2009年9月11日 (金)

趣味人生の手じまいに向けて

 最近いくつかの事柄から、趣味人生の手じまいについて考えさせられている。

 利用者様の家に行った時のことだ。そのお宅はかなり裕福で、普通に暮らして行く分には大きい問題はない。「あなたの仕事には関係ないだろうけど」という枕詞付きで話してくれたこの家の問題は、趣味の設備や物品の維持・管理であった。例えば、趣味用の別棟が土台から腐っていて改修となると相当な費用と手間が掛かりそうなのである。ご主人は趣味をする時間はあるが脳梗塞が頻発するようになり体力面でも気力面でも無理が利かなくなって、先日も庭の水まきをしていて調子を崩ししばらく入院するハメに陥ったという。「若い頃はあまり先のことを考えないで趣味を拡張して来たけれど、今になると負担になるばかりやねぇ」と仰る。

 これを聞いていて連想したのは、いくつかの私設天文台の辿ったであろう行く末だった。1980年代後半にはハレー彗星に伴う天文ブームで、私設天文台が皆の憧れだったから、別荘を兼ねて建設したという記事が雑誌面を賑わしていた。しかし建てた人が年を取ると、使う人も修理する人もいないから荒れるばかりだったろう。売ろうにも若い人の間では趣味をやっている人は少ないし、やっていても欲しがる機材のトレンドが違う。人生の資産の大きな部分を投入して建設したのであろうが、後は処分費用がかかるばかりである。これはヨットや別荘の趣味でも全く同じことが言える。
 カメラやコンピューターなど前述の趣味と比較すれば設備が小さく済む趣味と言えども事情は同じであり、使いもしない機材が邪魔になる時期は来る。

 無論まだ具体的に手じまいを始める時期ではないと思う。しかしいつ手じまいをどのように始めて進行させて行くか、少なくとも今後大きく拡張する際には慎重にということは考え始める必要があるだろう、とは思う。

編集

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 9日 (水)

IHクッキングヒーターの問題点

 01/09にとあることからある人に「IHクッキングヒーターはどうですか?」と聞かれた。その時に答えたことをまとめておく。

 △11はグループホームでIHヒーターを使っていた。だから「電気コンロは火力がない」といった種類の偏見はない。その火力はガスコンロでは体験できない種類のもので、だから不用意にフルパワーを掛けると予想もしなかった焦げ方をする。まぁこれは欠点というよりも慣れるべき種類の話である。
 また以前「消す」動作が不要なのでガスコンロに戻った時に消し忘れする、ということは消える「炎への恐怖」で書いた。

 「天板が真っ平らなので掃除が楽」「持ち上げると火力が掛からない」「火力が感覚的に分からない」といったような通り一遍の感想も持ったのだが、それより△11が印象深かったのはその操作方法である。
 現在のIHヒーターの火力調整は「←」「→」のプッシュボタンで行い、それに伴って火力インジケーターが動く、というのが主流である。ダイヤル式のはないのか、と聞いたら「あるにはあるが非常にマイナーな存在である」という趣旨の回答であった。
 ここで想起されたのはペンタックス ME F/MEスーパーカタログにも書いた、シャッタースピードを「←」「→」のプッシュボタンで行った初期電子カメラの操作系の問題であった。当時はカメラに電子機器が入り始めた黎明期で多分真新しさから取り入れられたのだと思うのだが、実際に使うことを想定すればまどろっこしいのではないかと思ったし、オーナーからもそういう話は聞いた。シャッタースピードを大幅に変更したい際に従来のダイヤル式だと速く回せば速く切り替わるが、プッシュボタン式ではそういう場合にも1つ1つしか変更されないのである。「押しっぱなしで早送り」という機能もあるがこれは行き過ぎた時には改めて反対行きのボタンを探さなければならず面倒だ。しかもこの間、人間の一番重要な感覚器官である目を占有してしまっている。
 非常に大まかに言ってしまえば、、、プッシュボタン式はミノルタαにも踏襲された。しかしキヤノンはキヤノンT90に始まるコマンドダイヤル式を採用した。ニコンはニコンF4に代表されるようにわざわざ機械式だった頃の操作系を踏襲し、後に普及機からコマンドダイヤル式に移行した。無論他にも要因はあったと思うのだが、結果ミノルタはオートフォーカス黎明期の優位を保てず今ではキヤノンとニコンの天下である。

 IHクッキングヒーターを開発している人、購入を検討している人に是非申し上げたいのだが、火力調整はコマンドダイヤル式にすべきだ。鍋が吹きこぼれた時に「←」ボタンを目で探して早押し、あまりに火力を下げ過ぎて温度が下がってしまいまた「→」を早押し、というのはよく見られる光景だがカメラ業界が30年前に経験し修正して来た道である。ダイヤルなら鍋の状況を見ながら手探りで探し出して迅速に調整できる。

編集

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月20日 (火)

エンソニック KT76カタログ

0222 最初にシンセサイザーを購入する時、△11はバタ臭いのが好みなので、イーミューのプロテウスMPS+、エンソニックのSQシリーズ、そしてカーツウェルのK−2000は興味を持った。

 というのは正確に言うと間違いで、エンソニックについての情報なんかなくてどのシリーズがどういう機能なのかよく分からなかった。まぁ、それを言ったら楽器を弾いたことがない状態で選んでいるわけだから、情報があろうがなかろうがその情報で判断する能力はなかったかも知れない。

 まぁ、趣味なのだからいい加減にやるのが楽しい。それで良いとも思う。

 これは当時貰って来たKT76のカタログ。ウェイテッドアクションとあるが、要するにピアノみたく鍵盤が重いということ。パイプオルガンの鍵盤は重いのかそうでないのか知らなかったけれど、取り敢えず軽い方が楽だとか考えたのだろうか、ウェイテッドアクションのキーボードは外して考えていた記憶がある。と言うか、金額的に考慮に入って来る日本製のキーボードではウェイテッドアクションの製品は例外なく88鍵でデカくて邪魔、というのもあったのだが、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月15日 (木)

リトライト カタログ

0221 三洋電機貿易のカタログで、アンプのブライストン、スピーカーのM&Kも掲載されているが、△11としてはグースネックライトの代名詞、リトライトを見たくて貰って来た。

 L3ー*Aシリーズはベース固定でディマー付き、L4ー*AシリーズはBNCコネクターによる着脱式でディマー付き。
 *G−HiシリーズはBNCコネクターに取り付けるタイプ(つまりL4ー*Aシリーズのウワモノ?)。マウントプレートMPに取り付けても良いが、実際にはミキサー等にある「リトライト・グースネックランプ用コネクター」に取り付けられている場合が多いと思うし、△11の家でもマッキー ミキサーCR−1604(△11の音楽スタヂオ)に装着している。
 *P−HiシリーズはマウントプレートMPに固定する。

 長さは6in、12in、18inとあり、その数字を上の*に入れると具体的な型番となる。例えば12inのG−Hiシリーズの具体的型番は「12G−Hi」。

 今はLEDのタイプも出ているようだがこの頃は5Wのハロゲンのみであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月11日 (日)

コルグ D16紙物セット

 世間で「一般人が使えるようになった最初のマルチトラックハードディスクレコーダーの完成品」とされているのはローランドのVS−880であると思う。

0213_2  同クラスに当たるコルグのD8はどうも評判が悪く、D16がコルグでは「一般人が使えるようになった最初のマルチトラックハードディスクレコーダーの完成品」とされているようだ。

 この機種も随分欲しかった。コンパクトな中にぎゅっと凝縮されたような感じが良かった。まぁ熱の問題とか実際には色々あるのかも知れないが、、、

0214  右はVer2.0版。

 内容がほぼ「Ver2.0になってどうなったか」に絞られており1ペラである。

0215_2
 D16のパーフェクトガイド。サウンド&レコーディングマガジンの付録である。

 上2冊のカタログと同じ大きさにしてしまったが、実際には少し小さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月10日 (土)

カーツウェル K−2000カタログ

 最初にシンセサイザーを購入する時、△11はバタ臭いのが好みなので、イーミューのプロテウスMPS+、エンソニックのSQシリーズ、そしてカーツウェルのK−2000は興味を持った。

Scan0212 そういうわけでカタログを貰って来たが、、、しかし実際に購入を検討するとなると61鍵で¥480kは高過ぎた。コルグ 01/Wpro(△11の音楽スタヂオ)なら76鍵で¥320kなのである。

 後で聞いた話だが、カーツウェルの製品はパイプオルガンの、単体の音色を重ねて複雑な音色を作るという手法を参考にしているという。
 そしてコルグの大ヒット作M1はカーツウェルの製品を参考にしているという。01/WシリーズはM1の後継機種であるから当然基本的な考え方は同じ。
 ちなみに単体の音色をコルグでは「プログラム」、複雑な音色を「コンビネーション」と呼んでいる。カーツウェルではそれぞれ「プログラム」、「セットアップ」である。

 代理店は鈴木楽器製作所。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 8日 (木)

コルグ 03R/Wカタログ

0207 △11も所有しているコルグ シンセサイザー03R/W(△11の音楽スタジオ)の単体カタログ。最近入手した。1枚ペラである。

 01Wシリーズ自体はGMに対応せず、擬似的に音色を似た配列にするソフトでお茶を濁した。コルグ シンセサイザー01/Wpro(△11の音楽スタヂオ)を持っていたのでGMに対応させるべくこのソフトも買って来たが、、、プリセットが100までしかないのだから、そのまま127音色を揃えるGMに対応するのは無理というものである(T_T)4949
 そういうわけで01/WクラスのGM音源はこれが初めてである。現役当時から欲しかったが、¥124kはなかなか買えなかった。

 後に05R/Wが出たがハーフラックで安っぽく、音以前に物欲を刺激しなかった。実際巷ではその後に出たX5DR等と同じ扱いを受けているようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 1日 (木)

コルグ ウェーブステーションテクニカルリファレンス

Scan0203 これはコルグ 01/W紙物セットの中にも入っているリットーミュージックのテクニカルリファレンスのシリーズである。

当時のフラッグシップはaiシンセシスの01Wだったが、avシンセシスのウェーブステーションはその下位に存在するのではなく特異な存在だった。
 ソフトシンセ化されレガシーコレクションにも入っているようだ。

 拡張されたウェーブステーションEX、ウェーブステーションEXを2Uラック化し外部入力端子を備えてヴォコーダー機能を載せたウェーブステーションA/D、機能縮小板で1UラックのウェーブステーションSRがある。この中でも当時はウェーブステーションA/Dが欲しかった。ま、一言「トキオ」と言ってみたかっただけのことではあるのだが\(^_^;0101

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月15日 (火)

クラウン D45音出し

 さてクラウン D45購入に書いたように取り敢えずマランツ CD67mkII(△11のオーディオルーム)直結、NHT スーパーゼロ(△11のオーディオ)にて音出しをする。 スピーカーコードは一緒に送ってもらったベルデン。

Dsc_1839  第一印象は「硬質」「乾燥」。
 物理的な物質、、、音ではなく、、、が耳にゴリゴリ入って来るような違和感がある。プロケーブルさんが重要と位置づけるスピーカーコードの長さ調整をしていないし、この違和感についてまだ良い悪いまで判断はつかない。
 どなたか「ホログラム」と書いていたように思うが、このことだろうか、どこに何があって鳴っている、という感じがある。この高分解能が硬質な印象を与えているかも知れない。プロケーブルさんの主張通り短くすることによって柔らかくなるとすれば「焦点合わせ」が必要なのかも知れないし、少しずつ馴染みつつあるので、(耳の)エージングが必要ということかも知れない(^_^;

 パワー不足は全く感じない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クラウン D45開封

 さて、クラウンD45購入後の開封である。

 段ボールを開けると取扱説明書と性能保証書が出て来る。
Scan0190  取扱説明書はD75Aと共通。英語で書かれている。他の言語のバージョンが欲しかったらその地域のクラウンの代理店に問い合わせてね、とあるので日本代理店であるヒビノに問い合わせれば日本語版も入手できるかも知れない。
 出力は8Ω時25Wに過ぎない。D75Aでも40W。普通のオーディオマニアだと「おぃおぃ」と言いそうな「小出力」である。
 セットアップは通常の19inラックマウント、楽器畑の人にはお馴染みの仕様である。
 裏のインプットはこれも楽器畑の人には見慣れたノイトリックのバランス/アンバランス、フォーン/DINの全て兼用の入力ジャック。スピーカー端子はオーディオ用のような手で留められるノブは装着されず+/−兼用ネジ止め。
 表はヘッドフォン端子、1チャンネル2チャンネルのアッテネーターノブ(平たくいえばボリューム)、電源ランプとスイッチノブのみのシンプルな顔である。

Scan0189 特筆すべきと思うのは性能保証書の方で、個々の製品に実測データが手書きでつく。まぁチェックだけの項目も多く、実測値が数字で書かれるのは「Intermodulation Distortion」の「Full Power」と「Low Power」そして「Signal to Noise Ratio」の3項目、Channel1とChannel2で合計6箇所のみであるが、個別の実測データがつくのは凄いことではあるまいか。

 本体は厚手のビニールに包まれて段ボール2枚にサンドイッチされて外箱に入っている。

 橙色の小袋にラックマウント用の黒い小ネジとプラワッシャが4つずつ入っている。

 電源コードは妙な、かつ馬鹿でかいプラグである。これがプロケーブルさん推奨のマリンコプラグであろう。

 購入金額は以下の通り。
クラウンD45、¥66.8k
マリンコプラグに電源プラグを交換改造、¥2.9k
ベルデンRCA←→バランス変換ケーブル8412、1m×2、¥3.9k
ベルデンスピーカーケーブル8470、4m×2、¥4.8k
ステレオミニ←→RCA変換コード、¥4.3k
佐川急便元払送料、¥0.4k
合計¥83.1k

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

△11のオーディオルーム △11のカメラバッグ △11のスキーケース △11のバックパック △11の乗り物 △11の介護福祉 △11の天文台 △11の工具箱 △11の教育 △11の時計 △11の鉄道省 △11の電算室 △11の音楽スタヂオ アウトドア アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 オーディオ ギャンブル グルメ・クッキング ゲーム コダクローム200 シグマ21〜35/3.5〜4.2 スキー スポーツ ニコンクールピクスL23 ニコンD1 ニュース バイク パソコン・インターネット ファッション・アクセサリ ベルビア ペット ミニカー 万博 介護・福祉 住まい・インテリア 写真とカメラ 写真の作例 双眼鏡 天文 学問・資格 工具 心と体 恋愛 携帯・デジカメ 文化・芸術 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 時計 書籍・雑誌 楽器 海と船 災害 登山 経済・政治・国際 自動車 自転車 航空機 芸能・アイドル 趣味 鉄道模型 音楽 1980年代 Aiマイクロ55/2.8S Ai20/3.5S Ai24/2.8S Ai28/2.8S Ai35〜105/3.5〜4.5S Ai35/1.4S Ai35/2S Ai50/1.4S Ai80〜200/4.5 AiAFED80〜200/2.8D Cxゾナー50/1.5オプトンT Cxビオゴン35/2.8カール E75〜150/3.5 P105/4 REXディスタゴン35/4