも知れない。乗りたかったけど、やめておいた。

Dsc_3720  暑いので、帰りに備えて皆リアハッチを挙げている。

 右からmichiさんのポルシェ924S、Yoppyさんのポルシェ944Sクラブスポーツ、maritime944さんのポルシェ944かな。Yoppyさんのリアウイングの文字はカッティングシートでなく塗装なので高級感がある。

Dsc_3725  モデルさんはずっと日なたで撮影続き、色が朝と違っている。大変やろうなぁ、、、と言いつつ△11もお願いして写真を撮らせてもらった。

 「12台」は会場の中でも一番少ない限定車かも。

 終わってから閉場間際まで924系の皆と喫茶店に入りしゃべった。また来週会うんだろうけど(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月18日 (金)

2011年02/13、名古屋メルぽっぽクラブ定例運転会参加

 また2010年04/04、名古屋メルぽっぽクラブ定例運転会参加からほぼ1年経過してしまった。

Dsc_3501_3  前3列が△11個人持ち。

 機関車と貨物車は持ち込むブツを決めるのに困るくらい揃って来た。ただなぜかまだ欲しいものがいくつかある。それと比較すると旅客車は少なめで、今後の課題である。

 ラインゴルト客車編成の照明電源シューの取り付けが間違っていてショートを起こしていたのを今回会長に発見して頂いた。感謝。瞬間的にしかショートしないので時々遅くなったりするだけで何とか運転できてしまっており、これまで気がつかなかったのである。

 折角持ち込んだメルクリン ドイツ連邦鉄道120機関車♯37538(△11の鉄道省)の撮影を忘れてしまった。

Dsc_3525  再び持ち込んだメルクリン ドイツ国鉄BR212機関車♯33723(△11の鉄道省)がまた動作せず焦ったがステーションのアドレスを修正したら動作した。
 低速設定をすると止まってしまうが、デルタなので仕方がないということのようだ。デジタル、特にmfxデコーダーだと接触さえちゃんとしていればとてつもない低速でも設定通り動いてそれが当然だと思っていたのでちょっとした驚きであった。

Dsc_3526 会場に掛かっていた看板。欲しい\(^_^;0101

参考外部リンク:当該日の名古屋メルぽっぽクラブ運転日誌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 2日 (日)

2010年05/02、しらびそ峠

10時に出発、¥200と¥100を払ってグリーンロードを走行。料金所横の駐車場にはMVアグスタ750Sカウル付き、ビモータDB1SR、ドゥカティ750Sと超プレミアム集団が、、、

 国道153号に入ると渋滞が始まった。すり抜け。本線が流れ始めたのは平谷辺りだったか。

 飯田。中華料理屋でランチを食べた。どうも以前からアップルロードだの三遠南信自動車道だのの工事が続いているせいで市内の地理がよく分からない。それでも後で追ってみるとまぁまぁ遠回りをせずに移動していた。建設中の三遠南信自動車道一部である矢筈トンネルを抜け、しばらくワインディングを走ると現地。

20100501blog

 標高が高い山はまだ雪を冠っている。

 折角マニュアル露出で撮影したのに、後で「失敗したな」と思ったのは、ホワイトバランスがオートになっていたこと。少し色が食い違ってしまった。

 同じ道 を帰るのはもったいないので、昔仕事をしたことがある天龍村平岡に寄るため、南に林道を走ることにした。

Dsc_3345_21  左は国道152号に入って南信濃にあった道の駅遠山郷付近での写真。なぜか鯉のぼりが川の上に掛かっている。

Dsc_3344_2  右は撮影のため駐輪した場所。遠山川は暴れ川だったそうで、道端に水神様が祀ってある。水神様も撮影したハズだが、、、

Dsc_3349  左の写真撮影時ニコンD1(△11のカメラバッグ)にトラブルが起きた。撮影した直後見ようと思ったら「画像がありません」と表示されたのだ。もう一度撮影してみたらそれは正常に表示されたが、、、まさかしらびそ峠での写真はパ〜か。帰ってから見てみたら新しいフォルダが出来ていた。一部の写真は消えていたようで、撮影したハズの何枚かが見つからない。理由はよく分からない。 

 国道418号で平岡。仕事をした学校を久しぶりに見た。変わったような変わっていないような、、、要するにこちらの記憶が怪しいので変わったかどうかが分からないのだ。

 再度国道418号に戻って、、、とまたトラブル。ガソリンがない。リザーブに入れたが、GSは一体どこにどのくらい走ればあるのだ?
 無論県道1号で飯田に戻ればあるが、60kmくらいは走れるはずだし、国道153号にはあるだろうから、強硬突破。

 売木のJOMOが18:15に飛び込んで給油してもらった。営業は18:00までだったらしい。これで家に帰れる。

 さらに国道418号で上矢作、国道257号で岩村、国道363号で瀬戸。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月23日 (水)

カンパニョーロ ホイールクイックリリース

Dsc_3228_2  ヘッドパーツ、シートピラーにカンパニョーロを採用して1991年頃に組んだプジョー レーサー用に欲しかったカンパニョーロのクイックリリース。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 5日 (火)

カンパニョーロ デルタブレーキ

 カンパニョーロのデルタブレーキキャリパーはその現役時代から欲しかったパーツだ。

 ロードレーサーに乗り始めて驚いたのは、装備するシマノのブレーキの恐ろしさであった。
 原付を除けば△11の購入した最初のバイクはドゥカティ 400F3で、ブレーキはブレンボだった。最初は何とも思わなかったのだが、後に友人が貸してくれる各種国産バイクに乗ってみてその装備するニッシンだのトキコだのと比較してブレンボの素晴らしさを実感していった。それがシマノのブレーキの恐ろしさと言ったらバイク用ブレーキの比ではない。それでイタリア製の自転車用ブレーキに興味を持ったのだ。
 国産ブレーキが効かないわけではない。逆であり、凄まじい制動力がある。軽く握るとガツンと効き、簡単にロックする。知らない人には「よく効くブレーキ」と感心されるかも知れないが、しかしライダーの意図より強く効くブレーキは転倒に直結するわけで、乗っている人間にとって決して感心されることではない。
 優秀なブレーキと呼ばれるためには制動力だけではダメで、「軽く握ったら軽く効く」「強く握ったら強く効く」というコントロール性が求められる。タイヤロックするのは思い切り握った時だけで良いのだ。

 当時イタリア製の自転車ブレーキと言えばまず思い当たるのはカンパニョーロであり、その最高級グレードであるCレコードのブレーキキャリパーはその形状から「デルタブレーキ」と呼ばれていた。
 デルタブレーキキャリパーは今でこそその美しさからヴィンテージパーツの花形的存在であるが現役時代は「効かない」と言われて散々な扱いだった。△11が当時自転車屋で「あれが安価に欲しいんで中古はないですか」と言ったら思いっきり不審そうに「あんなもの買ってどうすんの」という趣旨のことを言われたことを記憶している。しかし△11はまさにその「効かない」と言われている点に期待していたのだ。

 その後店頭でコルサレコードのデルタブレーキを触らせてもらったところ、実はあまり感心しなかった。レバーが重く、それも摩擦で重い感じだったの だ。
 自転車用イタリア製高級ブレーキというと他にモドロがあったがこれはもっと酷いという話だったし、そもそもそんなひねくれたものは静岡の自転車屋の店頭には置いてなかった。

 調整も面倒だ。ブレーキワイヤーは中心でロックされるため、予備ワイヤーを長く取るとタイヤに干渉する。ロック工具は3.5mmヘキサゴンという特殊なものだ。
 無論価格だけは三人前以上であった。

 でも「いつかあの美しいブレーキをプジョー レーサー(△11の乗り物)に装着したい」という気持ちは残った。キャリパーだけならシフトのインデックスチェンジ機構もそのまま使えるし、引きの重さも緩和されるかも知れない。装着したいのはリアだけなので最終的には効きが悪くても問題なさそうだ、、、しかしそんな下らないことに投入できる程資金に余裕がなかった。

Dsc_2908 傷だらけで良いし、リアだけで出ていれば安価に買えるだろうから理想的、という条件で探したのだが、オークションでの主流はかなり高価に値札がつけられた美品で、思っていたより大変だった。やっと買えた個体が左写真。写したのはリアのみだがフロントとのセットだった。

 本体のカンパニョーロのロゴは風雨によって消えてしまい、代わりにアルミニウムに特有の点食が一面に出ている。だがそれで良いのだ。

編集

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年7月 1日 (火)

メルクリン、鉄道省の設備増強中

 最近メルクリンを買いまくっている。

Dsc_2793 当初蒸気機関車2、電気機関車2、客車3、貨物車9、スターターセット付属の基本トラックによるレイアウト190×90cm程度だったが、その後電気機関車1、貨物車4を追加しレイアウト280cm×90cm程度になっている。待避線と引込線も出来た。

 写真左からメルクリン スイス国鉄Ce6/8III「クロコディル」(△11の鉄道省)メルクリン ドイツ連邦鉄道85(△11の鉄道省)メルクリン ドイツ鉄道公社E91.9(△11の鉄道省)、左奥引込線に小さくメルクリン ドイツ連邦鉄道E69(△11の鉄道省)の前照灯が写っている。

 これから複線化、リバース線設置、蒸気機関車に発煙機構装備を行う予定。さらにディーゼル機関車1、室内照明装置つき客車編成1を追加したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月19日 (金)

秋草

 昼食を食べに出かけたら雨が降っていた。傘をさして歩いて行くと道端に色々な野草が生えている。帰りに何本か切って持って帰って来た。

 最初は猫に見せて遊んでもらおうかと思っていたのだが思い立って昔作った竹筒の花瓶を引っ張り出し、生け花みたいにして玄関に飾ってみた。
Dsc_2414  ウチの玄関はエレベーターから見ると死角になり、ウチは角部屋なのですなわちウチに来る人間しか見えない。
 折角だからニコン D1(△11のカメラバッグ)ニコン Aiニッコール35/1.4S(△11のカメラバッグ)を持ち出し撮影。
 ピントがあまりに薄いとピンぼけの危険性が高くなるのでF2にて絞り優先オート。暗いのでシャッタースピードが1/8とかになってしまいISOをデフォルトの200から800に上げた。それでも1/30、手ぶればかり気にしていたらピントが少し後ピンになって折角の草が前ボケである(T_T)4949
 暇を見てまた撮り直したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月17日 (水)

月齢6

Dsc_2409 夕食を食べ終わって外に出るとまだ細い月が西の低い空に出ていた。

 撮影したのを液晶画面で確認していて、西に傾いている割には意外に太くてびっくり。「フレアーで太くなっているにしても、実際にも三日月よりは太いかな?」と思いつつ星座早見で調べたら月齢6だそうでまたびっくりである。
 天気が悪い、までは行かないが雲のある日が多く見る機会がなかったのでいつのまにか太ったようだ。

 使用機材はニコン D1(△11のカメラバッグ)ニコン AiAFEDズームニッコール80〜200/2.8D(△11のカメラバッグ)にて80ミリ域。露出はマルチパターン測光によるオート。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月26日 (水)

猫4コマ写真「伸び」

Dsc_2354 お気に入りのコールマン スリーピングバッグ(△11のバックパック)の上にてのんべんだらりとおくつろぎになっておられます。

 なぜかカメラ目線です。

Dsc_2355_2  伸びました。

 上半身が寝袋からはみ出し、右手の爪が絨毯に食い込んでいる辺りかなり気合いが入っているのが分かります。尻尾の先まで伸び切ってます。

Dsc_2356  あ〜あぁ伸びた伸びた。

 って上半身の寝袋からのはみ出しがだんだん大きくなってるけど大丈夫か、、、

Dsc_2357  と思っていたら案の定転がり落ちちゃいました(^_^;


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月25日 (火)

中秋の名月

 満月は2日後だけど、今晩は中秋の名月。

 本当に久しぶりに天文写真を撮影。どのくらい久しぶりかと言うと、、、天文の趣味の再開以降では初めてなので、前回の撮影から最低20年は経過している(゚〇゚;アッチョンブリケ

Dsc_2360 撮影機材は高橋製作所 MT−160鏡筒(△11の天文台)ニコン D1(△11のカメラバッグ)の直焦点。すなわちF6.25、焦点距離1000ミリ。シャッタースピードはスポット測光&絞り優先オートによる約1/1000秒。
 直焦点アダプターなので光路長の消費は短いと思うのだがラックピニオン内側一杯。結構シャープには見えるものの本当にピントが出ているかどうかは分からない。

 太陽や月は対物焦点距離の1/100の直径で写る、というのが目安なので、2000ミリでちょうどライカ判の画面いっぱいになる(2000ミリ/100=直径20ミリ)が、DXフォーマットのこのカメラだと1000ミリくらいがちょうど良い(1000ミリ/100=直径10ミリ)。
 実は最初その辺に思い至らず、計算もしないでニコン テレコンバーターTCー16AS(△11のカメラバッグ)を噛ましたら、画面からはみ出してしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

△11のオーディオルーム | △11のカメラバッグ | △11のスキーケース | △11のバックパック | △11の乗り物 | △11の介護福祉 | △11の天文台 | △11の工具箱 | △11の教育 | △11の時計 | △11の鉄道省 | △11の電算室 | △11の音楽スタヂオ | アウトドア | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | オーディオ | ギャンブル | グルメ・クッキング | ゲーム | コダクローム200 | シグマ21〜35/3.5〜4.2 | スキー | スポーツ | ニコンクールピクスL23 | ニコンD1 | ニュース | バイク | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | ベルビア | ペット | ミニカー | 万博 | 介護・福祉 | 住まい・インテリア | 写真とカメラ | 写真の作例 | 双眼鏡 | 天文 | 学問・資格 | 工具 | 心と体 | 恋愛 | 携帯・デジカメ | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 時計 | 書籍・雑誌 | 楽器 | 海と船 | 災害 | 登山 | 経済・政治・国際 | 自動車 | 自転車 | 航空機 | 芸能・アイドル | 趣味 | 鉄道模型 | 音楽 | 1980年代 | Aiマイクロ55/2.8S | Ai20/3.5S | Ai24/2.8S | Ai28/2.8S | Ai35〜105/3.5〜4.5S | Ai35/1.4S | Ai35/2S | Ai50/1.4S | Ai80〜200/4.5 | AiAFED80〜200/2.8D | Cxゾナー50/1.5オプトンT | Cxビオゴン35/2.8カール | E75〜150/3.5 | P105/4 | REXディスタゴン35/4